【夢占い】写真の夢の意味は?種類や状況別74パターンを解説!

夢の中で写真を撮る夢や写真を撮られる夢が印象的に感じたことはありませんか?夢占いにおける写真の意味にはどのような深層心理が隠されているのでしょうか?また、心霊写真や集合写真などの夢には何を暗示しているのかなど写真にまつわる夢をまとめてみました。

「写真」の夢にはどんな意味がある?

geralt / Pixabay

写真に関する夢は、あなたに関する深層心理や今後の兆しなどを表しています。

それは、写真に写る人やどういうシチュエーションだったかによってもさまざまな意味合いがあります。夢における写真の意味をまとめてみました。

夢占いにおける「写真」の意味とは?

congerdesign / Pixabay

夢の中で写真に関係したことが出てきたということは、あなたの過去に対する思いが現れていたり自分自身をどう感じているかの深層心理が写真として夢の中で表れていることが多いです。

あなたは冷静に自分を多角的な視点で見ることができる人間でしょう。また、写真に写っている相手や夢の中で印象的な人物は、恋愛に対する思いや人間関係を表していることもあります。

意味①過去を懐かしむ気持ち

Comfreak / Pixabay

夢占いにおいて写真とは、思い出・追憶(過去をしのぶこと)などの象徴です。したがって、あなたが過去を懐かしむ気持ちがあるときに写真の夢を見ることがあります。

過去に誰かと過ごした日々を懐かしむ気持ちや、幸せな思い出に浸り懐かしむ気持ちなどが現れ、あの時に戻りたいという気持ちが高まっている可能性を示しています。

意味②客観的な視点

写真に関する夢は、自分自身や物事を客観的に捉えているときにみる夢でもあります。自分が写真に写っているのであれば、あなた自身と向き合っている表われです。

自分のことを客観的に見ることができれば、自分の言動や行動に判断能力が備わり大人になることへの成長も暗示しています。

しかし、自分のことをまだ未熟と感じるのであれば、冷静になりなさいという夢からのメッセージでしょう。

意味③不安を暗示

SimonaR / Pixabay

写真に関する夢は、あなたが何かに対して不安を感じていることを暗示しています。写真に写っている人がもし、恋人であればあなたは恋人に対して何らかの不安を感じているのでしょう。

心の中にある不安が写真の夢として現れている可能性があるので、不安なことや心配ごとは疲れてしまう前に早めに解消するようにしましょう。

NEXT 「写真」の夢を見る心理は?