織田無道の現在は?超能力セミナーに参加?末期癌?死亡説も?逮捕?

織田無道さんは、自称織田信長の子孫であり、多くのテレビ番組に出演していました。織田さんは現在妻と2人暮らしで、息子は圓光寺の住職となっています。織田無道さんは大腸癌に侵されステージⅣの末期と宣言されています。そんな織田無道さんについてまとめてみました。

織田無道の現在は?超能力セミナーに参加?末期がん?死亡説も?

超能力ブームでテレビ出演も多かった織田無道さんは、現在はステージⅣの末期がんにおかされているといいます。また超能力者の高山長房さんのセミナーにも参加しているようです。

そしてこの末期がんの告白によって、織田無道さんが既に亡くなっているのではといった噂もありますが、その真相をまとめてみました。

織田無道のプロフィール!

織田無道さんは、本名を織田礼介といい、1952年8月8日生まれの僧侶、タレントです。神奈川県厚木市出身で、自称織田信長の子孫です。

帝京大学法学部を卒業後に臨済宗建長寺派圓光寺の第49代住職になりました。一時期には「霊能者」として盛んにテレビ出演をしていました。そのことを本人は「出過ぎだった」と振り返っています。

神奈川県厚木市にある圓光禅寺は1200年の歴史をもち、1890年以降は50年以上無住だったため、織田無道さんが住職として継いでいました。

織田無道に死亡説が?本当?

織田無道さんは既に亡くなっているという噂がありますが、実際に織田無道さんが亡くなられたという情報はないようです。

その噂がなぜ起きたのかを調べてみましたが、それは織田さんが大腸がんの末期であるということから、そのような噂が立ったようです。

織田無道は現在、大腸がんに

織田無道さんは、現在大腸がんのステージⅣということで、深刻な状況にあることが分かっています。その結果胃や肺、そして直腸までがんが転移していて、医師からは末期がんの宣告を受けていました。

ステージⅣというのは、がんが隣接した臓器まで浸潤しているかまたは、遠くの臓器や組織まで転移している状態ということです。

また、手術をしても寿命が1年伸びる程度で、がんの根本治療にはならないといわれているそうです。

織田無道は超能力のセミナーに参加している?

ステージⅣの末期がんと宣告された織田無道さんは、高山長房さんの超能力セミナーに通っているそうです。

また、高山長房さんの講義に参加していた織田無道さんを、登壇させる場面もあったそうで、突然の織田無道さんに驚く参加者に、織田さんは「3つの大学病院でステージⅣの末期がんといわれている」と告白しました。

織田さんは、高山長房さんの超能力の噂を聞いて「どうしてもお話を聞きたい」とセミナーの参加を申し込んだといいます。高山氏は、がんの治療にも精通した人で、これまで多くの有名人に施術した経験があります。

末期がんにまで進行してしまい超能力に望みを託している?

織田無道さんは、2018年11月に「週刊フライデー」記者からの取材を受けた時、自身の余命が2年を切っていることを明かしています。

織田無道さんは、末期がんの宣告を受けていますが、現在は高山長房さんの超能力によって回復することに望みをかけているそうです。

ネット上では死亡説まで出ていますが、現時点では織田さんは亡くなられてはいません。また、ネット上の一部では、織田さんのこの末期がん告白も、高山長房さんのサクラではないかと見ている人達もいます。

織田無道の現在は、妻と2人で厚木に住んでいる?

FirmBee / Pixabay

織田無道さんはこれまで、様々なトラブルを起こしてきましたが離婚はしておらず、子供が独立してからは、奥さんと2人で神奈川県厚木市に住んでいるという情報があります。

織田無道は現在も僧侶?全国各地の僧侶を任されている?

織田無道さんは、現在も僧侶をしているようです。また全国各地の僧侶を任され、1000件の檀家を有しているそうです。

織田無道のSNSはある?ブログは閉鎖中?

Free-Photos / Pixabay

織田無道さんは、2014年に自身のオフィシャルブログをオープンさせていますが、一般的には公開されておらず、会員登録をしてから読むことができるようです。

また、織田無道さんのSNSですが、織田無道名義でfacebookやTwitterのアカウントを持っている方はいるようですが、本人かどうかまでは分かっていません。

織田無道の現在の画像は?

織田無道さんは、現在はメディアには出ていませんから画像もほとんどありません。しかし、織田さんが超能力者の高山長房さんの講義に参加した時の画像がありましたので紹介しました。

織田無道の現在をまとめた動画は?

織田無道さんの現在の動画を紹介しました。

破天荒なキャラで人気だった織田無道

テレビ出演が盛んだった当時の織田無道さんは、破天荒なキャラで人気でした。テレビ出演だけでなく、講演会なども行っていたそうですから、当時はかなり稼いでいたようです。

