朝オナニーする人は多い?理由は?メリット・デメリットもまとめ! 恋愛・心理

朝オナニーする人は多い?理由は?メリット・デメリットもまとめ!

朝一にオナニーする、通称朝オナニー。朝オナニーには多くのメリットが存在しますが、一方でデメリットも存在します。また、朝オナニーは男性だけでなく女性も日課としている人が少なからず存在するようです。今回は朝オナニーのメリットやその理由などについてご紹介します。

朝オナニーする人は多い?

Free-Photos / Pixabay

オナニーというと夜にひっそりと、というイメージが強いと思います。しかし、意外にも朝オナニーする人は多いとのこと。ここでは朝オナニーの実態についてご紹介したいと思います。

朝オナニーしている人は多い?朝勃ちする男性だけじゃなく女性も?

Claudio_Scott / Pixabay

やはり夜にオナニーする人が多数を占めていますが、意外にも朝オナニーする人が多い様子。朝勃ちするからという理由があるのかもしれませんが、朝一すっきりとして1日を迎えることができるのかもしれません。

また、オナニーと言えば男性がするというイメージもあるかもしれませんが、女性も結構オナニーをしているようです。

朝AVサイトにアクセスする人はそこそこ多い?

AVの視聴時間帯を調査した結果、最も多いのは夜8時~午前0時ですが、午前4時~午前7時にもやや大きなピークがあることが分かりました。

この結果からも、朝オナニーをしている人たちが少なからずいることが分かりますね。

朝オナニーをする理由は?メリット・デメリットは何?

danymena88 / Pixabay

朝オナニーをするのは実際心身にとってどうなのでしょうか?実は朝オナニーにはメリット・デメリット共に存在します。ここでは朝オナニーをする理由やメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

朝オナニーの効果①:リラックスできる

freephotocc / Pixabay

オナニーで気持ちよくなると、ドーパミンが放出されストレスを軽減することができます。結果、リラックス効果を期待することができます。

そのため、例えば朝会社に行くことがストレスとなっているような人は朝オナニーをすることで気持ちを軽くすることができると言えます。

朝オナニーの効果②:目覚めに良い

obpia30 / Pixabay

オナニーには眠気を吹き飛ばす効果もあります。そのため、朝起きるのが苦手な人は朝オナニーをすることによりすっきり目覚めることができるようになるかもしれません。

いつもより少し早く起きて一発オナニー、それですっきり目を覚まして活動できるようになれれば素晴らしいですね。

朝オナニーの効果③:朝型人間になれる

Engin_Akyurt / Pixabay

朝オナニーをする!という目的をもって生活することができるようになるため、朝型人間になれる可能性があります。顔を洗う、歯を磨くなどの行動よりも楽しい行為の方が起きがいがあるというものです。

また、朝オナニーをすることで体温が上がり、新陳代謝が活発になります。そのため、朝起きるのが今までよりもつらくなくなるかもしれません。

朝オナニーの効果④:一日幸せに過ごせる、幸福感が得られる

TheVirtualDenise / Pixabay

前述のとおり、オナニーによる恍惚感はドーパミンを放出します。それにより、朝幸福感を得られるというメリットがあります。

どうしても朝起きて会社に行くというのは辛いもの。大変な仕事を抱えている時であればなおさらです。そんなときは朝オナニーで気持ちをリセットするのがよいでしょう。

朝オナニーの効果⑤:エクササイズになる

waldryano / Pixabay

オナニーを1回すると200m走るのと同じだけのカロリーを消費するという説もあります。何となくしているオナニーですが、実は意外とハードな運動なのです。

普段社会人はどうしても運動不足になりがちです。そんなときはオナニーで運動不足を解消しましょう。朝早く起きてジョギングなどしている人はあまり関係ないかもしれませんが、そんな人はごく少数だと思います。

早朝ジョギングを行う代わりに早朝オナニーを行う、これであれば毎日苦にならずに続けることが化膿ではないかと思います。

朝オナニーの効果⑥:通勤中も落ち着いて電車やバスに乗れる

Free-Photos / Pixabay

オナニー後は気持ちが落ち着くのが分かるかと思います。俗にいう「賢者タイム」というものです。一通り欲求を満たすことで気持ちを落ち着けることが可能です。

その精神状態で電車やバスに乗ることで、安定した精神で読書や仕事の整理などに取り掛かることも可能になるでしょう。賢者タイムを有効に使い充実した通勤ライフを送ることができるのです。

朝オナニーの効果⑦:女性に緊張しなくてすむ

Pexels / Pixabay

ムラムラしている状態だと、職場の女性を変に意識してしまい、緊張することもあるかもしれません。しかし朝オナニーさえしていればそのような煩悩は朝の時点で消え去っています。

フラットな状態で女性に接することができ、自然と近況することなく一日を過ごすことができるでしょう。そんなあなたを見て職場の女性も「余裕がある人かっこいい」となるかもしれません。

朝オナニーの効果⑧:バーチャルセックスでデートの緊張を緩和

geralt / Pixabay

気になる女性とデートするのは緊張するものです。どのように接してよいか自信がないのも原因の1つであると言えるでしょう。そんなときは朝オナニーでデート予定の女性とのバーチャルセックスを楽しんでください。

