台湾美人をランキングで紹介!女優・歌手・インスタグラマーも!

台湾には美人が多いとして話題になっています。今回は台湾美人を芸能人やインスタグラマー、話題になった人などに分けてランキング形式で紹介します。また、なぜ台湾には美人が多いのという疑問について、その美貌の秘訣についても合わせてまとめていきます。

【画像あり】台湾美人女優・モデル・歌手ランキングTOP40

windsing / Pixabay

台湾には美女がかなり多いとして話題になっています。今回は台湾美人について詳しくまとめていきたいと思います。

まずは台湾の女優、モデル、歌手などの有名人の中から、特に絶大な人気を誇る美女たちをランキング形式でご紹介します。

第1位:リン・チーリン

台湾美人第1位に輝いたのは「台湾第一名模(台湾ナンバーワンモデル)」に長年君臨してきたモデルのリン・チーリン(林志玲)さん。2000年代の台湾美女ランキングを総なめにする程の絶大な人気を誇りました。

日本国内では、2010年にフジテレビ系で放送された連続ドラマ「月の恋人〜Moon Lovers〜」にて主演の木村拓哉さんの相手役の中国人女性を演じて一躍その名前が知れ渡り、テレビCMにも出演。

第2位:ジョリン・ツァイ

台湾美人第2位にランキングしたのは、台湾を代表するポップシンガー、ジョリン・ツァイ(蔡依林)さんです。中華圏の人気度は絶大ながら、日本国内での知名度はそこまで高くありませんでした。

しかし、2018年9月15日に沖縄で開催された安室奈美恵さんの引退コンサートにゲストとして出演し、あの美女は誰?と注目を集めました。

第3位:ヒビ・ティエン

台湾美人第3位は、2001年に台湾で歌手としてデビューしたビビ・ティエン(田馥甄)さんです。台湾で高い人気を誇るアイドルユニット「S.H.E」のメンバーとしても活躍されていました。

2010年からはソロ活動を開始。2016年にはソロ曲「小幸運」がYouTubeで再生回数1億回を突破、中国語歌詞の楽曲としては初の快挙として世界的に報じられました。

第4位:ビビアン・スー

第4位には、日本国内でも高い知名度を誇るマルチタレントのビビアン・スー(徐若瑄)さんです。

1996年に放送され、大人気となったバラエティ番組「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」のレギュラーとして出演し、当時、日本での国民的知名度と人気を獲得しました。

同番組から生まれた音楽ユニット「ブラックビスケッツ」のメインボーカルとして1998年にリリースしたシングル「タイミング〜Timing〜時機」は約200万枚のメガヒットを飛ばしています。

第5位:チョウ・ツウィ

韓国発多国籍アイドルグループ「TWICE」のメンバー、チョウ・ツウィ(周子瑜)さんは台湾美人第5位にランクイン。そのキュート過ぎる笑顔が世界的な人気を集めています。

「世界で最も美しい顔100人」の上位の常連であり、2016年度第8位、2017年度第3位、2018年度第2位と年々その順位を上げています。

第6位:レイニー・ヤン

第6位には、ガーリーな雰囲気が人気の歌手で女優のレイニー・ヤン(楊丞琳)さんがランクインしています。特に若い女性からの高い支持を得ており、ファッションリーダー的存在です。

宇多田ヒカルさんや安室奈美恵さんの第ファンを公言する日本好きとしても知られ、来日した際には流暢な日本語を披露するなど、日本国内での好感度も高い台湾美人です。

第7位 :パフ・クオ

台湾美人第7位は、2010年に台湾で結成された美女3人組のアイドルグループ「Dream Girls」の人気ナンバー1パフ・クオ(郭雪芙)さんです。

現在は事実上の解散状態となっている「Dream Girls」ですが、パフ・クオさんは個人での活動を継続しており、アジア各国で高い人気を獲得しています。

日本国内での知名度はまだまだですが、今後人気の爆発が期待される台湾美人の一人です。

第8位:チャン・チュンニン

中華圏を中心に世界的に活躍する女優、チャン・チュンニン(張鈞甯)さんは台湾美女ランキング第8位にランキング。涼やかな瞳を持つ、アジアンビューティーで世界的な人気を集める女優です。

女優としてのメジャーな作品へのデビューは、2002年放送の日本のドラマ「私立探偵濱マイク」でした。

第9位:スー・チー

第9位には日本でも高い知名度を誇る女優スー・チー(舒淇)さんが登場。中華圏の映画を中心い活躍する他、日本でもコカコーラの烏龍茶「煌」のテレビCMに出演するなど幅広い活動を見せています。

