【月星座】双子座の人の特徴は?相性は?2020年の運勢もまとめ!占い・スピリチュアル

【月星座】双子座の人の特徴は?相性は?2020年の運勢もまとめ!

目次

[表示]

月星座双子座との相性が悪い月星座①:蟹座

JUrban / Pixabay

月星座蟹座との相性は、互いに合わせるのがむずかしい2人です。蟹座は家庭を第1に考えており、安定や落ちつきを家庭に求めていますから、あちこち飛びまわる双子座を理解することができないのです。

常に新しい物事を求めている双子座にとって、その行動を制限されてしまうのは苦痛になるでしょう。自由奔放な双子座の帰りを待てない蟹座とは、長続きしないかもしれません。

月星座双子座との相性が悪い月星座②:乙女座

Pexels / Pixabay

月星座乙女座との相性は、心配症でちょっと神経質な乙女座が、双子座の自由奔放な行動を理解できずに口うるさくなりがち。それに双子座はストレスや窮屈さを感じてしまうでしょう。

双子座は、新しい物事を求めて常に動いてまわりたいなら、乙女座がヤキモチを焼いてしまわぬように前もってフォローをしておかなければなりません。

月星座双子座との相性が悪い月星座③:蠍座

GDJ / Pixabay

月星座蠍座との相性は、真逆すぎる2人ゆえに互いを理解するのがむずかしく、何をしてもぶつかってしまうでしょう。

人に心を見せたがらずコミュニケーションに重きをおかない蟹座。コミュニケーションを大切にする双子座は、それを理解しがたく、蠍座からしても自身の中に入ってこられるようで気にくわないのです。

また恋愛においても、蠍座は自身を1番に考えてほしいと望む執念が深いタイプであり、好奇心であふれ束縛を嫌う双子座とは安定しない仲になるでしょう。

月星座双子座との相性が悪い月星座④:山羊座

MabelAmber / Pixabay

月星座山羊座との相性は、あちこち飛びまわりたい双子座と地をしっかり歩む山羊座、その差ゆえに互いを遠く感じる2人でしょう。

奥手でまじめな山羊座は決して社交性の高いタイプではありませんから、そもそも関係に発展するケースが少ないのです。

逆に、その差を互いにないモノであると尊敬し惹かれ合うパターンもありますが、ちゃんと理解し合うより前に離れてしまうかもしれません。

月星座双子座との相性が悪い月星座⑤:魚座

ionasnicolae / Pixabay

月星座魚座との相性は、互いの感覚がまったく異なるため、何度も話し合いを重ねたり理解し合うまでに時間の掛かる2人でしょう。

魚座は心温かく情に厚い人であり、さびしがり屋で1人になるのを嫌う「かまってちゃん」です。

自由でありたい双子座にとって、そんな魚座の感性は負担になってしまい、また魚座も自分のことをかまってくれない双子座に、もの足りなさを覚えてしまうのです。

月星座が双子座の人の太陽星座との組み合わせの特徴は?

TeroVesalainen / Pixabay

感情を表すとされる月星座と、本質を表すとされる太陽星座。この2つを組み合わせればその人のより詳しい特徴がみえてくるようです。

月星座が双子座で太陽星座が魚座の人はどんな人?

現実感覚が乏しく地に足が付かないようなイメージがある人です。頭の中に自分の世界をつくり、そこにいるだけで充たされるタイプでしょう。

夢を描くにしても、実現できるかどうかを考えるより、実現したシーンを浮かべるだけで幸せなのです。それゆえに話がとてもおもしろい人です。

おしゃべり上手でもあり、頭の中の世界をイキイキと語ってくれます。また思いやり深く、誰もを受け入れるやさしく寛大な面もあり、話のおもしろさも相まって人がまわりに集まるでしょう。

月星座が双子座で太陽星座が水瓶座の人はどんな人?

