愛華みれは、病気を乗り越えて結婚!夫や子供は?現在は太った?

元宝塚歌劇団花組男役のトップスター愛華みれさんは、その後テレビや舞台で活躍する女優へと転身しました。悪性リンパ腫が見つかり治療に専念した後、復帰を果たしました。宝塚時代や現在の愛華みれさんの活動、結婚や子供、愛車や財布に関する噂についてまとめました。

愛華みれは病気?結婚後、夫とともに悪性リンパ腫を克服?

geralt / Pixabay

宝塚歌劇団で花組でトップ男役に上りつめ人気を博した愛華みれさんは、現在もテレビや舞台で活躍されています。

宝塚歌劇団を退団後女優へと転身し、精力的に活動していた最中病魔に襲われましたが治療の甲斐もあり芸能活動を再開し現在に至ります。

そんな愛華みれさんの病気や結婚・旦那さんとのエピソードなど、簡単なプロフィールと併せてご紹介します。

今の年齢は?愛華みれのプロフィール

Javiermirapeidro / Pixabay

  • 本  名:森田裕子(もりたひろこ)
  • 生年月日:1964年11月29日
  • 出身地 :鹿児島県南大隅町(旧:根占町)
  • 身  長:168cm
  • 血液型 :O型
  • 特技  :書道
  • 資格  :剣道二段、華道初段

愛華みれさんは現在54歳。今年の誕生日を迎えると55歳になります。

特技や資格には「書道・華道・剣道」が並び、武道・芸道を嗜んできたことがわかります。

2009年にスポーツ治療院を運営する男性と結婚

debowscyfoto / Pixabay

愛華みれさんは2009年に都内でスポーツ治療院を運営する10歳年下の男性と結婚しています。

入籍は「1並び」の1月1日1時1分にされたそうです。また1月1日は、愛華みれさんのお母様の誕生日でもあるそうです。「元旦・母の誕生日・自身の入籍日」、愛華さんにとってとても特別で幸せな一日ですね。

二人の馴れ初めは?

scottwebb / Pixabay

愛華みれさんと旦那さんは、愛華みれさんが宝塚歌劇団に在籍していた頃からの知り合いだったそうです。

2008年1月に旦那さんからプロポーズされたことがきっかけで交際を開始したようです。

2008年に悪性リンパ腫が見つかる!

交際を開始して間もない2008年2月に、鎖骨付近にゴルフボール大のしこりをみつけた愛華みれさん。しかし痛みもなかったため気にしなかったそうです。

翌日、当時婚約者だった旦那さんの両親と愛華さんの兄姉が会うため、鹿児島から上京していた兄にしこりを見せた際、兄は青ざめ愛華さんに病院に行くことを強く勧めます。

紹介された専門病院で検査を受け、医師から「悪性リンパ腫で血液のがん。ステージは2~3」だと宣告を受けました。

愛華みれは旦那のプロポーズを断った?

Catkin / Pixabay

結婚を前提に交際を開始した愛華みれさんと旦那さんでしたが、自身が血液のがんを患ったことやがん治療のせいで相手に迷惑をかけていると、愛華さんは思い悩んだそうです。

愛華さんは旦那さんに対し『健康な人との将来を考えた方が良い』と思い、一度はプロポーズを断ったと言います。

しかし旦那さんの考えは全く逆でした。『僕がいないといけない、一緒に戦いましょう』と言って、愛華さんを側で支えてくれたのです。

献身的な彼のおかげで病気を克服、結婚へ

MabelAmber / Pixabay

当時、舞台の公演を控え、治療に踏み切れずにいた愛華みれさんでしたが、意を決し舞台を降板します。そして2008年4月から治療を開始。仕事は活動休止し治療に専念します。

抗がん剤治療と併せ放射線治療を行い、放射線治療に関しては26回にも及んだそうです。抗がん剤の副作用や先が見えないがんとの闘いは、心身的負担が相当大きかったそうです。

スポーツマッサージの施術を含め旦那さんが献身的に寄り添ってくれたことで見事にがんを克服した愛華みれさん。翌年の元旦に、支えてくれた旦那さんと入籍しました。

闘病に関する本も出版している

bzak / Pixabay

約5か月間の治療で舞台に復帰した愛華みれさん。その闘病生活は想像を絶するほど辛く苦しい日々の連続だったそうです。

愛華さんは、しこりを発見したときから治療を終え舞台に復帰するまでの半年間を一冊の本まとめ出版しています。

2010年5月発売の『てげてげ「良い加減」なガンとの付き合い方』には、旦那さんと二人三脚で歩んだ日々と闘病生活、その間に起こった様々な出来事が記されています。

現在、配偶者との間に子供はいない

maguibekes / Pixabay

病気を乗り越えて結婚した愛華みれさんと旦那さんは、今年で結婚10年目を迎えています。苦難を乗り越えたお二人の絆はとても深いものなのでしょうね。

がん治療を終えて以降、6年検査を続けた末『寛解』の結果を受けた愛華さん。がんを克服した愛華さんは現在子供はいるのでしょうか。

調べたところ、愛華さんの子供の情報は特にありませんでした。妊娠したという情報もないことを考えると、愛華さんには子供はいないようです。

愛華みれの現在は?活動・出演情報は?

