佐田啓二は事故死?息子・中井貴一と似ている?若い頃はイケメン? エンタメ

佐田啓二は事故死?息子・中井貴一と似ている?若い頃はイケメン?

目次

[表示]

1947年「不死鳥」で田中絹代とのラブシーンが話題に

1947年に木下恵介監督の「不死鳥」にて当時の人気女優、田中絹代さんの相手役として出演します。この映画でのラブシーンが話題になり、すぐにその名が世に知れ渡りました。

1953年「君の名は」で岸恵子と共演し人気に!

そして、佐田啓二さんの人気が確立したきっかけが1953年に岸恵子さんと共演した「君の名は」です。

「君の名は」は1952年に大人気だったラジオドラマを映画化したもので、脚本家菊田一夫さんの代表作です。また、この映画は3部作の映画で、2016年にもアニメーション映画としても大ヒットしました。

1964年8月17日、交通事故により死亡

佐田啓二さんは「君の名は」で大ブレイクした後、「喜びも悲しみも幾歳月」、「彼岸花」、「人間の条件」、「永遠の人」などとキネマ旬報にベストテンにランクインした作品にも多々主演出演。

今後大御所俳優として期待される存在でしたが、1964年8月17日に不運にも交通事故で若くしてなくなってしまいました。

佐田啓二の若い頃はイケメンだった?画像は?

佐田啓二さんは亡くなる前の30代ももちろんイケメンでしたが、若い頃はさらにイケメンだったようです。

佐田啓二の代表的な出演作品は?

佐田啓二さんは37歳までに数々の作品に出演しました。その中でも特に代表的な作品をこちらで紹介します。

映画「不死鳥」

佐田啓二さんのデビュー作「不死鳥」は、原作は川頭義郎によるものですが、それを木下恵介が脚色し監督したものです。

こちらの作品では、田中絹代さんと佐田刑事さんのキスシーンが大きな話題となりました。

物語は学生時代に知り合った男女が交際し、結婚、夫婦生活へ至るラブストーリーです。男女の熱い恋愛と、2人の愛の障害となる父親の存在。結婚し見事夫婦になりますが、その後予想外の展開へと物語は進みます。

映画「君の名は」

「君の名は」でその人気を確立した佐田啓二さんですが、こちらの映画は1953年9月15日公開され、2億5037万円もの配給収入をあげた作品です。1953年配給収入ランキングでは2位でした。

同年12月1日に第2部が公開され、第2部ではなんと3億2万円の配給収入となり、1953年配給収入ランキングでこちらの作品が1位となりました。第1部と合わせ、1年で合計5億5039億円の配給収入です。

1993年に作られた、台湾映画「多桑」ではこちらの作品の主人公が、名作である「君の名は」の第2部を主人公が見ているジーンが使用されたり、その存在は日本のみでおさまりません。

映画「あなた買います」

「あなたを買います」は、佐田啓二さんがデビューして3年後の1956年に公開された映画です。こちらでも佐田啓二さんは岸恵子さんと共演。

「あなたを買います」は映画が公開された1956年、同年に発表された小野稔さんの小説を原作とした映画です。また、キネマ旬報ベストテンにて10位を取得しました。

映画「台風騒動記」

こちらも「あなたを買います」と同様、1956年に公開された映画で、モノクロの映画で、山本薩夫さんが監督です。

「あなたを買います」の原作は杉浦明平さんの記録「台風十三号始末記」で、社会派喜劇の映画です。こちらの作品は、人災の恐ろしさを天災と比較して描いている映画です。

「あなたを買います」で佐田啓二さんは、自分の芸名の名付け親である佐野周二さんと共演しました。

映画「喜びも悲しみも幾歳月」

「喜びも悲しみも幾歳月」は、木下惠介監督の、1957年に公開された映画です。こちらは芸術祭賞を受賞した作品です。

若山彰による同名の主題歌も大ヒット。今でも昔のヒット曲として紹介されることもあるほどの作品となりました。また、映画は1986年にリメイク版も出ていて再度映画化もされています。

この映画で佐田啓二さんは高峰秀子さんや有沢正子さんと共演しました。

息子・中井貴一の人柄は?彼の経歴や学歴

息子さんである中井貴一さんは今日本の名俳優の一人として活躍されています。そんな彼ですが、どんな人生を歩み、どんな人なのでしょうか。

こちらでは佐田啓二さんの息子中井貴一さんについてまとめました。

中井貴一のプロフィール

中井貴一さんのプロフィールは下記の通りです。

  • 生年月日:1961年9月18日
  • 職業:俳優、歌手
  • 出身:東京都世田谷区
  • 身長:181cm
  • 血液型:A型
  • 所属事務所:オフィス貴貴

中井貴一の学歴は?

