【月星座】蟹座の男女別の特徴や性格は?2019年の運勢は? 占い・スピリチュアル

【月星座】蟹座の男女別の特徴や性格は?2019年の運勢は?

星座占いを聞いたことはあるかと思いますが、これは太陽星座のことで占うことが有名です。この記事では月星座占いと呼ばれる月星座を使ったもので蟹座のことを紹介したいと思います。2019年月星座蟹座の男性、女性の性格、特徴や相性は?早速見ていきたいと思います。

目次

[表示]

月星座とは?太陽星座との違いは?

O12 / Pixabay

星座のことは世間一般で知られていることですが、月星座や太陽星座ことについての違いを知っている人はあまりいないとされています。

特にテレビなどでよく放送されている星座占いというのは太陽星座を使っているものが大半だと言われています。今回はその月星座と太陽星座の違いについて調べていきたいと思います。

月星座とは?生まれた時の月の場所の星座?

MiraCosic / Pixabay

月星座というのは、人が生まれた時のその時間に存在していた月のあった位置にある星座のことを言います。

生まれた当時の空の天体と星座の位置をそれぞれ組み合わせていくことで、その人について性格や相性、今後の運勢等の色々なことがわかります。

通常の星座・太陽星座との違いは?本当の自分がわかる?

geralt / Pixabay

この月星座とは反対に生まれた当時、太陽のあった存在する所にある星座が、いわゆる太陽星座と言われるものです。

月星座とは太陽と反対の位置にある星座となり、この星座を知るというのは、本当の自分、言い換えれば内なる本質を読み解くことができるものと言われています。

メジャーな星座占いは、太陽星座を使った占いとされています。太陽星座の占いに自分があまりしっくりこないという人が月星座占いで自分占ってみると納得する人もいます。

【月星座】蟹座の人が持っている使命や望みとは?

spirit111 / Pixabay

月星座のことに大まかに見てみましたが、次は月星座である蟹座のことについて触れてみたいと思います。

月星座の蟹座ついて読み解くとどのようなことがわかるのでしょうか。もしかしたら大きな使命、望み等があるかもしれません。それでは見ていきたいと思います。

月星座・蟹座のテーマと使命とは?

Larisa-K / Pixabay

蟹座のテーマとは、自分自身が心の底から安心して羽をのばせる居場所、人間関係を作ること、それらを守ること最も大切であるとされていて使命とも言えることとされています。

このような使命については、蟹という生き物が固い甲羅で自分の身を外敵や周囲の環境から守っていて、その特徴的な甲羅で何が何でも自分の身を守らなければならないことがそのように言われています。

さらにその内側には、外に出してはいけないデリケートなもの、つまり自分の心や大切な家族や仲間、過去の思い出などの守りたいものということが象徴としていわれているようです。

月星座・蟹座の人が持っている本当の望みとは?

geralt / Pixabay

月星座占いでは蟹座の人は生まれた時からこの蟹座の使命を無意識のうちに自分の中に持っており、それは子供から大人に成長してもいつまでも自分の中に残りづづけると言われています。

このようなことは蟹座の人が持つ望みにも関係しており、蟹座の人はこの使命を果たしたいという思いがあるようです。つまり、自分の安心できる居場所を守るなどというようなこと望んでいると言われているようです。

そしてその望みというのは自分だけでなく他の人とも共有したいという思いがあり、心許せる人を新しく作りさらにより良い人間関係や環境を作っていきたいという望みもあるようです。

月星座・蟹座の人の魅力は?

Free-Photos / Pixabay

月星座に蟹座を持つ人は、使命感を無意識のうちに持っていることから、生まれた時から、温かで優しい印象をもち他人を安心させるような雰囲気を持っていると言われています。

そしてそれは、単に表向きだけのものではなく、実際に他人に優しくさらに感受性が高く人の気持ちに敏感であるため気配りをできる能力があると言われています。

このように蟹座の使命である心地よい居場所守るということを他人に向けることもでき、相手を心地よくさせることが出来ることが月星座蟹座の人の魅力とされています。

月星座・蟹座の人が秘めている才能や可能性は?

geralt / Pixabay

穏やかで他人にも優しい蟹座の人はさらに頭の回転が速く学習能力が高いとても知的であるという才能を持つことが言われています。

これは蟹座の大切なものを守りたいという強い気持ちが関係しており、その思いを貫くにはただ優しいだけではいられず、あらゆることに対応できる賢さや知識が必要であることが理由とされているようです。

そしてその能力は成長し齢を重ねるほど大きくなり、思いを向ける相手が他人だけでなく地域や国に向けられれば誰もが安心できる社会を築き上げるといったとことをしてくれる可能性があるとされています。

月星座・蟹座の人がパートナーに求めるものは?