がんに打ち勝ち、愛する人と結婚。仕事にも見事に復帰された愛華みれさん。舞台への出演や本の執筆など、復帰後も精力的に活動されているようです。

とてもパワフルでハートフルな愛華さんの現在の活動や出演情報についてみていきましょう。

愛華みれは、現在もテレビやドラマ・映画などで活躍している

StockSnap / Pixabay

持ち前の根性で悪性リンパ腫を克服し、見事寛解の結果を受けた愛華みれさんは現在もテレビやドラマ、映画などに出演し活躍されています。

現在の出演番組・出演作品情報については、インターネットで調べると情報が掲載されていますので、気になる方はチェックしてみてください。

「じゅん散歩ものコンシェルジュ」にレギュラー出演中

愛華みれさんは現在、テレビ朝日で放送されている「じゅん散歩」の中の通信販売コーナー『ものコンシェルジュ』のMCとしてレギュラー出演しています。

このコーナーは番組がおすすめする商品を主に販売しています。高田純次さんがプロデュースしたバッグや靴などもこのコーナーで販売となりました。

関東のローカルのみで「ものコンシェルジュ」の派生番組である『特選!ものコンシェルジュ』も放送中で、愛華さんはこちらの番組でもMCを担当しています。

2019年3月公開の映画「きばいやんせ!私」にも

愛華みれさんは、2019年3月9日に公開された映画「きばいやんせ!私」にも出演されています。

愛華みれさんが生まれ育った鹿児島県南大隅町を舞台としたコメディー映画で、愛華さんは南大隅町で食堂を営む女店主役を演じています。

愛華みれが太って、おばちゃん化?

ネットで愛華みれさんについて検索すると必ずといえるほど「太った・おばさん化」というワードが出てきます。

宝塚歌劇団時代は若くてスレンダーだったので、その印象が強いことで現在の愛華さんを太ったと感じてしまう人も多いのかもしれません。

今年55歳になることを考えると、加齢による新陳代謝の低下は当然でしょう。若い頃よりふっくらしていますが、その分柔らかい雰囲気が出て女性らしさを感じます。

太ったのは病気の治療のせいだった?

jarmoluk / Pixabay

愛華みれさんが太ってしまった理由について本人が語ったことはないようですが、ネット上では闘病中の抗がん剤治療による副作用が理由ではないかといわれています。

しかし抗がん剤の副作用で太ったという人はあまりいないのではないでしょうか。吐き気や食欲不振のため食事が思うようにとれないことの方が多いようです。

ただ、愛華さんは病気に打ち勝つために根性でご飯を食べたと語っています。そして女優に転身してから長年便秘症だと打ち明けているのでそれが理由なのかもしれません。

愛華みれが「おぎやはぎの愛車遍歴」に登場して話題に?

JOERG-DESIGN / Pixabay

愛華みれさんがBSテレビで放送されている、芸人おぎやはぎの冠番組「おぎやはぎの愛車遍歴」に出演し、自身のこれまでの愛車を紹介したことが話題となりました。

「車はパートナー」と語った愛華みれさんの【車愛】とは一体どのようなものなのでしょう。

2019年1月26日、「おぎやはぎの愛車遍歴」に登場

PhotoMIX-Company / Pixabay

愛華みれさんは、2019年1月26日放送の「おぎやはぎの愛車遍歴」にゲスト出演し、現在乗っているトヨタのランドクルーザーで華麗に登場しました。

この番組は、ゲストが自身の人生の中で乗ってきた車を紹介するとともに、その人生を振り返るトークバラエティです。

ゲストが過去に乗っていた車は番組が用意するということで、数十年前の希少性の高い車が登場するなど、車好きにはたまらない番組となっています。

財布を出すことのない生活をしてきた愛華みれが歴代愛車を紹介

Pexels / Pixabay

宝塚歌劇団に在籍中に免許を取得したという愛華みれさん。当時は宝塚歌劇団の娘役を車に乗せてドライブすることもよくあったそうです。

愛華さんが初めて購入したのは、25歳の時に買ったトヨタスープラ、2台目は37歳の時にトヨタマークⅡ。以降、国産車と外車を交互にの乗り換えています。

宝塚時代はお金に対してとても無頓着だったようです。給料の管理は母親任せ、自身の買い物などは「顔パス」「ツケ」ばかりで財布を出すことのない生活をしていたそうです。

愛華みれはブログやSNSをしている?

