シンプルイズベストの意味は?生き方?どんなメリットがある? ライフ

シンプルイズベストの意味は?生き方?どんなメリットがある?

目次

[表示]

メンズ編①重ね着で大人コーデ

重ね着も昔から流行に囚われずに楽しまれているファッションであると言えます。

オーバーサイズのものは避けて、シルエットが活かせるようなスタイルを心がけると大人っぽく流行のスタイルとなるかもしれません。

メンズ編②モノトーンにワンポイント

モノトーンのコーディネートも非常に人気があると思います。

モノトーンで男らしさを表現しつつ、ワンポイントで少し遊び心を取り入れるとお洒落な人だという印象が強まるかもしれません。

企業から学ぶ「シンプルイズベスト」

多くの企業もシンプルイズベストを実践した商品を開発しています。それはどのような商品なのでしょうか。詳しく確認していきましょう。

アップル社はシンプルな「ミニマルデザイン」を選択した

stevepb / Pixabay

iPodやiPhoneで有名なアップル社ですが、昔のiMacはカラフルなデザインや半透明のデザインのものが主流でした。やがてミニマルデザインとして丸みを帯びたシンプルなデザインの商品が多くなりました。

このようなデザインはドイツのデザイナーのディーター・ラムスから影響されているのではないかと言われています。

現在の多くの商品も白や黒など非常にシンプルなカラーとデザインのものが多くなっています。

無印良品は「デザインしないデザイン」で個性を消費者にゆだねる

無印良品は「デザインしないデザイン」を提唱し、「ふつう」であることこそ美意識だという概念で商品を生み出しているのです。

ものが少なかった時代、人々は自分の求める機能を満たしている商品を次々に買い求め、企業は苦労せずにものを売ることが出来ました。ものが溢れ人々の生活が充足すると企業がものを売ることは難しくなり、多くの企業は商品の価格を安くする、もしくは昨日より今日、今日より明日と常に目新しく個性的な商品を投入し続けることで商品を売り続けてきました。

こうした流れの中で、無印良品は消費者に媚びない「ふつう」の商品を提供し個性を消費者にゆだねるという思想で、個性的なものに飽きた消費者の心を掴みました。「ふつう」であるということに美意識と豊かさを見出し、それを意図的にデザインする姿勢は海外でも受け入れられています。7000を超える「ふつう」の商品群の背後にある「デザインしないデザイン」の思想。本講座では、消費者に使い続けられる無印良品のデザインとデザインを軸にした経営、そして無印良品が考える未来についてお話いただきます。

(引用:academyhills)

何年も変わっていないデザインでも指示されているということは、まさにシンプルイズベストやシンプルライフそのものなのかもしれません。

「シンプルイズベスト」は正しい英語?「ザベスト」ではない?

Qiuyang / Pixabay

何度も繰り返しているシンプルイズベストですが、英語の文法的には合っているのでしょうか。なかにはシンプルイズザベストと聞いたことがある人もいるかと思います。

どちらが正しいのか、調べていきたいと思います。

英語表記は「Simple Is Best」日本語・和製英語ではない

pasja1000 / Pixabay

英語で表記すると「Simple Is Best.」となり、これは和製英語ではありません。

シンプルイズベストというフレーズは有名なものですので、和製英語なのではないかと考えていた人も少なくないかもしれません。

「シンプルイズベスト」「シンプルイズザベスト」どちらも正解

Free-Photos / Pixabay

しかし、「シンプルイズベスト」も「シンプルイズザベスト」も日本語に訳すことができますし、どちらも正解であるという意見もあります。

英語では「シンプルイズベスト」の方がよく使われる

Lazare / Pixabay

英語のネイティブスピーカーも、「シンプルイズベスト」と「シンプルイズザベスト」の間に大きなニュアンスの違いを感じることは少なく、大体同じであると言っています。

ただ、実生活でよく聞くのは「Simple Is Best.」とのことです。

違いは叙述的に使うか、名詞として捉えるか?

Fotorech / Pixabay

実は「Best」は叙述的用法(動詞のあとに置かれ、補語の役割も果たすもの)であるため、上記で説明したシンプルイズベストを正しく解釈すると「Simple Is Best.」が正しいようです。

「Best」のあとに名詞が置かれて修飾される場合には「the Best」となります。そのため「Simple Is Best.」という表記が正解です。

これがないと眠れない!ブランケット症候群とは

JityPix / Pixabay

ブランケット症候群とは別名ライナス症候群とも呼ばれ、ある特定のものに執着してしまい、そのニオイや手触りを確認することで安心感を得ようとすることです。

例えば、寝るわけでもないのに毛布やブランケットを持ち歩いたり、特定のぬいぐるみと一緒でないと眠れないということがこのブランケット症候群です。

もしも気を利かせて洗濯してしまったときなどにそのアイテムのニオイや手触りが変わるかもしれません。そして癇癪を起してしまったりと、非常に強い執着とこだわりを持っているようです。

ブランケット症候群の原因は?

Mariamichelle / Pixabay

ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)は、それがないと落ち着かない、不安になるから持つ、もしくはそういった不安心理を回避するために持つことが原因で起こります。

ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)のお子さんをお持ちの親御さんの中には家庭環境や子供の性格・発達具合などで心配される方も多いでしょう。

しかし、アメリカの心理学者の研究によるとブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)と診断されたお子さんが必ずしも発達障害であったり、家庭環境に問題があったりするわけではないとされています。むしろ、ブランケット症候群(ライナス症候群・タオルケット症候群)と診断されたお子さんほどストレス対応能力が高い傾向にあるのです。

(引用:GOD FATHER)

実はこのブランケット症候群ですが、発達障害なのではないかと言われています。しかし、必ずしも発達障害であるとは言い切れません。また、多くは中学生頃までに自らそのアイテムを手放すことになるようです。

しかし大人になってもブランケット症候群が続く場合もあり、それは男女関係ありません。そしていつまでもそのアイテムを手放さないからといって無理矢理に引き離すことは逆効果になります。

ブランケットを小さく切ってポケットに忍ばせたり、お守りのように小さな袋にいれていざという時に触ったりと、うまくブランケット症候群と付き合っていく方法を見つけると良いかもしれません。

シンプルイズベストは現代の日本には必要な考え方かもしれない

Engin_Akyurt / Pixabay

シンプルイズベストな生き方の意味とは「不要なものを削り、本当に必要なものを取捨選択すること」とわかりました。ただ、シンプルイズベストに固執してしまい我慢をしてしまうことは間違っているようです。

シンプルイズベストは自分にはできないと思った方もいるかもしれませんが、無理はせずに少しだけ身の回りの荷物や服を整理することで、良い方向へと運気が変わるかもしれません。

断捨離に関する記事はこちら

2/2