林与一の現在は?病気や死亡説は本当?男好きの噂の真相は?

林与一さんは、ドラマ「必殺仕掛人」の西村佐内役で人気になりました。自宅のリフォーム工事で、妻や子どもの健康被害が発生し、訴訟問題にまで発展しました。その関係で、林与一さんに病気説が出たり、死亡説まで浮上しました。そんな林与一さんのことをまとめてみました。

林与一は若い頃超絶モテ男だった!人気出演作は?

最近ではNHKの朝のテレビ小説「あさが来た!」のヒロイン「あさ」の祖父役でも活躍した林与一さんですが、若い頃はかなりモテていた俳優です。

そんな林与一さんのこれまでの出演作品や経歴などをまとめてみました。

林与一のプロフィール!現在の年齢は?

林与一さんは、1942年2月14日生まれの77歳、大阪府出身の俳優、元歌舞伎役者、タレントです。また、日本舞踊の「林流」の宗家でもあります。

曾祖父は歌舞伎役者初代中村鴈治郎、祖父が歌舞伎役者の二代目林又一郎、父も一時は歌舞伎役者として活動していましたが、30歳で戦死しています。

戦前、戦後を通じて希代の二代目俳優として人気だった長谷川一夫(林長次郎)は、義理の大叔父であり、一時期弟子入りしていました。

林与一の経歴は?

Comfreak / Pixabay

林与一さんは、16歳の頃に歌舞伎の初舞台を踏み、同時期に映画やテレビドラマにも出演しています。林与一さんは時代劇を中心に一躍スターの座を獲得しました。

元歌舞伎役者から俳優に

林与一さんは、1958年に大阪歌舞伎座で初舞台を踏んでいますが、歌舞伎役者としてはあまり長続きせず、その後映画やテレビを主体に、時代劇のスターとして様々な作品に出演しています。

林与一さんは、見事な殺陣と甘いマスクでヒロインを追い詰める相手役や、女心をもてあそぶ色男役まで色々な役柄を演じていました。

役者になったきっかけはお金?!

Maklay62 / Pixabay

林与一さんが役者になったきっかけは、出演料が高額だったからだといいます。当時、大学出の初任給が1万3800円だった頃、出演料が3万円だったのが林与一さんが役者になった決め手だったそうです。

NEXT 人出演作①「赤穗浪士」