寂しい時の過ごし方は?寂しさを感じる原因や心理・男女別の対処法

一人暮らしを始めたり、失恋をしてしまったり、寂しさや孤独感を感じる瞬間は誰にでもあることですよね?今回はそんな寂しい時の対処法や心理的原因、また気分をあげる新しい趣味や、気持ちを切り替えさせてくれる名言についてまとめました。

人が寂しいと感じるのはどんな時?原因は?

Free-Photos / Pixabay

様々な場面で寂しさや孤独さは襲ってくるものです。そんな時のために場面別で原因を見つけていきましょう。

卒業式や異動・引っ越しなど親しい人が離れていく

JESHOOTS-com / Pixabay

毎年春は出会いと別れの季節。卒業や異動で一緒に過ごした人と別れなければならない時がやってきます。

今まで一緒に過ごしてきた思い出がよみがえり、楽しい思い出も嬉しい思い出も夢のように儚く思うことで寂しさは募ります。

人は誰かと繋がることで自分は1人じゃないと思うことができるので、誰かとの別れがとても寂しく感じるのです。

お金や愛に飢えている

Counselling / Pixabay

寂しいの意味を辞書では「心が満たされず、物足りない気持ち」としています。この寂しいという気持ちに対して、世間での意見を聞くためにアンケート調査を行っています。

「世の中で大事なのはお金?それとも愛?」

  • 愛 113人(30.5%)
  • お金 258(69.5%)

「お金」派が多数を占める結果となりましたが、お金だけあっても寂しいという意見もあることから、人は心も人生も充足した生活を望んでいることが分かります。

一人暮らしで家に誰も居ない

DanaTentis / Pixabay

特に一人暮らしなど物理的に1人で過ごす時間、期間が長い場合は、1人の空間にいることがとても不安で孤独と感じる人も多いようです。

また家族と過ごす時間が長く、普段から会話や談笑をしていた人ほど、1人の空間に孤独や不安を感じやすいといえます。

趣味などがなく、することがない時間が多い

StockSnap / Pixabay

人は心身ともに満たされている状態を望みます。自分が暇で周囲で何か熱中している人がいると人生がうまくいっているように感じます。

特に他人が羨ましく感じたりする時こそ、自分の物足りなさや孤独を痛感し寂しさをより一層感じさせます。

このため、熱中するものがなく、無趣味な人は寂しさを感じやすい傾向にあると言われます。

寒い時や夜など静かな雰囲気

Free-Photos / Pixabay

寒い夜や静かな時に寂しさを感じやすいのは、副交感神経と孤独感が関係しています。人間の身体は夜になると、昼間の疲れが取れるように副交感神経が働きやすくなります。

さらに夜は1人でいることが多いので、人との繋がりを感じることができないので、孤独感を感じやすくなり寂しさを生み出しています。

特に女性はホルモンバランスによって心が揺らぎやすいので、人肌が恋しくなると寂しさに繋がっていきます。

恋人や好きな人となかなか思うように会えない

dup357 / Pixabay

恋人や好きな人とコミュニケーションをとっていないと、自分だけの一方的な好意ばかりが募り置いていかれたような気分になりがちです。

頻繁に会ってコミュニケーションを取ることで安心感は芽生えるものです。だからこそ1人ではないと思えることは寂しさに負けず日々を過ごす糧になります。

最近好きな人や恋人に会えていますか?寂しいと感じているのなら連絡を取ってみたり、会う約束を入れましょう。

彼氏と別れたばかり、楽しい時間や幸せだった時間が終わった

StockSnap / Pixabay

恋人との別れや幸せな時間が終わってしまうのは、誰しも必ず経験したことがあるのではないでしょうか?