中井貴一さんは、成蹊中学・高等学校卒業後、成蹊大学経済学部を卒業しました。

中井貴一の出演作品一覧

中井貴一さんの代表の出演作品はこちらです。

  • 連合艦隊
  • ふぞろいの林檎たち
  • ビルマの竪琴
  • 最後から二番目の恋
  • Age,35 恋しくて
  • 武田信玄

父・佐田啓二への想い

前述したように、中井貴一さんは父である佐田啓二さんのことを尊敬し、結婚は佐田啓二さんの年齢を過ぎるまでしないと決めていました。

中井貴一さんは父親を超えることができないと語っていて、かなり啓二さんを尊敬しています。さらに、アンティーク時計が好きで、啓二さんの時計も複数持っているそうです。

また、父親が大スターだったため、比較されることが多く、なんども心が折れそうな気持ちになり、辛い思いもしたことがあったそうです。

中井貴一の交友関係

中井貴一さんは、俳優ではよく共演している石坂浩二さん、同年代の真田広之さん、佐藤浩市などと親交が深いそうです。また、とんねるずの木梨憲武さんや笑福亭鶴瓶といったお笑いの大御所とも仲が良いです。

さらに、アイドルの木村拓哉、松本潤とも仲が良く、芸能業界での交友関係は幅広いようです。

また、芸能関係ではない交友関係では、出身校成蹊大学の先輩安倍晋三首相とも交流があるそうで、津川雅彦さんとともに会食もしているそうです。

中井貴一は人前に出るのが苦手?

中井貴一さんはもともと赤面症で俳優になりたいとは思ってもいなかったそうです。

しかし、父である佐田啓二さんの17回忌にて映画監督である松林宗恵さんにスカウトされ、1981年公開の「連合艦隊」にてデビューし、本格的に俳優として活動を始めました。

この作品で中井貴一さんは日本アカデミー賞新人俳優賞を獲得しました。

中井貴一はイタズラ好き?

中井貴一さんは鶴瓶さんと仲が良く、一度サプライズで鶴瓶さんを脅したことがあったそうです。鶴瓶さんは突然のことで本当に怯えたと語っていました。

意外にも中井さんはイタズラ好きの一面があるのかもしれません。

中井貴一は短気?

「オーラの泉」にて中井貴一さんは、自身の短所は短気なところであると述べたようです。例として、お腹が空くと機嫌が悪くなるといった点があるそうです。

また、もともとポーカーフェイスなのか、普通の顔をしていても人から怒ってると思われてしまうことがたまにあるそうです。

中井貴一は真面目で責任感が強い?

父親の佐田啓二さんの年齢になるまで結婚しないと決めていたり、もともと赤面症なのに俳優に挑戦したりと、真面目な一面が様々なエピソードから垣間見れる貴一さんですが、責任感も強いのではないでしょうか。

父を幼くして亡くし、姉はいたものの、家族で男一人だったため、長男の自分が家族を支えなければならないと思い、育ってきたそうです。この考え方からかなり責任感が強い性格と考えられます。

佐田啓二の息子・中井貴一の今後に期待!

佐田啓二さんは、37歳という若さで家族を残し、他界してしまいました。彼の死は今でも惜しまれていて、芸能界の歴史として残っています。

そんな彼の息子の中井貴一さんは佐田啓二さんによく似ているとも言われていて、数々の名作に出演。今人気の日本の名俳優の1人です。

中井貴一さんは、佐田啓二さんを一生超えることができないと語っていますが、今後どんどん味が出て、さらに素晴らしい俳優になり視聴者を魅了するであろう中井貴一さんの今後に期待です。

中井貴一さんに関する記事はこちら

2/2