DarkWorkX / Pixabay

理屈っぽい面と、ちょっと軽薄な面とが同居している人です。小さな物事によってテンションが上がったり下がったりするイメージでしょう。

それながら感情におぼれない理性を持っており、カタい知識から雑学まで広く何でも知っています。また人を惹きつける話術や、アイディアを生み出す力、人のアイディアを受け入れる度量もあります。

人づきあいがうまいのでいろんなアイディアを集めて、新しいものを生み出すでしょう。あまりにも多くのアイデアに囲まれて手におえなくなるパターンも。

月星座が双子座で太陽星座が射手座の人はどんな人?

好奇心旺盛でフットワークがとても軽い人です。常に何かに没頭している、たのしそうなイメージでしょう。

双子座と射手座はホロスコープ上において真逆に位置する2星座であり、真逆であれば、補いあえるけれどそこが弱くなりがちです。

それゆえ、考える前に行動する射手座と、考えた上ですべてを実行まではしない双子座のコンビは、何が何でもやりとげる強い意志や持久性に欠けるところがあり、飽きっぽいかもしれません。

月星座が双子座で太陽星座が牡羊座の人はどんな人?

Alexas_Fotos / Pixabay

「思い立ったら即行動!」というタイプの人ですが、興味のある物事へと勢いよく挑みながらも、そんな自身をどこか冷めた目で見つめている面もあり、長続きはしません。

とにかくイヤな物事はイヤでしかもそれを隠せないため、トラブルになりがちです。表に出さないように我慢もするのですが、そうやって努めるのがしんどくなってしまうでしょう。

時どきナーバスになりますが、いつまでも引きずらないですぐに立ち直ります。

月星座が双子座で太陽星座が蠍座の人はどんな人?

mohamed_hassan / Pixabay

広く浅い興味と、コレと決めたら1つを徹底的にきわめる姿勢とを兼ねそなえた、知性ある人です。

ただし、知性と感性は高いですが行動力はイマイチでしょう。興味のある物事については行動的なのですが、それ以外についてはサッパリなのです。

何も隠さないであけっぴろげに語るようにみえて、実は肝心なことを語らない秘密主義な面がありながら、話術に長けているため話の最中はそれに気づかれないでしょう。

月星座が双子座で太陽星座も双子座の人はどんな人?

darksouls1 / Pixabay

興味がわけばすぐさま飛びこむ、好奇心であふれた人です。今やりかけの物事があっても次つぎと新たな興味が尽きるません。それゆえ学ぶ機会が多く「雑学王」でもあるでしょう。

視点を換えれば集中力や落ちつきに欠けるとも表せます。

恋愛においては、恋人がいてもほかの異性が気になってしまうケースも少なくありません。でも好奇心がそうさせるのであって本人は悪気がないようで、憎めないイメージかもしれません。

月星座が双子座で太陽星座が蟹座の人はどんな人?

感受性豊かな面と、逆に理性のカタマリのような面とを持ち合わせている人です。自らが何を感じ、何を考えているのか、わからなくなってしまう時もあるでしょう。

どんな人とでも交流したいと望む反面、向こうの内心を探ってしまったり、理屈ではわかっているけれど、どうしても感情で納得できなかったり…なんてシーンも少なくありません。

でも器用なため、自身の中で整理しきれない物事があっても、それらを表に出さずうまくやっていけるでしょう。

月星座が双子座で太陽星座が山羊座の人はどんな人?

HPUweKlein / Pixabay

おもしろい物事を求めながらも、まじめで誠実な人です。好奇心があっても、軽いノリであらゆる物事に挑むタイプではありません。

ポジティブでいようと自ら努めているのですが、時どきネガティブになってしまうと、そんな自身を許せない面があるでしょう。

仕事においては、何をやらせてもそつなくこなし、1度決意したら揺るがないでやりぬく姿勢があります。強い上昇志向やチャンスを敏感に察する力も備えているため、エリートコースをねらえるかもしれません。

月星座が双子座の人の2020年の運勢は?

lumina_obscura / Pixabay

月星座双子座の人の、2020年における運勢を、金運運・恋愛運・仕事運に分けてまとめてみました。加えて、開運アドバイスやラッキーカラーもチェックしています。

月星座が双子座の人の2020年の金運は?