幸せを共有していた相手がいなくなったことから、心にぽっかり穴が空いてしまったような寂しさを感じてしまう人は決して少なくありません。

恋人というパートナーを失ったことからくる喪失感が寂しいと感じてしまう要因の1つにあげられます。

寂しい時はどうする?対処法まとめ

Lazare / Pixabay

寂しさを放置してしまうのはあまりよい方法とは言えません。自分なりの気分の切り替え方を知っておくことも大切です。

美味しいものを食べて幸福感を得る

keram / Pixabay

おいしいものは視覚や嗅覚、味覚に良い刺激を与え、落ち込んだ気分を高ぶらせてくれます。

またお腹いっぱい食べることで、満腹感や満足感で幸せホルモンといわれるセロトニンが分泌され幸福感を得ることができます。

料理をするのが得意だという人は少し手の込んだ料理をしてみましょう。料理をしている間は調理に集中できるので寂しさを紛らわせることもできます。

元気が出る映画やドラマを観る、漫画や小説を読む

Pexels / Pixabay

映画やドラマ、小説、漫画は現実とは全く異なる世界が広がっています。登場人物や世界観などがフィクションだと分かっていても、その世界に自然に引き込まれてしまいます。

日常では味わえないスリルやドキドキなど夢心地の気分が味わえるので、無駄なことを考えなくても良いので気持ちが楽になります。

寂しい気持ちを素直にSNSやブログに吐き出してみる

JESHOOTS-com / Pixabay

落ち込んだ時や、寂しい時は自分の気持ちを吐き出すことも大切です。

SNSやブログなど文字にすることがとてもおすすめです。自分の素直な気持ちを文字にして可視化することで心境が明確になり、自分が本当にやるべきことが見えてきます。

不安や孤独、モヤモヤすることなどを文字にすることで心のデトックス効果が期待できます。

散歩など外の空気を吸いに行く

Olga1205 / Pixabay

気持ちを切り替えるために散歩をするのも良いでしょう。

運動を意識せず景色を楽しむことができ、新しいお店や道を発見できるチャンスにもなります。

目的地を決めて歩いたり、途中で休みながらゆっくり歩いたりしてリフレッシュし気分転換しましょう。

運動や筋トレで気持ちをリフレッシュさせる

StockSnap / Pixabay

寂しい時や不安ですること全部に手が付かないという時には運動がおすすめです。体を動かすことで、身体のみならず精神的にも良い影響を与えてくれます。

筋トレをしたり、有酸素運動をすることによって、無心になり運動だけに意識が集中するのでごちゃごちゃした考え事を忘れることができます。

また体力つくりやダイエット効果もあるので寂しい時など積極的に体を動かすと良いでしょう。

普段からポジティブになれるように笑顔を心がける

ThePixelman / Pixabay

笑う習慣が少ないと、どうしても気持ちが落ち込みやすくなります。普段から笑顔を心がけてポジティブな思考に切り替えられるようにしましょう。

最初は戸惑うかもしれませんが、1日1回は笑うよう意識することが大切です。

口角をあげることによって、人間の脳は楽しい気持ちや幸せを錯覚します。お笑いや好きなバラエティを見て笑顔の習慣を身につけましょう。

趣味や楽しいことをして気持ちを紛らわす

Free-Photos / Pixabay

寂しいと感じてしまう人は、やはり考え込んでしまう時間がたくさんあるからです。自分の好きなことにとことん没頭することで寂しさを感じることが少なくなります。

1日かけて自分の趣味を堪能したまには自分を甘やかしてあげることで、気持ちを落ち着けることができます。

どうしても1日時間が取れないという人は、数時間でも良いので自分の好きなことに集中できる時間を作ってあげると良いでしょう。

時間がかかる料理・ハンドメイドをする

stevepb / Pixabay

手作りを楽しむ時間をもつと、寂しい気持ちを緩和することができます。人は何かに夢中に取り組んでいるときは寂しさを感じません。

また時間をかけて何かを作ることによって出来上がった時の達成感や満足感はひとしおでしょう。

手作りを楽しむようにすれば、簡単に終わってしまう事もありませんし、アイディア次第では自分の強みや収入に繋げることができます。

動物など癒されるものを見る、ペットと遊ぶ

TeamK / Pixabay

愛くるしい表情や仕草など、見ている人を虜にしてしまう、動物に癒してもらうのも良いでしょう。

現代人の精神疲労や睡眠不足、過労といったストレスを増幅させるのがコルチゾールという抗ストレスホルモンです。

動物と触れ合うことによって癒し効果だけでなく、このストレスホルモンを抑制するオキシトシンが分泌され心安らぐことができます。

好きなアーティストの音楽を聴く

Foundry / Pixabay