織田無道は僧侶でありながら、多くのタブーを破っていた

織田無道さんは、僧侶でありながらこれまで多くのタブーをおかしてきました。織田さんは型破りな性格であり、破天荒な性格として知られています。

それはプライベートでもその性格が現れていますが、どんなことがあったのかを見て行きます。

酒好き!小学校6年生の時にはお酒を飲んでいた

織田無道さんは酒好きで、小学校6年生の時にはお酒を覚えていたそうです。

女好きでも知られており、初体験は13歳の時

Free-Photos / Pixabay

また、織田無道さんは、女好きでも知られていて、中学1年の時に初体験を済ませているそうです。

お酒を味を覚えたのが小学校6年生の時だったり、初体験が13歳だったりというのは織田さんの生まれ育った環境にもよりますが、かなりませていたことが分かります。

車好きで、愛車にランボルギーニ等の高級車を所有

織田無道さんは、カーマニアでもあり愛車がランボルギーニ・カウンタック・ウルフに乗っていたそうです。

1990年代の超能力やオカルトブームに乗って、テレビ番組に引っ張りだこだった織田さんはかなりの収入があったのでしょう。収入はテレビ出演だけでなく、講演会なども行っていたようです。

それにしても、1台が5000万円もするランボルギーニを乗り回していたことからも、当時の織田さんの稼ぎがよかった事が伺われます。

織田無道の経歴は?生ダラで人気?逮捕も?

織田無道さんは、テレビ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」など、バラエティ番組に出演して人気になりましたが、その後逮捕されたことなど、これまでの経歴についてまとめてみました。

帝京大学を卒業後、圓光寺の第49代住職に

織田無道さんは帝京大学を卒業、圓光寺の第49代の住職となっています。圓光寺は、それまで50年以上住職のいないお寺でした。

現在、圓光寺の住職は織田無道さんの息子さんが受け継いでいます。

1990年代のオカルトブームでテレビに出て人気者に!

1990年代のオカルトブームに乗って、織田無道さんは多くのテレビ番組に出演して除霊などを行って人気になりました。

「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」に出演し活躍

織田無道さんは、テレビ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」など、バラエティ番組の心霊企画などで出演していました。

その後は、俳優やタレント業で幅広く活動

織田無道さんは、オカルトブームに乗って多くのテレビ番組に引っ張りだこでしたが、その後は映画やタレント業など幅広く活動していました。

2002年、虚偽登記で逮捕!無実を主張も有罪に!

2000年に入ると、それまでのオカルトブームが去ったこともあり、織田無道さんがテレビ出演することもほとんどなくなり、その姿を消していました。

織田無道さんは2002年に、都内の宗教法人の議事録を改ざんし、自分が代表役員になったと虚偽登記した疑いで逮捕されました。この事件には暴力団も関わっていたとの報道もあります。

織田さん側は、「見ず知らずの人間に勝手に名前を利用された」と無実を主張していましたが、裁判の結果、懲役2年6ヶ月執行猶予4年の有罪判決が降りました。

2007年に格闘技イベントを開催し関係者を騙す

織田無道さんはその後、2007年9月には、格闘技イベント「無道スピリッツ」を開催しています。しかし、当時から既に格闘技ブームは去りつつあり、お客を呼べるような有名選手を集めることはできませんでした。

その結果、観客は500人にも満たないような企画倒れとなってしまいました。当然ながら関係者へのギャラも払うことができませんでした。

さらに織田さんは、プロレスラーの渡邉さんに「スポンサー収入が2億で、チケット売上1憶2000万円を確保している」などと嘘の説明をして、騙していたことが分かりました。

2009年にはテーマパーク運営に参入するも失敗

織田無道さんは、「無道スピリッツ」が失敗に終わった後は、その活動が不明でしたが、2009年からは「ユートピア加賀の郷」の経営権利を獲得し、テーマパークの運営に参入していました。

「ユートピア加賀の郷」は、実業家の嶋中利男さんが280億円という膨大な費用で石川県加賀市に建設したテーマパークでした。当初は好調でしたが、客足は次第に遠ざかり2000年には閉鎖に追い込まれました。

2009年に織田無道さんが、事業を引き継ぎ「密教禅大本山豊星寺」に改名し復活させました。しかし、運営開始早々2009年12月に従業員への賃金未払い騒動が表面化し、2010年頃には閉鎖してしまいました。

2014年、エビの養殖にも参入

織田無道さんは、「密教禅大本山豊星寺」の閉鎖に懲りず、2014年頃にはエビの養殖事業に参入していました。そのことは、週刊誌やタブロイド紙などの取材によって判明しています

通常の車エビは15cm程度ですが、織田さんが養殖している車エビは、その3倍の45cmに育つということです。2019年5月現在、エビの養殖事業が成功したかどうかは不明です。

そんな中2018年には織田さんは大腸がんのステージⅣであることが分かっています。ですから、現在はエビの養殖事業どころではなく、自身のがん治療に専念しているのかもしれません。

織田無道の家族は?妻や子供は?

ThePixelman / Pixabay

織田無道さんはプライベートのことはあまり公開されていないようですが、結婚してこどもが2人いるようです。その辺りに関してまとめてみました。

織田無道の妻は一般女性?

Free-Photos / Pixabay

織田無道さんは、一般人と結婚していて子供もいるそうです。

織田無道には息子と娘がいた!画像はある?

ThePixelman / Pixabay

織田無道さんには、息子と娘がいますが、一般人のため画像などは公開していません。

織田無道の息子は現在、圓光寺の跡取りに?

織田無道さんの息子は現在、織田無道さんの後を継いで、神奈川県厚木市の圓光寺の住職をしているそうです。

織田無道のその他のエピソードは?織田信長の子孫?

織田無道さんは自称織田信長の子孫だそうですがそれが事実なのか、またその他のエピソードに関してまとめてみました。

NEXT 織田信長の子孫を自称?織田信成との関係は?家系図はある?