岡本信人の現在は?雑草食い俳優としてブレイク?死亡説も? エンタメ

岡本信人の現在は?雑草食い俳優としてブレイク?死亡説も?

目次

[表示]

以前にも死亡説が流れたことがある?

geralt / Pixabay

どうやら上記の死亡説の前から、岡本信人には死亡説が囁かれていたようです。

それが冒頭でも紹介した通り、事務所との関係です。事務所が廃業して仕事がなくなり、収入がゼロになってしまったことで、死亡説が浮上したようです。

雑草食いが原因で変死したとの噂も?

manfredrichter / Pixabay

そしてさらに死亡説として囁かれる理由が雑草にもあるという噂があるようです。

雑草を食べ過ぎて、変死してしまったのではないかとネットで話題になっています。

もちろんこれは嘘ですが、それだけメディアの出演が少ないことがわかります。

岡本信人は糖尿病体質?

geralt / Pixabay

岡本信人は、糖尿病なのではないかという噂も出ています。果たしてそれは本当なのでしょうか。

これは岡本信人が医療番組に出演された際に発覚したようなのですが、岡本信人は血液ドッグを受け、その結果から糖尿病が発病していることがわかったそうです。

また岡本信人の体は元々糖尿病体質らしく、遺伝でもあるようなのでインスリンが出にくいそうです。その後は、食生活を見直しなどを求められたようです。

2018年8月22日、「徹子の部屋」では元気な姿を見せた

一時期は死亡説も浮上した岡本信人ですが、久しぶりにテレビ出演を果たしました。それが黒柳徹子が司会を務める長寿番組「徹子の部屋」です。

番組内では、岡本信人の生い立ちや雑草の話、さらに現在ではヴォーカリズムにハマっているなど元気な姿を見ることができます。

岡本信人の久しぶりのテレビ出演に対して、岡本信人の存在確認をする視聴者が多かったようです。

岡本信人の経歴は?

mohamed_hassan / Pixabay

岡本信人はいったいどんな生い立ちだったのでしょうか。詳しくみていきたいと思います。

山口県岩国市出身?

岡本信人の出身地は、山口県岩国市です。岩国市は、山口県の最東部に位置する市で、人口は約13万人で、山口県内では比較的大きな街です。

岩国市は、錦川周辺にある錦帯橋と岩国城山が観光スポットとして人気が高く、毎年多くの観光客が訪れている街でもあります。

さらに近年では、市内にある岩国基地でのオスプレイ配属などで多くメディアが多く取り上がるなどして有名にもなった基地があります。

中学生2年生の時劇団「ひまわり」に入団

geralt / Pixabay

岡本信人は、中学2年生のときに劇団ひまわりに入団します。劇団ひまわりは、プロとして活躍する劇団出身者が所属する芸能プロダクションです。

岡本信人以外にも俳優やタレントが多く所属していたことがあり、俳優では渡辺謙や柳葉敏郎、タレントは南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代がかつて所属しています。

現在も多くの俳優・タレントが所属しており、こども店長などで有名となった加藤清史郎や、人気声優として活躍している宮野真守が所属しています。

1962年、NHKドラマ「福沢諭吉」で子役デビュー

makamuki0 / Pixabay

岡本信人が初めて俳優としてデビューしたのは、1962年にNHKで放送されたドラマ「福沢諭吉」です。当時14歳だった岡本信人は子役としてデビューを果たしました。

1968年、ドラマ「肝っ玉かあさん」出演

岡本信人が20歳になったとき、石井ふく子がプロデュースを行うドラマ「肝っ玉かあさん」に出演します。このドラマは視聴率30%という高視聴率を叩き出しました。

以降石井ふく子、橋田壽賀子作品の常連に

岡本信人は「肝っ玉かあさん」を気に、石井がプロデュースする作品の名脇役として活躍することになります。

石井は主にTBSのドラマをプロデュースしていたので、岡本信人はTBSの名脇役とあだ名がつくこともありました。

1970年、東海大学を卒業

mamir_k94 / Pixabay

岡本信人は、1970年に東海大学第二工学部建築学科を卒業します。高校は、駒場学園高等学校に入学していました。ちなみ、劇団ひまわりは、高校卒業と共に退団しています。

1993年、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」スタート

岡本信人が出演されたドラマの中に特に人気があるのが、「渡る世間は鬼ばかり」なのではないでしょうか。こちらも石井ふく子作品で、現在も続く人気ドラマです。

岡本信人はこのドラマでも名脇役を演じています。演じるのは、田島周平。「幸楽」の従業員で、中島唱子が演じる聖子の夫役として抜擢されています。

1998年、著書「道草を喰う‐素朴で美味しい野草の話」出版

Comfreak / Pixabay

そして岡本信人は、自分の趣味でもある雑草を食べることについて、本を出版します。こちらは先ほども紹介しましたが、amazonなどで現在も販売されています。

雑草を食べるということがあまり一般の方には想像もつきませんが、この本をみて、実際に雑草を口にしてみた人は多いようです。

2000年、雑草食いが注目され「ザ・会議室」で取り上げられる

RonPorter / Pixabay

岡本信人が雑草を食べるというのが話題になったのは、2000年から2001年までに放送されたフジテレビの深夜番組「ザ・会議室」でした。

同番組に出演していたみうらじゅんが、雑草を食べるのが趣味だという男がいると岡本信人を取り上げたことがきっかけで、岡本信人が雑草を食べているというキャラが確立していったようです。

ナニコレ珍百景で準レギュラーとして出演

岡本信人と言えば、ナニコレ珍百景という考える方も多いのではないでしょうか。岡本は、「ザ・会議室」という番組に出演以降、様々な番組で雑草を食う男として出演を果たしました。