Free-Photos / Pixabay

蟹座である人は自身が持つ使命に影響を受け、相手を守ろうとしますが、このようなことを続けていくと次第に疲れてしまったり、自分がすることは必要なことなのかといった疑問を持つようになる傾向にあるようです。

さらに感受性豊かで他人の感性にも敏感なために、相手が自分のことを迷惑だと思っていないかなどの不安に駆られてしまうこともあるようです。

そのために大切にしているパートナーには特に自分のことも守り大切にして安心させてほしいという思いを切実に求めていることが言われています。

月星座・蟹座の人が陥りやすいトラブルは?

RyanMcGuire / Pixabay

蟹座の他人を優しくしたり守ってあげたいなどといった思いは本人が思っている以上に強い感情である可能性があります。

それはそれでよい素質を持っていることであるのですが、その強い感情が自分自身でコントロールできなくて思わぬトラブルを起こしてしまうことがあるようです。

例えば、相手にちょっとしたことで怒られたとすると、必要以上に傷つき憂鬱な状態になったり、大したことでもないのに言い争いになり大喧嘩に発展したりなどといったことを起こしてしまう場合があるようです。

月星座・蟹座の人がパワーを使いこなすには?

5132824 / Pixabay

月星座蟹座の人は強い感情を持っておりそれがトラブルの原因となってしまうこともあるようですが、それ自体は決して悪いことではないとされています。

強い感情を自分が傷ついたり喧嘩などをして相手を傷つけるような悪い方ではなく、相手を褒めたり自分が感動するなどといった方向に上手に制御できれば、それが良い大きな成果を生むこともあると言われています。

そのために、なにかしら感情が高ぶるようなことがあっても、その感情の動きを素直に受け止め、冷静にその正体と向き合うことができればをその力を上手く利用できることに繋がってくるとされています。

ツインスターに関する記事はこちら

【月星座】蟹座の人の性格的な特徴は?

Free-Photos / Pixabay

月星座蟹座の人が持つ心の在り方や望みなど内面について見てみましたが、周りから見た人物の性格などはどのように見えるのでしょうか。早速調ていきたいと思います。

感情を大切にしている

AbsolutVision / Pixabay

月星座蟹座の人は、頭で理屈っぽく考えるより感情を優先して感覚的に動くことが多いと言われています。そのために、突発的な行動をしてしまい周囲の人を驚かせてしまうこともあるようです。

また、自分だけでなく他の人の感情もとても大切にしたいとも思っているので、人間関係に対しては慎重になってしまうことががあります。

内向的

pixel2013 / Pixabay

感情的に動くことが多いと言われている蟹座の人は意外にも自ら積極的に行動するというわけではなく、やや内向的な一面がもあるとも言われています。

あまり積極的ではないではないために、心の中で思っている事を相手に面と向かって言えないこともあり、ストレスを溜めてしまいがちな傾向もあるようです。

愛情深く温かい印象

JillWellington / Pixabay

蟹座の人は母性が強いという特徴があるといわれています。そしてそれは、周りの人たちから見て暖かい印象を与えることになります。

実際にも、愛情深く世話を焼きたがる人が多いようで、優しくて面倒見の良い人だと思われることが多いようです。

気配り上手な繊細

Free-Photos / Pixabay

周囲によく気配りをすることも特徴とされています。それは、やや内向気味で繊細な部分をもっているからこそ自分だけでなく相手への配慮や、他者の気持ちをよく汲み取れるように努力するところあると言われています。

それで友達同士で食事に行ったり、会社の飲み会で頼まれたわけでもなく自分から食器を席に配ったり、取り皿に料理を取り分けたりするなどのことをしてしまうのもかに座の人に見られる傾向らしいです。

感情的でヒステリック

maturika / Pixabay

日ごろから、周りの人に優しくしてる事が蟹座の特徴と言われていますが、時に、感情的になり、唐突にヒステリックになってしまうこと場面もあるようです。

これは、繊細な心を持っているがために普通の人より傷つきやすい部分があることが原因なのですが、突然感情が爆発してしまい、周囲を驚かせ、不本意に心配をかけてしまうことがあるようです。

