平田実音(初代舞ちゃん)の現在は、死去!死因は肝不全だった?

平田実音さんは、NHK教育番組「ひとりでできるもん!」の舞ちゃん役で人気でしたが、2016年8月5日に実音さんが自宅で倒れていたのを母親が発見しています。死因は肝不全でしたが、母親はブログでそのことを書いています。今回はそんな平田実音さんの事を紹介します。

平田実音は、今現在死亡している?死因は肝不全?

平田実音さんはNHK教育テレビ「ひとりでできるもん!」の初代舞ちゃん役で人気となりました。しかし、青山大学に進学したあとは芸能界を休止し、朗読会や手話通訳などの活動をした後引退しました。

30歳頃から肝臓の具合が悪くなり、2016年8月5日に肝不全のため、33歳で亡くなられています。

平田実音のプロフィール

平田実音さんは、1983年6月1日生まれ、東京都港区出身のタレントです。青山学院大学文学部心理学科を卒業しています。

平田実音さんは、2歳の時にモデルとして芸能界デビューしています。また、1991年4月から始まったNHK教育テレビ「ひとりでできるもん!」の初代舞ちゃん役で人気となりました。

また、1993年の「NHK紅白歌合戦」にゲストで出演しています。

平田実音の現在は?死亡している?

Free-Photos / Pixabay

平田実音さんは、2016年8月5日に肝不全のために亡くなっています。

2016年に33歳で死去、死因は肝不全だった?

平田実音さんは2016年に33歳という若さで亡くなっています。また、その死因は肝不全だったことが分かっています。

肝不全とはどんな病気?

肝不全とは、肝機能不全ともいい肝臓の機能障害が進行し、肝臓が機能を果たせなくなった状態で、肝炎、肝硬変、肝腫瘍などの色々な肝臓の病気による肝臓の障害によって起きます。

肝臓の代謝、合成、排泄、解毒などの機能が低下しますから、身体に必要な物質を供給できなくなり、有毒な物質が血液にたまり、意識障害や黄疸、腹水といった症状が現れます。

肝不全の治療には、肝機能を亢進する薬物を投与するか、血漿交換を行います。米国では肝臓移植を行っていますが、日本では現在近親者をドナーとする生体肝移植が行われています。

NEXT 2016年8月7日に、元所属事務所の社長が公表