ふせえりの現在は?活動休止?映画やドラマに多数出演?

ふせえりは、現在個性派女優として活躍しています。かつてはビシバシステムというお笑いコンビを組んでいましたが、結婚・出産を機に本格的に女優での活動にシフトします。今や夫・三木聡の監督作品にも欠かせない存在です。夫との間にいる娘のことや学歴などの話題にも迫ります。

ふせえりの現在は?活動休止?映画やドラマに多数出演?

ふせえりは、個性的な名脇役としての地位を確立していますが、現在はどのような活動をしているのでしょうか。

一時期は出演作が減り、仕事をセーブしていたこともあったようですが、現在では多数の映画やドラマなどにも出演をしているようです。

その辺りの事情を探っていきたいと思います。

ふせえりのプロフィールは?

ふせえりは1962年9月22日、東京都大田区で生まれます。3人兄弟の長女で、弟と妹がいるとのことです。

本名は布施絵理で、本名で活動していた時期もあります。身長157センチ、趣味は日曜大工とピアノとなっています。

現在は女優として活動し、個性的な演技でその実力を認められていますが、一時期はお笑いコンビ「ビシバシステム」のメンバーだったこともあります。事務所は人気お笑い芸人を多数抱える人力舎に所属しています。

2001年の出産を機に芸能活動を休止も、現在は女優として活動中!

Free-Photos / Pixabay

ふせえりは2001年に出産をしていますが、それから数年の間は子育てのため仕事を休止していたものと見られています。

そして、子育てが一旦落ち着いたと見られる2006年頃から徐々に仕事を再開し、その後コンスタントに仕事をこなしていった印象です。出産後は主に映画やドラマなど、女優としての活動が中心になっています。

2018年1月のドラマ「忘却のサチコ」では主人公の母親役を熱演

「忘却のサチコ」とは、「ビッグコミックスピリッツ」に連載中である、阿部潤の同名の漫画をドラマ化したものです。超真面目な編集者、佐々木幸子が結婚相手に式当日に逃げられたことから始まります。

“旨いもの”を味わうことで、辛かった出来事を忘れるられる法則に気付いた幸子が、ひたすら美食を求めるというストーリーです。

ふせえりは、痛手を折った幸子を時には心配しながらも応援し、優しく見守る母という役どころです。

2018年公開「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

阿部サダヲ演じる、脅威の歌声に声帯ドーピングという秘密がある世界的なロックスター・シンと、吉岡里帆演じる異様に声が小さいストリートミュージシャン・ふうかが織りなすロックコメディです。

三木聡による監督で、独自の世界を作り上げています。ふせえりは、ふうかの親戚で夫のザッパおじさんとともに吉祥寺で「13アイスクリーム」を営むデビルおばさんという役どころです。

NEXT 2019年5月公開の映画「薔薇とチューリップ」にも出演している