母性が強く世話好き

one_life / Pixabay

気配り上手である蟹座の人は、母性が強く世話好きである性質を持っているようです。同世代の人達だけではなく、後輩や子ども、年配の方などに気にかけてしまい、お節介をかけてしまう傾向があるようです。

この世話焼きな性格は相手に求められたり、必要とされることに満足感を感じてしまう所があり、余計な世話を焼いてしまってお節介だと思われてしまいがちなこともあるようです。

ネガティブで悲観的

月星座蟹座の人の場合、繊細な部分もあるために、自分自身に自信を持ちづらく、ネガティブで悲観的な考え方や捉え方をしてしまう傾向が多いようです。

自ら肯定し、前向きに物事を考えられれば苦労しないのですが、蟹座の人は誰かに必要とされ、自分を肯定してくれることで居場所を確保したがるところがあります。

また、ヒステリックな一面も合わさってしまうと必要以上に自分や相手を傷つけてしまうなどといったこともしてしまうこともあり、場合によっては極端に悪い方向に行ってしまうこともあるようです。

人見知り

Pexels / Pixabay

内向的な一面もある蟹座の方はいきなり初対面の人と打ち解けあえるようなタイプではなく人見知りをしてしまうと言われています。

繊細なために相手にどのように思われているか必要以上に難しくを考えすぎてしまうことも特徴とされています。

ただ、初対面の相手とも時間をかけて親しくなることが出来れば、その世話を焼きたがる特性から、相手にお節介だと思われるような対応をしてしまう一面もあるようです。

記憶力が高く学習能力が高い

Pexels / Pixabay

上記に挙げた蟹座の持っている使命の所でも触れてみましたが、蟹座の人は記憶力や学習能力が高いという特徴があるようです。

そしてそれは、自分自身が守りたいと思う人のために努力し、果敢に取り組む姿勢を持つようで、他の人に必要とされたいことが自分のモチベーションに結び付き時に大きな能力を発揮することもあると言われています。

他人に依存してしまう

rebcenter-moscow / Pixabay

蟹座の人は相手に必要とされたがる傾向があるために他人に依存してしまいがちであると言われています。

さらに、ネガティブな部分もあるため、長いモノにも巻かれたがるという傾向もあるようで、例えそれが良くないことだと感じていても、その相手に依存してしまうこともあるようです。

それは蟹座の特性上、多くの人間と広く浅く付き合うのではなく、狭く深い付き合いを好んでしまうところがあるので、相手に嫌われたりすることへ恐怖感を持ってしまうところがあるようです。

敏感なため傷つきやすい

aliceabc0 / Pixabay

上記に挙げたように、繊細なためで他の人の行動や言動に敏感なところがあり必要以上に意識がいってしまいがちな傾向にあるようです。

また、人の感情にも敏感なところがあり、内気でネガティブなことがあるために自己完結してしまう可能性が高く、思いこみで相手に嫌われてしまったなどと、憂鬱な状態になってしまうこともあるようです。

そのため、蟹座の人と対話する場合には、相手に不快感を与えないように言葉を選ぶなどの配慮が必要とされているところがあるようです。

他人に尽くし献身的

蟹座の人は、世話を焼きたがるといった性質からわかるように、自分のためというよりはどちらかというと他人のために努力するタイプの方が多いようです。

そしてそれは大切な人達のためにとことん尽くすことができるということでもあります。

さらに相手に依存してしまう性質上、尽くした人に必要とされたがる傾向が関係し、親しい家族や友人などに対しても献身的に接するという一面もあるようです。

守るものがあると強い

Comfreak / Pixabay

上記の蟹座の使命などの所で触れたように、自分の努力するためのモチベーションと大切な人を守りたいという気持ちが繋がると、想像以上の力を発揮することがあるようです。

特に父親や母親がそのような思いに駆られれば、蟹座の場合家庭で優しいだけではなく、家族の幸せのために良く働き、家庭を守るだけでなく貧乏な状態からお金持ちに大きく変化するといった可能性もあるようです。

感受性が強くストレスを貯めやすい

1388843 / Pixabay

蟹座は他の人の感情に敏感であり、自分自身が嫌われることを避けたい傾向にあることから、周囲に合わせて自分の思いを抑えてしまいがちな傾向にあるようです。

それは言い換えれば感受性が高いことであり、また繊細な一面から、余計なストレスを溜めこみやすくなってしまうようです。

NEXT:必要上に心配症
1/4