その番組の1つとしてナニコレ珍百景があります。この番組では準レギュラーとして雑草の話題になると必ず出演をしていました。

著書「岡本信人の野草の楽しみ方」を出版

さらに岡本信人は、「岡本信人の野草の楽しみ方」(ブティックムック)という本を出版しています。

こちらの本は、道端で生えている野草などを観察したりして楽しむときのコツやポイントなどが掲載されています。

また野草の育て方や食べることで健康なれる秘訣といった岡本信人が考える野草の魅力がこの本には掲載されているようです。

現在も俳優やタレントとして活動中

岡本信人は、ここ最近は俳優やタレントなどの活動をされていないのでしょうか。どうやらそのようなことはなく、現在も俳優やタレントとして活躍されています。

昨年は、徹子の部屋に出演されたり、ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に出演したりもしています。また仰天ニュースにもゲストとして出演されています。

最近ではBSで放送された「TVチャンピオン」の番組で野草山菜マニア決定戦というコーナーでゲストとして出演されています。

岡本信人の主な出演作品は?

JosepMonter / Pixabay

岡本信人は今まで、どんな番組に出演してきたのでしょうか。見ていきたいと思います。

ドラマ「ありがとう」シリーズ

1970年から1975年に放送された人気ドラマ「ありがとう」に岡本信人は出演しています。ドラマ「ありがとう」はシリーズ化され、第1シリーズから第4シリーズまで放送されました。

岡本信人はシリーズごとで役が異なりますが、全てのシリーズで出演をしています。こちらのドラマも石井ふく子のプロデュース作品として岡本信人の信頼が高いことがわかります。

ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」

最近のドラマ出演の1つとしては、昨年話題を呼んだドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」に岡本信人が出演をしています。

岡本信人は最終話に登場する朝倉診療所の医師である朝倉郁夫を演じています。

医師を演じていることから、白衣姿の岡本信人をみて、渡鬼に出てくる幸楽の従業員みたいと懐かしく思う視聴者も多くいるようです。

ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」

何度も紹介した通り、岡本信人の代表作でもある「渡る世間は鬼ばかり」。このドラマは、石井ふく子プロデュース・橋田壽賀子脚本の昭和のドラマ制作の名コンビによる代表作でもあります。

岡本信人は、橋田(石井)ファミリーの一員として2人が制作するドラマに数多く出演しています。渡鬼では、岡本信人は田島周平役として1993年の第2シリーズから2016年の特別編まで出演しています。

ドラマ「ふぞろいの林檎たちII」

「ふぞろいの林檎たち」は1983年から97年まで放送された中井貴一主演のドラマです。

このドラマは、学歴差別などを題材にした内容で話題となりました。さらに主題歌はサザンオールスターズの「いとしのエリー」が起用されるなど主題歌も話題になりました。

ドラマはシリーズ化され、岡本信人は第2期に出演をし、正宮課長を演じています。

映画「吾輩は猫である」

夏目漱石の「吾輩は猫である」を原作とした映画が、市川崑監督で1975年に公開されました。岡本信人は、猫の飼い主である珍野苦沙弥のことを先生と呼んでいる水島寒月を演じています。

映画「釣りバカ日誌13」

sasint / Pixabay

西田敏行主演の人気ドラマを映画化した「釣りバカ日誌13」(2002年公開)の映画に、岡本信人が出演しています。岡本信人は、黒部天狗堂の部長である浅利真三郎を演じています。

バラエティー「ナニコレ珍百景」

ナニコレ珍百景は、ネプチューンが司会を務めるバラエティー番組です。岡本信人は、番組の準レギュラーとして出演をしていました。

雑草を食う男として有名になった岡本信人は、番組内で不思議な野草や植物の珍百景が登場すると必ず出演し、紹介された野草などを口にしても大丈夫な場合は天ぷらにして食べることがよくありました。

ナニコレ珍百景は、若い人から人気があった番組だったことから、野草を食べる姿をみて岡本を知ったという若い視聴者が多いようです。

バラエティー「スカッとジャパン」

内村光良が司会を務めるバラエティー番組「スカッとジャパン」に岡本信人が出演したことがあります。

スカッとジャパンは、世の中の(あなたの)ムカッとをスカッとに変えるというテーマの番組で、岡本信人は、2015年9月28日の回に出演しています。

「ラーメンうんちく野郎」という話で、岡本信人は野草を食べる役として出演しています。

バラエティー「徹子の部屋」

黒柳徹子が司会を務める長寿番組「徹子の部屋」に岡本信人が昨年8月22日の回に出演しています。徹子の部屋に出演するのは4回目のことらしいです。

昨年の回では、岡本信人の経歴を振り返ったり、親交の深い芸能人の話、最近ハマっていることや、さらに孫の話などプライベートのことまで黒柳と会話をしているようです。

今回が4回目の出演だったようですが、初めて出演されたの31979年だそうです。今回の回では、初登場の映像が流れ、2人で当時のことを振り返っている様子がありました。

人形劇「三国志」曹操役

NHKで1982年から84年まで放送された人形劇「三国志」に岡本信人が出演しています。この作品は、三国志演義を元に魏、呉、蜀三国の興亡を描いた作品となっているようです。

岡本信人は、曹操、董卓、周瑜、陸遜、伊籍、魏延、関平、曹叡といった数々に重要人物を演じています。

また、この作品は島田紳助や松本竜介が作品の司会を担当したり、人形の声を専門の声優が行うのではなく俳優が声を担当するといったことから話題になった作品でもあります。

岡本信人の夢は建築家だった?

3844328 / Pixabay

現在岡本信人は、俳優やタレントとして活躍していましたが、子供時代の夢は、建築家になることが夢だったようです。それは岡本信人の父親に影響されていたからだといいます。

NEXT:岡本の父親が建築家だった?
2/3