472301 / Pixabay

愛華みれさんは現在もテレビや舞台、映画などで活動されていますが、ブログやSNSは活用しているのでしょうか。

オフィシャルブログ「愛華日記」がある

Sophieja23 / Pixabay

愛華みれさんは現在、アメーバブログにてオフィシャルブログ「愛華日記」を開設しています。

更新回数はその月ごとに変動はありますが、毎月コンスタンスにブログを更新されているようです。

また、愛華さんのテレビや映画などの出演情報やOA情報に関しても、ブログのトップ画面に記載されていますので簡単にチェック出来ます。

インスタでも愛華みれのオフショットが見れる

ijmaki / Pixabay

愛華みれさんは今年のお正月からインスタグラムを始めたようです。

愛華さんのオフショットや愛犬ここるの画像など、プライベートショットが多くありますのでファンの方にとっては嬉しい限りですね。

FacebookやTwitterはしていない

愛華みれさんはFacebookやTwitterは使用していないようです。SNSに関してはインスタグラムのみで情報を発信していることになります。

若い頃からかわいい!愛華みれの宝塚時代の様子や映像・画像集

qimono / Pixabay

宝塚歌劇団を退団し、女優に転身してからも可愛い・綺麗だと言われてきた愛華みれさんですが、男役をしていた宝塚時代も可愛かったようです。

ここでは愛華さんの宝塚時代の様子を映像や画像とともに振り返ってみます。

宝塚時代の愛華みれの画像は?愛称は?

宝塚時代の愛華みれさんは愛称が「タモさん」でした。未だに宝塚時代の仲間やファンの間ではタモさんと呼ばれているようです。

愛華さんの本名が『森田裕子』なので「森田=タモリさん=タモさん」と、愛称の由来は芸能人のタモリさんからきているそうです。

当時の愛華みれさんは細身でスレンダーです。宝塚メイクを施すと可愛らしい顔つきも、しっかりとした男性の顔になってしまうものなのですね。

1998年「Xmas Special聖夜物語」での大階段のシーン

1998年の「Xmas special聖夜物語」では、花組と宙組のトップスターとトップ娘役の大階段シーンが話題となりました。

宙組は1998年に創設されたばかりの新しい組で、宙組の初代トップスターは姿月あさとさん、トップ娘役は花總まりさんが務めています。

花組のトップスターは愛華みれさん、トップ娘役は大鳥れいさんです。愛華さんの歌唱力の凄さがわかりますね!

愛華みれ最終公演中の春野寿美礼・瀬奈じゅんとの対談

2001年に宝塚歌劇団を退団した愛華みれさんは、自身の最終公演の最中に後輩である春野寿美礼さんと瀬奈じゅんさんとの対談をしています。

因みに、当時男役として在籍していた春野寿美礼さんも2002年からの5年間、花組トップスターとして君臨しました。

瀬奈じゅんさんも花組に在籍していましたが、月組のトップスターに内定が決まり2004年の年末に月組に組替えした後、2005年よりトップスターとして活躍しました。

今も美しい!2018年「宝塚BOYS」出演時のコメント映像

こちらの動画は、愛華みれさんが2018年8月に公演された「宝塚BOYS」に出演した際のコメント映像です。

この作品は、実際に宝塚歌劇団に男子部が存在していた終戦直後の9年間の「宝塚男子部」を基に描かれた作品です。

愛華さんは、男子部に在籍していた男たちの寮母役として、この舞台では紅一点で出演しています。現在もとてもお美しいですよね。

「大鳥れいの”Always宝塚”」で宝塚愛を語る愛華みれ

愛華みれさんは、2019年3月11日放送のラジオ番組「大鳥れいのAlways宝塚」にゲスト出演しました。

宝塚時代、愛華さんの相手役として花組トップ娘役を務めた大鳥れいさんとのトークで「宝塚愛」を熱く語った愛華さん。

やはり同じ時代を共に過ごした仲間といることで当時の記憶が鮮明に蘇えり、心も熱くなってしまうのでしょうね。

愛華みれが宝塚を引退した理由は?

2001年2月14日に宝塚を退団することを発表した愛華みれさん。この日を選んだのは、「バレンタインデーは女性から告白して良い日だったから」だと言います。

1998年に花組トップスターとなって以降「退団」のことは頭の隅にずっとあったそうです。『あさきゆめみし』の光源氏の役が決まった時に退団を決意したそうです。

しかし『ルートヴィヒⅡ世』の公演予定を聞き退団発表は先送りした愛華さんは「全力をだしきった」ことが宝塚退団の理由だと語っています。

愛華みれの経歴

geralt / Pixabay

宝塚歌劇団花組トップスターとして、圧倒的な歌唱力をもってファンを魅了した愛華みれさん。

宝塚歌劇団に入団してから退団に至るまでの代表作など、愛華さんの経歴についてみていきたいと思います。

1985年、宝塚歌劇団に入団

hirobi / Pixabay

1985年、宝塚歌劇団に入団した愛華みれさん。配属は、宝塚歌劇団創立当初からある『花組』に配属されました。

宝塚音楽学校に在籍当時は劣等生だったそうですが、のちにトップスターとなる愛華さんを含めた『花の71期』は同時期に5組中4組でトップを輩出しています。

NEXT 「愛あれば命は永遠に」で初舞台を踏む