平田実音(初代舞ちゃん)の現在は、死去!死因は肝不全だった?

平田実音さんは、NHK教育番組「ひとりでできるもん!」の舞ちゃん役で人気でしたが、2016年8月5日に実音さんが自宅で倒れていたのを母親が発見しています。死因は肝不全でしたが、母親はブログでそのことを書いています。今回はそんな平田実音さんの事を紹介します。

平田実音は、今現在死亡している?死因は肝不全?

平田実音さんはNHK教育テレビ「ひとりでできるもん!」の初代舞ちゃん役で人気となりました。しかし、青山大学に進学したあとは芸能界を休止し、朗読会や手話通訳などの活動をした後引退しました。

30歳頃から肝臓の具合が悪くなり、2016年8月5日に肝不全のため、33歳で亡くなられています。

平田実音のプロフィール

平田実音さんは、1983年6月1日生まれ、東京都港区出身のタレントです。青山学院大学文学部心理学科を卒業しています。

平田実音さんは、2歳の時にモデルとして芸能界デビューしています。また、1991年4月から始まったNHK教育テレビ「ひとりでできるもん!」の初代舞ちゃん役で人気となりました。

また、1993年の「NHK紅白歌合戦」にゲストで出演しています。

平田実音の現在は?死亡している?

Free-Photos / Pixabay

平田実音さんは、2016年8月5日に肝不全のために亡くなっています。

2016年に33歳で死去、死因は肝不全だった?

平田実音さんは2016年に33歳という若さで亡くなっています。また、その死因は肝不全だったことが分かっています。

肝不全とはどんな病気?

肝不全とは、肝機能不全ともいい肝臓の機能障害が進行し、肝臓が機能を果たせなくなった状態で、肝炎、肝硬変、肝腫瘍などの色々な肝臓の病気による肝臓の障害によって起きます。

肝臓の代謝、合成、排泄、解毒などの機能が低下しますから、身体に必要な物質を供給できなくなり、有毒な物質が血液にたまり、意識障害や黄疸、腹水といった症状が現れます。

肝不全の治療には、肝機能を亢進する薬物を投与するか、血漿交換を行います。米国では肝臓移植を行っていますが、日本では現在近親者をドナーとする生体肝移植が行われています。

2016年8月7日に、元所属事務所の社長が公表

2016年8月7日に、元所属事務所の加藤社長が、NHK教育テレビ「みんなの広場だ!わんパーク」のメインキャラクターのミーオこと、平田実音さんが亡くなられたことを公表しています。

加藤社長は「本当に思いがけないことで誠に残念です。心からお悔やみ申し上げます」と追悼しています。

平田実音さんは、ブルーやピンクの髪をしたコスプレで、現在の初音ミクやキャリーぱみゅぱみゅさんなど、アニメのアイデアの元になったといわれています。

8月13日に葬儀・告別式が行われた

Lotusbluete / Pixabay

平田実音さんの通夜は8月12日に、また葬儀・告別式は8月13日に都内の葬祭場で行われ、父親が喪主を務めました。

平田実音さんは、一人暮らしをしていましたが、連絡がとれなくなったことを心配した母親が訪ねて行ったところ、実音さんが倒れていて、部屋にはラジオが流れたままになっていたといいます。

その後病院に搬送されていますが、8月5日午前9時27分に死亡が確認されました。平田実音さんは、数年前から入退院を繰り返していたそうです。

9月1日にはマスコミが報道、各所から驚きと悲しみの声が

平田実音さんが亡くなられたことは、9月1日にマスコミが報道しました。この報道に各所から驚きと悲しみの声がありました。

テレビ番組「ひとりでできるもん!」で初代舞ちゃん役の平田実音さんが好きで、ずっと見ていたという人も、ネット上で「残念でなりません」と驚きを隠せない様子を紹介しています。

ネットでは、病気の原因に関する考察も

平田実音さんは、2013年頃の映像から、痩せすぎていて何かの病気ではないかと心配する声もありました。

平田実音の一番最近の画像は?

平田実音さんが公開されている最近の画像を紹介しました。

平田実音のブログはある?「みおぴん♪のブログ」?

rawpixel / Pixabay

平田実音さんの「みおぴん♪のブログ」はまだ存在しています。しかし、2016年5月28日のタイトル名「鮮魚コーナー」を最後に更新されていません。

このブログは2011年10月6日からスタートしているようですが、もともとそれほど頻繁には更新されていなかったようです。

現在、昔のプロフィールは削除されている?

josealbafotos / Pixabay

平田実音さんの「みおぴん♪のブログ」のプロフィールは、現在削除されています。

そのプロフィールに掲載されていた内容は、平田実音さんは大人になっても料理が趣味で「ひとりでできるもん」に影響されていたことが分かります。そして自分の事を完璧主義者とも言っています。

平田実音の墓は青山墓地にある?

一部の情報では、平田実音さんのお墓は青山墓地にあるそうです。

平田実音は拒食症だったという噂も?ガリガリになっていた?

mojzagrebinfo / Pixabay

2013年頃の平田実音さんは、腕がとても細くなっていてガリガリだと心配されていました。

平田実音は拒食症?痩せすぎとネット上で言われていた?

