ダムダム弾とは?威力はどのくらい?現在は使用禁止になっている?

ミリタリー好きな人ならダムダム弾という銃弾を聞いた事がある人も多いかと思います。今回はダムダム弾の威力、国際法で使用禁止とされた経緯などについてや、ダムダム弾の発展系とも言えるホローポイント弾についてなども含めて、詳細に解説していきます。

ダムダム弾とは?由来や威力は?現在では使用禁止に?

ミリタリーな分野に少しでも興味がある人なら「ダムダム弾」という銃弾の名前を耳にした事があるかも知れません。

威力が高く残忍なため使用が禁止された弾丸、というイメージを持たれている方も多いのでは無いかと思います。

しかしそれが一体どういった銃弾なのかについて、具体的に詳しく知っている人は少ないのでは無いでしょうか?今回はこの「ダムダム弾」について詳しく解説していきたいと思います。

ダムダム弾の意味は?どんな銃弾?

ダムダム弾とは簡単に言えば、弾頭部の一部をコーティングせずに鉛をむき出しに加工する事で、目標に命中した際に弾丸が変形し、傷口を広く複雑に破壊する事によって殺傷力を高めた弾丸です。

作られたのは19世紀頃、イギリス軍が当時植民地支配していたインドの反乱を制圧する為に考案したという説が定説となっていますが、狩猟用に考案された説など諸説あります。

ダムダム弾の由来は?

ダムダム弾(Dum-Dum Bullett)という名前はかなり変わった響きですが、これはイギリスが植民地としていたインドのカルカッタ近郊「ダムダム造兵廠」で製造されていた事が由来となっています。

後にはこの「ダムダム造兵廠」以外でも製造される様になりますが「ダムダム弾」は弾頭が変形するタイプ(エクスパンディング弾)の銃弾を示す言葉としても定着し、代名詞的名称となりました。

ダムダム弾の威力はどのくらい?傷口は?

stux / Pixabay

ダムダム弾は、発射された銃弾の持つエネルギーという観点から見た威力では通常の銃弾と変わりありません。

しかし、命中した時にコーティングのされていない先端から弾丸がひしゃげる事で、傷口が大きく複雑になり弾丸自体も体から貫通しにくくなります。その為エネルギーが外に逃げず大きなダメージを与える事が出来ます。

傷口が広く複雑化する事に加えて、弾丸が体内に残る事で鉛毒(鉛の中毒)を起こして傷口が治りにくくなり、長期間苦しんだ末に死亡するという心理的な恐怖感を相手に与える効果もありました。

ダムダム弾の画像は?

上がダムダム弾の画像です。右側が元の弾丸の形状、左のひしゃげた形になっているのが命中した際の形状です。体に命中した時にこうしてひしゃげる事で弾丸が貫通しにくくなります。

NEXT ダムダム弾は現在では使用が禁じられている?