スー・チーさんは、デビューした当初はセクシーアイドル的なポジションでしたが、その美貌と圧倒的な演技の才能が次第に評価される様になり、数々の大作に出演する実力派大物女優の座へと上り詰めました。

第10位:アマンダ・チョウ

第10位にランクインしたアマンダ・チョウ(周曉涵)さんは、元々はインターネットで話題となって発掘された台湾美女です。

2017年にリリースされたファースト写真集のロケ地は日本。東京の都市をバックにセクシーなポーズを決めるアマンダ・チョウさんの見事なボディは必見です。

第11位:ジョイ・ウォン

第11位には、かつて日本国内での絶大な人気を誇った台湾女優ジョイ・ウォンさんです。主に80年代と90年代の映画に数多く出演し、その美貌から人気を集めました。

日本でもテレビCMや連続ドラマなどに出演、キュートな美貌が注目されました。現在は女優を引退されカナダ・バンクーバーで引退後の生活を満喫されているという事です。

第12位:シュー・モンシー

モデルや女優、作家としても活躍するシュー・モンシーさんが第12位にランクイン。下着モデルを長年続けていることから「内衣女神(内衣は下着の意)」の異名で親しまれています。

彼女はその美貌とマルチな才能の他、国際的な支援活動なども行うなど、社会奉仕の精神も持ち合わせる、心身共に美しい女性として人気を集めています。

第13位:ジョアンヌ・ツァン

台湾美人第13位にランクインしたジョアンヌ・ツァン(曾之喬)さんは、美女が多いことで有名なタイヤル族の出身。14歳の頃にガールズユニット「Sweety」のメンバーとしてデビューし人気を獲得します。

「Sweety」時代のニックネームは喬喬(チャオチャオ)でした。現在は、女優やモデル、タレントとして台湾を中心に活躍中。

第14位:ジョセリン・ワン

ジョセリン・ワン(王怡仁)さんは、台湾のテレビ局TVBSのアナウンサーから女優やモデルに転身した異色の経歴の持ち主です。

アナウンサー時代からその美貌で人気を集めており、2005年11月にアナウンサー退職後、女優やモデルとして活動する様になります。

第15位:アニー・リウ

第15位にランクインしたアニー・リウ(劉心悠)さんは、主に香港で女優やCMモデルとして活躍する美女です。

24歳まではカナダ・バンクーバーに留学し製品設計を学んでいましたが、エンタメ業界へと転身を目指し広東語をもう勉強して習得、香港での芸能界入りを果たしました。

日本では、2009年にNHKと香港のテレビ局電台 (RTHK) とが共同で制作され、二夜連続で放送されたテレビドラマ「幸福のスープはいかが?」にてヒロイン役で出演し話題となりました。

第16位:チャン・ティン

第16位のチャン・ティン(張庭)さんは、90年代の中華圏のドラマ、映画を彩った大物女優です。90年代の台湾国内にて長年にわたってCM女王の座に君臨するなど、国民的女優として人気を集めた美女です。

第17位:トレイシー・チョウ

第17位には、トレイシー・チョウ(周采詩)さんを紹介。台湾の大学輔仁大学では日本語文学科を卒業した親日家の女優です。

広告モデルとしてデビューした後に女優へも活躍の場を広げ、台湾の国内作品を中心に活躍されてきました。2009年に日本でも放送された台湾ドラマ「ホットショット」では主演を務めています。

第18位:ララ・ヴェロニン

父がロシア系アメリカ人、母が台湾人というハーフならではの美貌を持つ台湾の人気歌手として活躍したララ・ヴェロニン(梁心頤)が第18位にランクインです。

中華圏で絶大な人気を誇るミュージシャンジェイ・チョウのバンド「南拳媽媽」のメンバーだった事があり「Lara」の名前で知られています。同バンドでは作詞や作曲を担当する事もあるなど活躍しました。

第19位:リーン・ユー

第19位は、2015年、日本の大人気少女漫画「花より団子」を元に結成された台湾の大人気男性アイドルユニット「F4」のヴィック・チョウさんと結婚した事で話題になった女優リーン・ユー(喻虹淵)さんです。

10代の頃からCMやミュージックビデオを中心に活躍し、ネットを中心に人気を上昇させますが、2013年頃から女優業を休止、その後にヴィック・チョウさんと結婚。2016年には出産も発表しています。

