愛の妖精ぷりんてぃんとは?検索してはいけないサイト?現在は? エンタメ

愛の妖精ぷりんてぃんとは?検索してはいけないサイト?現在は?

ネットが流行りだした頃に流行りだしたのが「愛の妖精ぷりんてぃん」と呼ばれる伝説のwebサイトです。怖いサイトや検索してはいけないサイトとして有名になっていますが、本当はどうなのでしょう。今回は「愛の妖精ぷりんてぃん」やキャラクターを調べてみました。

目次

[表示]

愛の妖精ぷりんてぃんとは?ネットで話題のキャラクター?

Alexas_Fotos / Pixabay

未女子日女(みめこひめ)という方が作ったという、伝説のwebサイト「愛の妖精ぷりんてぃん」。そこに含まれる多くの謎を検証します。

愛の妖精ぷりんてぃんは、未女子日女が創作したキャラクター?

「愛の妖精ぷりんてぃん」は未女子日女が創作したキャラクターで、その特徴的なキャラクターが話題となり、webサイトはいわゆる「祭り」状態になりました。それではそんなキャラクターなのでしょうか?

愛の妖精ぷりんてぃんはどんなキャラクターなの?画像は?

「ぷりんてぃん」とはハートが2つくっついた形をしており、心同士が結びついた時に生まれるみんなの心に存在する、愛の妖精という設定のキャラクターです。

「愛の妖精ぷりんてぃん」は、この「ぷりんてぃん」というオリジナルキャラクターをメインとしたwebサイトなのです。元々は自分の子供を寝かしつけるための創作話に登場するキャラクターだったそうです。

愛の妖精ぷりんてぃんを考えた未女子日女とは?

未女子日女はぷりんてぃんママと呼ばれ、ニコニコ動画で週刊ぷりんてぃんという動画を配信してみんなに愛を振りまいています。視聴者をエンジェルと呼んでいることからもその様子が伺えますね。

愛の妖精ぷりんてぃんのサイトがある?

「愛の妖精ぷりんてぃん」の公式サイトはまだ存在しています。令和になってからサイトをリニューアルして新しいサイトになっています。

しかしリニューアル後はネットの最新情報サイトになっていました。「愛の妖精ぷりんてぃん」のコンテンツは存在しますが、ほとんどが情報サイトになっています。

愛の妖精ぷりんてぃんのサイトが話題!検索してはいけない?

Candiix / Pixabay

ネットで祭りになるほどの人気を博していたのに、なぜ検索してはいけないサイトと呼ばれているのでしょう?その謎について調べてみました。

愛の妖精ぷりんてぃんの公式ホームページがネットで話題に

7000920 / Pixabay

なぜ「愛の妖精ぷりんてぃん」のサイトはネットで話題になったのでしょう?昔のwebサイトを見てみるとその理由がよくわかります。インパクトが大きいのです。

話題の理由は?①:未女子日女の顔写真や肉声が流れる衝撃的なページ構成

サイトのトップページから衝撃的です。未女子日女の顔写真が大きく載せられ、BGMには未女子日女の肉声が流れるという仕様になっています。

そして周りに散りばめれられた「愛の妖精ぷりんてぃん」の数々は、さらにインパクトを強めています。

話題の理由は?②:破格の値段!愛の妖精ぷりんてぃんお守り

更に衝撃的なのが「ぷりんてぃんお守り愛のネックレス」のお値段です。フェルト製のお守りなのですが、値段がとても高かったために抗議が殺到したそうです。正確な値段は調べても出てきませんでした。

愛の妖精ぷりんてぃんのお守りは無料で配布されるように

starbright / Pixabay

たくさんの抗議があったためか、「愛の妖精ぷりんてぃんお守り」は無料で配布されるようになったようです。サイトには型紙付きのぷりんてぃんマスコットを作ろう、というコーナーがあったりと自由に作れます。

ただ、マグカップやTシャツなど未女子日女の書いた絵が印刷された作品は、販売されているようです。

愛の妖精ぷりんてぃんのサイトは現在でも更新されている?

