アフィカスとは?まとめブログサイト?特徴や見分け方は?末路は?

今回はネット上でよく見かける「アフィカス」の意味をまとめてみました。他にも、まとめブログと呼ばれるものが広告を掲載して批判されている理由だけではなく、アフィカスと呼ばれる人たちの見分け方や末路についてもチャックしてみました。

アフィカスとは?アフィカスの意味は?

TeroVesalainen / Pixabay

アフィカスとは、「アフィリエイト」と「カス」の造語です。元々は2ちゃんねるなどの掲示板から無断でレスをコピペした「まとめブログ」を作り、アフィリエイトの広告を使って儲けている人のことを指す言葉でした。

しかし、現在ではアフィリエイトをしている人全般を指す言葉として使われています。

アフィリエイト広告で稼ぐカスという意味

RyanMcGuire / Pixabay

アフィカスについてもっと詳しく調べてみると、無断転載をしたものにアフィリエイト広告を掲載してお金を稼ぐ「カス以下の人間」という意味も込められていました。

ただ、悪質行為や迷惑行為をせずに稼ぐ人は「アフィリエイター」と呼ばれています。

なんJまとめブログのことを指す場合が多い

Wokandapix / Pixabay

アフィカスという言葉は、なんJ(なんでも実況J)のレスを無断で使用した「まとめブログ」に対してよく使われているようです。

転載することでなんJの人気向上になるという肯定的な意見もありますが、転載禁止のものを載せてお金を稼ぐまとめブログが多いのも事実です。そのため「アフィカス=まとめブログ」という意見が根強く残っています。

ブログにアフィリエイト広告を掲載し稼ぐ人間の蔑称

kschneider2991 / Pixabay

アフィカスは、「ブログでアフィリエイト広告を掲載して稼いでいる人」に対しても使われています。まとめブログによる儲けが目当てのアフィリエイト活動がされた為、一般的なアフィリエイターも敬遠されがちです。

また、アフィカスとアフィリエイターの基準が曖昧で分かりにくいのも原因となっています。

寄生虫やクズと呼ばれることもある

Pexels / Pixabay

まとめブログには、2ちゃんねるなどの掲示板で書かれたものが利用されています。他人が書いたものを勝手に利用し、お金を稼いでいる姿から「寄生虫」や「クズ」と呼ばれることもあるようです。

自分で何かを生み出すのではなく、よその物を勝手に持ってきて商売していると感じる人は少なくないようです。

NEXT 2ちゃんねるなどのネタをまとめブログとして無断転載