第20位:ペニー・リン

第20位にタンクインしたのは、2000年代の台湾テレビ界で大活躍した女優でタレントのペニー・リン(林韋君)さん。落ち着いた大人の女性の雰囲気で日本国内でも密かな人気を集めていました。

第21位:エマ・ウー/グイグイ

第21位の、エマ・ウー(呉映潔)さんは「鬼鬼(グイグイ)」の愛称でも知られるキュートなアイドル系女優。

台湾のモーニング娘。とも呼ばれて人気を集めたアイドルグループ「黒Girl」の人気メンバーとしてデビューを飾り、その後女優業へ進出、成功を収めています。

2016年に一時活動休止していた音楽シーンへと再び復帰、2017年に台湾国内のミュージックアワードで新人賞を獲得するなど、再び脚光を浴びています。

第22位:モン・ガンルー

台湾の能年玲奈とも呼ばれる、モン・ガンルー(孟耿如)さんは、そのロリーターフェイスとキュートな性格で人気が爆発しています。台湾美女ランキングでは第22位にランクイン。

2015年公開の桐谷美玲さん主演の日本映画「恋する♡ヴァンパイア」ではメインキャストのひとり「みき」の役で登場し、その美少女ぶりが日本国内でも話題となりました。

第23位:イリィ

第23位にランクインしたのは、台湾国内で人気のアイドル・イリィさん。

2012年、アルバイト先で撮影したという「唐揚げの作り方」という動画が、瞬く間に100万再生を突破する大ヒットとなり、それがきっかけで日本でも人気が爆発。日本でグラビアなどで活躍する様になります。

一時、台湾に帰国して、台湾や香港などで芸能活動を行っていましたが、2017年に再び日本の芸能界に戻ってきました。今後の活躍が楽しみな台湾美女です。

第24位:アニー・チェン

第24位のアニー・チェン(陳庭妮)さんは台湾を代表する人気モデルで、女優としても活躍し日本国内でも放送されたドラマで彼女の姿を見て、ファンになった人も多数いる様です。

2007年、モデル事務所「キャットウォーク・モデルエージェンシー」が主催するモデルコンテストに参加して見事優勝を果たしデビュー、一躍人気モデルの仲間入りを果たしました。

第25位:アンバー・クォ

第25位はアンバー・クォ(郭采潔)さん。彼女は台湾では「全国民の妹」とまで言われた大人気女優です。

日本国内での知名度はまだまだ低めですが、そのショートヘアが似合うキュートなルックスを目にしてファンになってしまった方も多い様です。

アンバー・クォさんは、学歴の面でも素晴らしく、台湾の最高レベル大学「国立台北大学」を卒業されています。

第26位:ビビアン・ソン

現在、密かに日本国内でも注目を集め始めている、女優ビビアン・ソン(宋芸樺)さんは26位にランクイン。

2015年に公開され、日本でも注目集めた台湾映画「私の少女時代-OUR TIMES-」で主演を務め、キュートな演技で一部から爆発的な人気を獲得し、映画を何十回と観たという熱烈なファンもいる程です。

第27位:キミ・レン

27位にランクインしたこの黒髪が似合う美女は女優のキミ・レン(任容萱)さん。2017年には日本の人気漫画「深夜食堂」を原作とした中国映画「深夜食堂 中国版」に出演しています。

姉は台湾の人気アイドルグループ「S.H.E」のメンバーの一人セリナ・レンさんで、台湾きっての美人姉妹として知られています。

第28位:チャン・ロンロン

染谷将太さん主演で話題を集めた日中合作の映画「空海-KU-KAI-美しき王妃の謎」にて世界三大美女の一人楊貴妃役に抜擢された女優チャン・ロンロン(張榕容)さんは第28位に登場です。

父親がフランス人のハーフで、子役から台湾の芸能界で活躍し多数の作品に出演されています。

第29位:ビアンカ・バイ

第29位、ビアンカ・バイ(白惠)さんは、身長176cm、体重は50kgという抜群のスタイルを活かしてモデルとして活躍されている台湾美女。

モデルだけでなく女優としても活躍し、最優秀女優賞へのノミネート経験もあるなど実力も十分。父方の祖母が日本人のクォーターで日本ともなじみが深く、従兄弟は東京・池袋で美容師をされています。

NEXT 第30位:グオ・シューヤオ