だるま屋ウィリー事件とは?大泉洋の事故?【水曜どうでしょう】

「だるま屋ウィリー事件」は、北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」内で、大泉洋さんを襲った原付の事故です。事故現場はサブカル好きの聖地ともなり、ローカル番組の一幕とは思えないほどの話題を呼んだ「だるま屋ウィリー事件」について紹介していきます。

だるま屋ウィリー事件とは?

mojzagrebinfo / Pixabay

だるま屋ウィリー事件とは、北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」内で、番組のレギュラー出演者であった大泉洋さんを襲った原付のウィリー事故です。

ここでは水曜どうでしょうの伝説の1つでもある、だるま屋ウィリー事件の概要を紹介していきます。

だるま屋ウィリー事件とは?「水曜どうでしょう」で起きた事件?

だるま屋ウィリー事件は、1997年の7月21日から8月19日にかけて「水曜どうでしょう」内で放送された、「原付東日本縦断ラリー」の第4夜で起こった事故です。

この日の放送で、水曜どうでしょうのレギュラーメンバーの一行は新潟県山北町(現在の村上市)におり、国道345号で信号待ちをした直後に、だるま屋ウィリー事件は発生しました。

水曜どうでしょうとは?北海道ローカルの人気番組?

yuqing0232_cn / Pixabay

「水曜どうでしょう」は、1996年から2002年までの6年間の間、北海道テレビで放送された低予算のロケ番組です。

出演者は当時まだ大学生であった大泉洋さんと放送作家の鈴井貴之さん、カメラの嬉野雅道さん、ディレクターの藤村忠寿さんの4人で、番組当初の予算は30分で数十万だったと言います。

もともと北海道内でも12%前後の視聴率を記録する人気番組でしたが、放送後にDVDが発売されると全国的に爆発的な売り上げを叩き出し、ほとんどの作品で初登場オリコン1位の記録を生みました。

被害者は水曜どうでしょうレギュラーの大泉洋?

だるま屋ウィリー事件の被害者となったのは、原付を運転していた俳優の大泉洋さんです。

現在では「探偵はBARにいる」「駆け込み女と駆け出し男」といった映画にも数多く出演し、俳優として多彩な活躍を見せている大泉洋さんですが、この当時はまだ演劇部に所属する大学生でした。

ちなみに北海道地方では人気のTV番組にレギュラー出演していた大泉洋さんですが、この頃は俳優になるつもりはなく、学生時代の思い出作りとして「水曜どうでしょう」に参加していたそうです。

その回は高視聴率?面白いと話題に?

Alexas_Fotos / Pixabay

今でこそ水曜どうでしょうの伝説回として知られるだるま屋ウィリー事件ですが、実は放送当日の視聴率はそれほど高いものではありませんでした。

放送当日、前の時間帯に放送予定であった高校野球の試合が雨により中止となった影響で、突如水曜どうでしょうは繰り上げ放送されることになったのです。

このことから見逃した視聴者も多く、1ヶ月後に再放送された時に「面白過ぎる!」と大きな話題を呼んだのでした。

NEXT だるま屋ウィリー事件の詳細は?