_Marion / Pixabay

平田実音さんは、2013年頃から、「痩せすぎ・・・」とか「拒食症じゃないの?」とネット上でも話題になっていました。また、芸能界を引退した理由と関係があるのではないかともいわれていました。

痩せすぎと言われていた時の画像は?

平田実音さんが「わんパーク」に出演していた時、その姿が痩せすぎで病気ではないかと噂されていた時の画像がありますが、確かに腕が細すぎる気がします。

平田実音さんが、痩せすぎではないかといわれていた時の画像を紹介しました。

平田実音は入院と退院を繰り返していた?2012年にはブログにも

Pixies / Pixabay

平田実音さんは、2012年にも自身の入退院の事を、ブログも書いていたことが分かります。

それは平田実音さんのブログ「みおぴん♪のブログ」の2012年1月29日付けで、自宅から救急車で搬送され、そのまま入院したと書いています。

「24時間点滴をいっぱなしで動きにくいけど、歩けるし食事制限もなし、初めての入院でした」と告白しています。

平田実音は死去の数年前から体調が悪かった?アルコールの過剰摂取が原因?

Alexas_Fotos / Pixabay

平田実音さんは、大学進学を機に芸能活動を休止しましたが、その後はファミリーイベントや朗読会、手話通訳といった活動をしていましたが、その後芸能界から引退しています。

30歳を過ぎた頃から肝臓の具合が悪くなり、亡くなる数年前から入退院を繰り返していたそうです。死因が肝不全ということで、アルコールの過剰摂取ではないかとの噂もありますが、詳しいことは分かっていません。

「ひとりでできるもん!」で活躍した平田実音

平田実音さんは「ひとりでできるもん!」で活躍し、人気になりました。

平田実音は「ひとりでできるもん!」で活躍!初代舞ちゃん役だった

平田実音さんは5年間、NHK教育テレビ「ひとりでできるもん!」の初代舞ちゃん役で活躍していました。

平田実音の当時の画像は?

平田実音さんの、NHK教育テレビ「ひとりでできるもん!」に出演していた当時の画像を紹介しました。

「ひとりでできるもん!」の動画もある?

平田実音さんが活躍していた、「ひとりでできるもん!」の動画を紹介しました。

「ひとりでできるもん!」には卒業後も再出演していた?

NHK番組「ひとりでできるもん!」では、平田実音さんが1994年3月に卒業してからも出演することもありました。

1998年度と1999年度にNHK番組「ひとりでできるもん!」でお姉さん役として再出演しています。

わんパークではミーオ役で出演、司会進行を務めたことも

平田実音さんは、2000年から「みんなの広場だ!わんパーク」ではミーオ役で出演し、司会進行を務めています。

「みんなの広場だ!わんパーク」は、NHK教育テレビで2000年4月8日から2003年4月6日まで放送された番組です。同じNHK教育テレビの「あつまれ!わんパーク」と混同されやすい番組です。

この番組は生放送ではありませんが、一発撮りという新しいスタイルの子供向け番組で、通常2週間分の収録を1日で行われていました。ミーオの平田実音さんの他にダリオの戸田ダリオさんらが出演していました。

平田実音の経歴は?子役でデビュー後、芸能界を引退していた?

平田実音さんのこれまでの経歴や、芸能界を引退した理由などをまとめてみました。

1983年に東京都で生まれ、2歳で芸能界にデビュー

平田実音さんは、1983年6月1日に東京都で生まれています。2歳の時にモデルとして芸能界にデビューしています。

「ひとりでできるもん!」で活躍

平田実音さんは、1991年4月からNHK教育テレビの「ひとりでできるもん!」で、初代舞ちゃん役で活躍し、人気となりました。

映画「ゴジラvsメカゴジラ」に出演

1993年には映画「ゴジラvsメカゴジラ」で、超能力少女ミカ役で出演しています。映画「ゴジラvsメカゴジラ」は、1993年12月11日に公開された映画で、ゴジラシリーズの第20作です。

映画「ゴジラvsメカゴジラ」は、1994年がシリーズ第1作の「ゴジラ」から40年目となることから「ゴジラ生誕40周年記念作品」となりました。キャッチコピーは「この戦いですべてが終わる」です。

その他の出演者に、高嶋政宏さん、佐野量子さん、小高恵美さん、原田大二郎さんらがいます。

数々のCMにも出演していた

平田実音さんは、映画やテレビドラマの他にCMにも多く出演しています。

たとえば、1988年の大正製薬「ヴィックス・ヴェポラップ」、1993年のエースコック「カップDo」、1994年のタカラ「本みりん」、同年クワムラ食品「チキンハム」などに出演しています。

青山学院大学への進学を機に、芸能活動を休止

平田実音さんは、青山学院大学への進学したのを機に、それまでの芸能活動を休止しています。この頃は、大学生としての勉学に力を入れたいと思ったのではないでしょうか。

NEXT サークルで手話通訳などの活動をしていた