それにより脳内で最後までシミュレートすることが可能です。バーチャルでは最後までいくことができたので、現実でも何か行けるような気になってきますね。

こうして現実でも自信をもって相手に接することができるようになり、その自然さがデートの成功率を向上させる要因ともなるでしょう。

朝オナニーの効果⑨:夜しなくてよくなる、時間が有効活用できる

voltamax / Pixabay

夜は時間があります。そのため、いい動画を見つけるためにダラダラと時間を過ごしがちです。気づいたら何時間も動画を選定していた、なんてことになるかもしれません。

しかし朝ならオナニーする時間が限られています。限られた時間の中でオナニーする訳なので、てきぱきと動画を選定し、さっさと抜いてしまうことでしょう。

そうすることでこれまで動画選定などに充てていた時間を他のことをする時間に充てることができるようになります。結果、時間を有効活用することができるようになるでしょう。

朝オナニーの効果⑩:清潔にオナニーできる

夜オナニーをする場合、寝る前に抜くという人もいるかと思います。そんなとき、イったまま寝落ちしてしまい朝かピカピになっているということも起きてしまうかもしれません。

しかし朝オナニーであればこれから起きて行動をし始めるタイミングなので、このような心配は無用です。恐らくほとんどの方は朝トイレに行くと思いますので、確実にそこでふき取ることが可能です。

朝オナニーのデメリットは?疲労感を感じて二度寝の危険性も?

ddimitrova / Pixabay

ただし、朝オナニーにはデメリットもあります。先ほども説明しましたが、オナニー1回のカロリー消費量は200m走ることに匹敵するともいわれています。

そんな運動を寝起きで布団の中で行うとどうなるでしょうか?そうです。疲労感により2度寝してしまうことがあるのです。

みなさんも眠い時にオナニーしようとしてそのままナニを握ったまま寝落ちしてしまった経験はないでしょうか?これを朝やってしまうと恐ろしいことになってしまいますね。

朝オナニーする人は、実は一流?

Free-Photos / Pixabay

朝オナニーのメリットについてご紹介してきましたが、実は朝オナニーをする人は一流の人間であるとも言えます。朝オナニーをすることによるメリットを無意識で分かっているんですね。

ここではなぜ朝オナニーをする人が一流の人間なのか、その理由についてご紹介したいと思います。

朝オナニーする人の特徴①:気持ちをコントロールできる

Free-Photos / Pixabay

今回ご紹介した通り、朝オナニーをするとドーパミンの放出によりすっきりと1日を迎えることができます。こうしたメリットを無意識に享受できる人は気持ちのコントロールに長けている可能性が高いです。

つまり「1日やる気を出すために朝オナニーした方がいい感じだ」ということを言われずに分かっているのです。こうした人は他にも知らず知らず気持ちを上手にコントロールする方法を実践しているものです。

朝オナニーする人の特徴②:仕事ができる

1日の初めにすっきりして気持ちを新たに会社へ向かうことができるため、仕事を行うための気持ちの準備ができていると言えます。午前中は惰性で仕事、という人と比べて仕事ができるのは当然です。

定期的な勃起は必要?前立腺がんのリスクの減少効果も?

qimono / Pixabay

定期的にオナニーやセックスを行い射精している人は、そうでない人に比べて前立腺がんの発生率が低いという調査結果があるようです。

オナニーするというのは恥ずかしい行為というイメージがありますが、実はオナニーは健康でい続けるためにも必要な行為であるということが分かっています。

今までにない気持ちよさ?オナニー方法まとめ

Sky-High / Pixabay

オナニーには様々な方法があります。自分に合ったオナニーの仕方を見つけることで、更に有意義なオナニーライフを楽しむことができるでしょう。ここでは色々なオナニー方法についてご紹介します。

スリーフィンガーオナニー

Pexels / Pixabay

5本の指でしっかり握ってオナニーするのではなく、親指と人差し指、中指の3本でナニを挟むようにつかみ、撫でるようにこすります。

通常のオナニーより刺激が少なく最初は物足りないかもしれませんが、強すぎる刺激は射精障害の原因にもなりセックスでイケなくなってしまう可能性もあります。

また、慣れてくると徐々にじらされる快感が身をつつみ、なんとも言えない快楽を得ることができるようになるそうです。

サイニー

geralt / Pixabay

催眠オナニーです。これをマスターするとオナニーで手を使う必要すらなくなります。しかも普通のオナニーの何倍も強い快感を得ることができるそうです。

催眠音声を聞きながら仰向けに寝てリラックスすることでサイニーできるそうですが、訓練が必要です。サイニー用の催眠導入音声なども存在するので利用するとよいでしょう。

チクニー

NjoyHarmony / Pixabay

ナニではなく乳首を使ってイってしまおうというのがチクニーです。乳首が性感帯である人は結構多く、うまく開発することでオナニーに負けないくらい強い快感を得ることができるようです。

乳首の開発方法はここでは紹介しませんので、興味がわいた人はチクニーのやり方について調べてみるとよいでしょう。

一度朝オナニーを試してみましょう

geralt / Pixabay

皆さまいかがでしたでしょうか?今回は朝オナニーについてご紹介しました。少し恥ずかしい話題かもしれませんが、朝オナニーはメリットが多くお勧めです。

また、オナニー自体心身の健康のために必要な行為であると言えますので、「健康のためなんだから」と言い聞かせてどんどん朝オナニーをしていきましょう。

筋トレとオナニーは一緒にやっちゃダメ?筋トレとオナニーに関する記事はこちら