旧サイトは更新がストップしているようですが、リニューアルオープンしたサイトは更新を続けているようです。ただ「愛の妖精ぷりんてぃん」はコーナーの一部になってしまったのであまり更新がないようです。

愛の妖精ぷりんてぃんは「検索してはいけない」?怖いサイト?

darksouls1 / Pixabay

「愛の妖精ぷりんてぃん」は検索してはいけないサイトや怖いサイトとして有名になってしまいましたが、サイトはそのことを利用しているフシがあります。

特にニコニコ動画に進出してからは、サイト上に「見るとハマっちゃうかも」や「検索してはいけない不思議なサイトにようこそ!」と書いてあります。知名度を逆手に取っていますね。

「電波なサイト」ではありますが、決して検索してはいけないサイトでも怖いサイトでもありませんので、ご安心ください。ただひたすら重いという事は頭に入れておいてください。

愛の妖精ぷりんてぃんについて、その他の詳しい情報は?

「愛の妖精ぷりんてぃん」のサイトはどうやって生まれたのか?誰が作っているのかなど、他に気になる情報を調べてまとめてみました。

愛の妖精ぷりんてぃんのサイトは、未女子日女の3人の息子が作成?

「愛の妖精ぷりんてぃん」のwebサイトは未女子日女の3人の息子が製作したもののようです。元々3人の為に作られたキャラクターなのでそれを利用して作られました。

愛の妖精ぷりんてぃんのサイトは、ソースコードに仕掛けがある?

「愛の妖精ぷりんてぃん」のサイトには、ソースコードにも仕掛けがあります。よく見ると冒頭にはジョジョの奇妙な冒険のアスキーアートが書いてあります。さらにその下にはぷりんてぃんの姿があります。

中々ソースコードまで見る人は少ないと思うのですが、見る人のためにそこまで手が込んでいるのは凄いですね。

サイトでは、ニュースのキュレーションサービスも?

キュレーションサービスとは情報をまとめ、サービスを共有することの総称です。まとめサイトなどがその一例ですね。

「愛の妖精ぷりんてぃん」のサイトはなんと、ニュースのキュレーションサービスを行っているのです。海外ニュースから2chまで充実したラインナップです。

「ぷりんてぃん」とは関係ありませんが何年も前から行っていたそうなので、時代の最先端やトレンドを抑えていたのですね。

愛の妖精ぷりんてぃんを運営していたのは埼玉の企業?

DLKR / Pixabay

「愛の妖精ぷりんてぃん」のサイトを運営していたのは、「ジーズオフィス あまてらす」という埼玉の企業です。代表者名を見ると未女子日女の3人の息子の1人のようです。

「愛の妖精ぷりんてぃん」=「個人経営の電波なサイト」と思われがちですが、きちんと会社が経営を行っていたようです。更新は止まっていますが、サイトはちゃんと残っています。

2000年の初頭からキャラクタービジネスを展開するなんて、時代の最先端を行っていたんですね。

愛の妖精ぷりんてぃんの親サイト「たかまがはらねっとランド」とは?

「たかまがはらねっとランド」とはリニューアルオープンした「愛の妖精ぷりんてぃん」の親サイトに当たります。「愛の妖精ぷりんてぃん」はこのサイトのコンテンツの1つになっています。

基本的にはキュレーションサービスサイトになっていて、ジャンルも豊富に取り揃えてあります。ただサイトの作成や運営はぷりんてぃんラボ2016となっており、先ほどの会社の名前は出てきません。

「ぷりんてぃん」を好きな有志で作られているそうですが、「ジーズオフィス あまてらす」はどうなったのでしょうか?調べましたが詳しい内容は出てきませんでした。

キャラクタービジネスがすごい?スタンプやTwitter、動画も配信中?

skeeze / Pixabay

「愛の妖精ぷりんてぃん」のサイトで売っていた「ぷりんてぃん愛のペンダント」は無料配布になりましたが、このコンテンツはほかのキャラクタービジネスが凄いんです。

LINEのスタンプやマグカップやトレーナー、Twitterも開設しています。ニコニコ動画やYouTubeでは動画の配信まで行っているのです。

更に書籍も販売しているということで、これらのキャラクタービジネスについて詳しく調べてみました。

愛の妖精ぷりんてぃんのLINEスタンプが存在する!