Skitterphoto / Pixabay

2020年の金運は、割と安定した傾向にあります。そんな中でも意識おきたいポイントは、人と「1対1」で使うお金です。

【1対1での交際費】

Capri23auto / Pixabay

今まで広く浅くやってきた人づきあいから、2020年は「1対1」で人づきあいを深めるシーンが増えるでしょう。それに伴って、2020年は交際費が増加すると考えられます。

自己投資としてお金を使うのは悪くないのですが、無計画に散財するのでなく、収支のバランスに気をつけてお金を使いましょう。

2020年の金運における安定とは、大きな出費がある可能性が小さい分、大きな収入がある可能性も小さいのです。

【1対1で共有するお金】

Maklay62 / Pixabay

また、仕事や結婚などで人と「1対1」でお金を共有するシーンがあるならば、そのお金の管理をキチンと固めておきましょう。

特に2020年は、お金の管理をあいまいにしていると、そのせいで人との信頼関係にヒビが入ってしまう恐れがあります。

月星座が双子座の人の2020年の恋愛運は?

Nietjuh / Pixabay

2020年の恋愛運は、新たな出会いに恵まれて、よい傾向にあります。でも、たのしくいっしょに過ごしているだけでは長く続かないでしょう。もう1歩、深い関係を築くのがポイントになってくるのです。

そのためには、内に秘めている自身の姿をパートナーに見せるのが大切です。月星座双子座の人は、人に自身の内をさらけ出すのが苦手なので、これがまず2020年の主な課題になるでしょう。

結婚を考えているなら特に、内に秘めた自身を出すように努めましょう。

月星座が双子座の人の2020年の仕事運は?

Nietjuh / Pixabay

2020年の仕事運は、割とよい傾向にあります。ただし今やっている仕事が本望から離れているなら、2020年は「生活するための仕事」と「やりがいある仕事」との間で、迷いを抱えるかもしれません。

2020年は、仕事において信頼できるパートナーが表れそうです。興味のあるフィールドで出会えたら、転職や独立を考えられるかもしれません。

仕事で大きなチャンスをつかむ可能性があるので、2020年はまわりの話をよく聞いて、1つ1つ確実に仕事をこなしましょう。

月星座が双子座への人の開運アドバイスは?

jplenio / Pixabay

もし、月星座双子座らしさを発揮してないかも…と感じたら、次の開運アドバイスを試してみましょう。きっと月星座双子座の本質である、高いコミュニケーション能力や、多才なセンスなどを発揮させてくれるでしょう。

  • SNSを始めてみる(特にTwitterとの相性がよい)
  • 本業とは異なる副業をしてみる
  • 広く浅く新たな知識を集めてみる
  • 学んだことをさらに人へ伝えてみる
  • 流行の物事を取り入れてみる

月星座が双子座の人のラッキーカラーは?

Comfreak / Pixabay

月星座双子座のラッキーカラーは黄色です。ファッションやインテリアに黄色を取り入れてみましょう。
また、月星座双子座のラッキーアクションとして、旬の食材を頂くのもよいですから、季節によって黄色い野菜やフルーツを選んでみるのもアリでしょう。

 

月星座でもっと自身を知ろう

geralt / Pixabay

あなた自身も気付いていないかもしれない秘めた可能性を、月星座は教えてくれます。自らの性格や能力、あるいは短所や欠点だと思っているものも、 双子座という月星座の影響を受けているのかもしれません。

そのパワーがどんなモノかを知ることで、ぶつかりがちな壁をうまくクリアしたり、センスや才能を発揮したり、きっとあなたの可能性をもっと広げられるでしょう。

星座に関連する記事はこちら

3/3