ボールペンを消す方法!紙・肌・プラスティック等まとめ!【素材別】

ボールペンは様々なものに書けて便利な反面、一度書いたら間違えても消せないのが難点ですね。しかし消す方法があるんです。代表的な紙はもちろん、肌や皮に付いてしまったものも消す方法があります。今回はボールペンを消す方法について調べてみました。

ボールペンで書いた字って消せるの?

Claudio_Scott / Pixabay

ボールペンで書いた字は消すことができるのでしょうか?「ボールペン 消す」で検索された方も多いのではないでしょうか?実は何通りか消す方法があることが分かりました。

素材によって消し方が違いますので種類ごとに紙、皮、肌、机、服、プラスチックのようなカード、壁紙と順番に紹介していきたいと思います。

紙に書いたボールペンの後を消す方法

一番ボールペンで字を書く機会があるのは紙でしょう。大事な書類に記入するとき、たった1文字間違えてしまってそこだけ綺麗に消したいという経験は、誰もがお持ちでしょう。

まずは紙に書いたボールペンを消す方法から紹介します。

①砂消しを使う

Hans / Pixabay

今では中々見かけなくなった砂消しは、ボールペンの字を消すためごしごしと使用すると紙まで削れて破れてしまうという事が多々あります。コツが必要なようです。

そんな時に役に立つのが消しゴム用テンプレートです。色々な形の穴があいた薄い金属板を間に挟むと、余計なところを削ることなくボールペンを消すことができます。

なるべく力を入れずにこするように使うのがポイントです。力を入れすぎると表面が毛羽立ち、消したことがバレバレになってしまいます

②カッターナイフで削る

WikimediaImages / Pixabay

砂消しは広範囲に紙が削れてしまいますが、カッターナイフならピンポイントで汚れた場所を削ることができます。刃先でインクの染み込んだ部分を軽く削って下さい。その後消しゴムをかけるといいでしょう。

しかし履歴書は基本的に書き間違えたら新たに書き直すのが基本です。試してみてもいいですが、少しでも汚れが目立ったら新しい履歴書に書き直してください。

またカッターナイフで削るのでレポート用紙のような薄い紙には向いていません。行う時は穴が開かないように注意しながら行ってください。

③インク消しを使う

Bru-nO / Pixabay

知らない方も多いかもしれませんが、ボールペン専用インク消しというのがあります。「ガンヂーインキ消し」は修正したい部分に1液を垂らし、余計な液体を取ったら2液を塗ります。

インクの種類にも寄りますが、相性のいい油性インクなら綺麗に消すことができます。ただし液体なので染み込んでしまい、細かい修正には向いていないようです。

塗ったところが染みになったりするようなので気を付けて使ってください。

NEXT 皮に書いたボールペンの後を消す方法