「愛の妖精ぷりんてぃん」はLINEのスタンプとして販売されています。しかも今は第2弾まで発売されているのです。さまざまな「ぷりんてぃん」の姿を見ることができます。

公式ホームページには「とても売れています。あなたに幸せな出会いをもたらす。検索してはいけないNo.1キャラ」と自虐的な内容で紹介されています。

LINESTOREでの販売文句は「ハート2つの愛の妖精が、あなたに幸せを、どっきゅん、きゅーん。幸せを呼ぶ合言葉は、いつでも、どこでも、ぷりん、ぷりん、ぷりんてぃん」でした。インパクトが大きいですね。

愛の妖精ぷりんてぃんは書籍化もされていた!

Pexels / Pixabay

「愛の妖精ぷりんてぃん」はなんと書籍化もされているのです。2005年11月30日に発行された本は、「愛の妖精ぷりんてぃん」によるメッセージブックとなっています。

2004年秋に開設したホームページのアクセス数は、2日後に1日2万件、その後1週間にわたり1日3~4万件、1カ月後には50万件に上り、1年余で130万件を超えた。この爆発的人気ホームページから生まれた「ぷりんてぃん」は、インターネットの掲示板などでも話題になっている。この人気の秘密は、誰の心のなかにも眠っていて、心と心が触れ合ったときに、ハートとハートが合体して生まれる「ぷりんてぃん」という愛らしいキャラクターと、作者が語りかける心温まるメッセージ。本書は、四季折々の鮮やかな風景と、表情豊かに生き生きと描かれたキャラクターのイラストを全カラーで掲載。心が和み、癒されるメッセージ・ブック。

(引用:Amazon)

この本を購入したい方は新品は品切れしているので、ネットなどで中古品を探してください。

愛の妖精ぷりんてぃんはTwitterもやっている?

未女子日女はTwitterも開設しています。ツイートもマメに毎日していてそこにはポジティブワードがいっぱい書かれています。開設が2010年1月ですから早い段階で始めていたんですね。

内容は先ほども書いた通りポジティブでみんなを励ましているものが多いです。webサイトのミニ日記をTwitterでも載せてみたいと思ったそうです。

本人はかなりお年を召してらっしゃるのですが、かなりアクティブに活動なさっているようです。凄いことですね。

悪評に負けず、動画も配信中

動画も公開されている。週刊ぷりんてぃんでは未女子日女の近況や週のラッキーアイテムや質問コーナー、ニコニコ動画でその時に流行っていた時事ネタやMAD動画などがふんだんに盛り込まれてます。

そして2010年から「ぷりんてぃんの紙芝居」という動画が、ニコニコ動画とYouTube で公開されています。紙芝居の読み手は未女子日女が担当しています。

動画自体は本人が作られたものか分かりませんが、投稿は本人がしているそうです。タグを見て冷やかしで見ている人の多い中でも、動画の中の未女子日女はポジティブに番組をこなしています。

愛の妖精ぷりんてぃんが怖いサイトと言われている理由

Wokandapix / Pixabay

今回「愛の妖精ぷりんてぃん」を色々調べてみましたが、なぜ検索してはいけない、怖いといわれているのかをもう少し検証します。それは以前のサイトの読み込みの重さと音量にあるようです。

今現在サイトには音楽が流れていませんが、前はサイトにアクセスすると大音量でユーロビートが流れとてもうるさかったようです。加えて情報量が多いのでサイトがとても重かったということもありました。

初めてアクセスした人は音楽のやかましさと未女子日女の謎の言葉、そしてサイトの重さに驚いたのでしょう。そこから検索してはいけない、怖いサイトというイメージが付いてしまったのです。

愛の妖精ぷりんてぃんは怖いサイトではない

「愛の妖精ぷりんてぃん」のwebサイトは決して怖いものではありませんでした。キャラクターは「ぷりんてぃん」の他にも豊富にあり、固定のファンが付いていることも分かりました。

むしろ「愛の妖精ぷりんてぃん」は時代の先端を捉え、それをサイトに取り込んで集客を図るという方法は、昔からあるサイトでは珍しかったでしょう。それがユーザーに余計な誤解を与えてしまったのです。

興味のある方は「愛の妖精ぷりんてぃん」にぜひ一度アクセスしてみてください。現在はTwitterの方が更新が多いのでみてみるといいでしょう。「ぷりんてぃん」の不思議な世界観があなたを待っていますよ。

関連する記事はこちら