ツリーマンとは?世界でも稀な奇病?樹木に変化する病気?原因は?

世間を震撼させたツリーマンとも呼ばれる原因不明の病をご存知でしょうか?身体中にまるで樹木の様な硬いイボが発生する世界でもごく稀な病気です。その奇病を患ったアブル・バジャンダル、デデ・コサワ、サハナ・カトゥンについて解説します。

ツリーマンとは?病気が原因で手足が木のように変形した男?

semperfidelis61 / Pixabay

ツリーマン症候群(別名:樹木男症候群)とも言われるこの病は、世界でもごく数例しか存在していない遺伝性の皮膚疾患の事を指します。現在まで、その病気を発症した者の中で完治に至った人物は報告されていません。

ツリーマンは、樹皮のようなイボができた男性のこと?

RegalShave / Pixabay

ツリーマン(症候群)とは、樹木の皮の様な発育性のあるイボが手や脚などほぼ全身に渡って次々と発生する原因不明の奇病を発症した人の通称です。また現在、発症に性別は関係無いとされています。

ツリーマンの画像は?

こちら上記の画像がツリーマンと呼ばれている方の手に発生したイボです。まるで樹木のようなイボが広範囲に渡って手から生えています。そして残念な事にこのイボはどんどん発育してしまうのです。

ツリーマン症候群が原因?正式名称は疣贅状表皮発育異常症

qimono / Pixabay

この奇病の正式名称は「疣贅状表皮発育異常症(ゆうぜいじょうひょうひはついくいじょうしょう)」といいます。手や足等が木の皮状のイボで覆われた姿が樹木の様に見える為、ツリーマン症候群とも言われています。

ツリーマン症候群は難病?世界でも数例しかない?

Myriams-Fotos / Pixabay

このツリーマン症候群は世界的にも非常に珍しい遺伝性の皮膚疾患として知られています。この病気は一度発症してしまうと有効な薬は無く、どれだけ手を尽くしても完治は難しいのが現状のようです。

この病気を罹患した者は現在のところ、世界で4人と報告されています。いくら外科的処置を施されても繰り返し、樹木の様なイボが発生してしまう症状に患者のみならず医師達も困惑しているそうです。

NEXT まともな生活は無理?手足が使えず、仕事もできない状態に