世の中にか様々な音楽があり、人によっても好きなジャンルもバラバラですが、やはり気分が沈んでいる時は自分の好きな音楽を聴くことで良い効果を得られやすくなります。

音楽にはストレスや肉体的な疲労が軽減され、気分をあげてくれたりうつ病の改善にも効果を発揮すると言われています。

また、音楽と運動を組み合わせることでで副交感神経がより活発になるので、代謝が良くなりダイエット効果も期待できます。

美容室でイメチェンしてみる

kaleido-dp / Pixabay

美容室に行って髪を切るで、自分のイメージを視覚的に変えることは、寂しい気持ちを切り替えるための有効な方法です。

自分の見た目が変わることで、今までの殻を破るきっかけになると同時に自分自身に自信が持てるよになり、気持ちも強く明るい気分になります。

もちろん、髪を切りたくない人もいると思いますが、そういった時は髪色を変えてみるのも良い方法でしょう。

思いっきり笑うか泣く

Bob_Dmyt / Pixabay

寂しい時には思いっきり笑ったり、疲れるまで泣くいてストレスを発散しましょう。何か気を紛らわせようにも、なかなか気を紛らわせる方法が見つからない人もいます。

そういった時は、感情を抑えつけずに思いきり感情を表面に出してしまいましょう。普段人目を気にしている分、感情的になることは非常に大きなストレス発散になります。

気持ちが切り替わりるまで馬鹿な事で大笑いしたり、疲れるまでとことん泣いてしまいましょう。

断捨離・掃除をする

jarmoluk / Pixabay

寂しい時には気分を一新リフレッシュするために掃除や断捨離をしましょう。

部屋の汚れは心の汚れです。一生懸命掃除をして綺麗な部屋で毎日過ごせば気分も明るく寂しい気持ちも吹き飛ばせます。

寂しさを感じた時こそ掃除や断捨離をして、自分の心も整理整頓してみてはいかがですか?

パワースポットなど自然に触れてみる

DeltaWorks / Pixabay

パワースポットとは、天、地、人が作り出すエネルギーが溢れる場所のことです。

神社や山など自然が豊かな場所もパワースポットとしては大堂ですが、意外にも人通りが多くワクワクした気分にさせてくれる表参道や銀座も隠れパワースポットとして知られています。

気分が沈んでしまった時は自然に触れたり、華やかな気分にするために大通りに出てみるのも良いでしょう。

ドライブやサイクリングで風を感じて気持ちをリフレッシュする

MabelAmber / Pixabay

風を切って速く走れるドライブやサイクリングは気分転換には最適です。

顔に冷たい風を感じて、新鮮な空気を体にたくさん取り込めば、気持ちがリフレッシュして寂しい気持ちもリセットできることでしょう。

また目的地に向かって走ったり車内で歌を歌うなど、1人だけでも充実したじかんを過ごすことができます。

温泉や岩盤浴でリフレッシュする

Santa3 / Pixabay

身体の不調は気持ちにも繋がっていることが多くあります。寂しい時、体も冷えていませんか?

自宅のお風呂も良いですが、たまには温泉など広いお風呂にゆっくり手足を伸ばして浸かってみるのも気分を晴らすには効果的です。

また岩盤浴やマッサージなどで体内から悪いものをデトックスさせ寂しい気持ちも忘れてしまいましょう。

合コンや街コンなどに参加してみる

allebonini / Pixabay

これには少し勇気が必要ですが、思い切って街コンに参加してみましょう。最近ではかなり頻繁に街コンが開催されています。

例え恋愛関係に発展しなくてもいい友人を作る機会にもなるでしょう。同性の友達を作っても良いですし、異性で親しくなれる人を見つけることもできるはずです。

誰かと仲良くなることで、その人と過ごす時間で寂しさを晴らすこともできるでしょう。

夜に寂しい時はどうしたらいい?対処法は?

rkarkowski / Pixabay

夜になるとどうしても感傷的になりやすく、落ち込みやすいですよね。そんなときのリラックス方法を紹介します。

お風呂にゆっくり浸かってリラックスする

ErikaWittlieb / Pixabay

寂しく涙が出てしまう夜もあるでしょう。そんな時は感情が高ぶっていて交感神経が優位になり興奮状態だということです。

お風呂に入ることで体を芯から温めればリラックスしている状態になり、感情の高ぶりを落ち着かせることができます。

普段シャワーだけで済ましてしまう人もできるだけ湯船につかり心身をリラックスさせるように意識しましょう。

カフェイン・お酒以外の温かい飲み物を飲む

dungthuyvunguyen / Pixabay

夜には気分を落ち着けてくれ、睡眠をより良いものにしてくれる温かい飲み物も効果的です。

覚醒作用のあるカフェインが入った飲み物や、入眠効果は得られますが眠りが浅くなってしまうアルコールは避けましょう。

穏やかに眠るため、刺激が弱い温かいココアやノンカフェインのハーブティーを飲むことをおすすめします。

NEXT 瞑想や深呼吸などをして心を落ち着かせる