矢島健一の現在は、名脇役?目の色がグリーンでハーフ?妻や子供は?エンタメ

矢島健一の現在は、名脇役?目の色がグリーンでハーフ?妻や子供は?

目次

[表示]

矢島健一の出演作品は?

OmarMedinaFilms / Pixabay

矢島健一さんは多くの映画やテレビなどの作品に出演しています。その一部をまとめました。

ドラマ「相棒」

2000年に単発ドラマとして始まり、2002年からは連続ドラマシリーズとしてSeazon17まで続く大人気ドラマ「相棒」。警視庁内の窓際部署である「特命係」の杉下右京とその相棒を描いた刑事ドラマです。

矢島健一さんは、本作に複数回出演しており、Season1の第1話「警視総監室にダイナマイト男が乱入!刑事が人質に!?犯罪の影に女あり…」と、Season16の第17話「騙し討ち」に出演しています。

ドラマ「ドクターX」

2012年より放送されているテレビ朝日系ドラマ「ドクターX」。通常は特定の病院や医局に属して活動する医師が、フリーランスとしてどこにも属さず活躍する女性医師・大門未知子の活躍を描いた医療ドラマです。

主演は米倉涼子さん演じる大門未知子で、第5期に渡って続いているドラマシリーズの中で、矢島健一さんは第5期に出演しており、大門未知子が務める東帝大学病院の監査役である雉沢真之介役を演じています。

ドラマ「リーガルV」

2016年に放送されたテレビ朝日系ドラマ「リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜」。前述の「ドクターX」に引き続きテレビ朝日系木曜ドラマ枠で放送された米倉涼子さん主演のドラマです。

資格を剥奪されてしまった元女性弁護士・小鳥遊翔子が、訳ありの弁護士やパラリーガルに声をかけて法律事務所を立ち上げ、大手法律事務所に立ち向かう物語です。

矢島健一さんは第3話に出演。主人公である小鳥遊翔子が立ち上げた「京極法律事務所」に所属する弁護士仲間である勝村政信さん演じる大鷹高志の検事時代の同僚で、東京地検の検事である片山虎雄役を演じています。

米倉涼子さんの敵役が多い?

RyanMcGuire / Pixabay

本作で演じた片山虎雄は、主人公である米倉涼子さん演じる小鳥遊翔子の敵役の存在でした。これは、前述した同じテレビ朝日系木曜ドラマ枠で放送された「ドクターX」に続く、米倉涼子さんの敵役だったのです。

前作に続き、米倉涼子さんとの敵対関係でしたが、本作でもリベンジとはならなかった様ですよ。

ドラマ「おんな城主 直虎」

2016年に放送されたNHK大河ドラマ第56作「女城主 直虎」。世は戦国時代、後に徳川四天王の一人に称される彦根藩の藩祖となる井伊直政を育てた遠州井伊谷の女性領主である井伊直虎を主人公とした作品です。

主演は柴咲コウさんで、矢島健一さんは今川家の家臣である関口氏経役を演じています。

ドラマ「おひさま」

https://www.youtube.com/watch?v=iN4XFeSFRgI

2011年に放送されたNHK連続テレビ小説第84作品「おひさま」。岡田惠和さんの脚本で、信州・安曇野市と松本市を舞台にした、激動の昭和時代を生きた抜いた須藤陽子の半生を描いた作品です。

矢島健一さんは、主人公である井上真央さん演じる須藤陽子が務める有明山国民学校の校長である萩原校長を演じています。

本作には、2019年3月にコカインを使用した容疑で逮捕されたピエール瀧さんが出演している事でも話題となりました。

ドラマ「半分、青い」

2018年に放送されたNHK連続テレビ小説第98作品「半分、青い」。北川悦吏子さん脚本で、岐阜県と東京を舞台にして迂闊だが失敗を恐れない主人公・楡野鈴愛が様々な困難を乗り越え扇風機を発明する作品です。

主演は永野芽郁さんで、矢島健一さんは、 映画「追憶のかたつむり2」のエグゼクティブプレミアムプロデューサーの斑目賢治役を演じています。

ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」

2019年に放送された日本テレビ系ドラマ「3年A組ー今から皆さんは、人質ですー」。ある高校教師・柊一颯が、卒業10日前に生徒たちを監禁するという謎の行動を描く学園ミステリードラマです。

矢島健一さんは、主人公である菅田将暉さん演じる柊一颯の元恋人である元高校教師・相楽文香の父親である相楽孝彦役を演じています。

映画「シンゴジラ」

2016年7月29日公開の東宝映画「シンゴジラ」。庵野秀明さんが総監督・脚本、樋口真嗣さんが監督・特技監督を手掛けた、東宝製作ゴジラシリーズの第29作目の作品です。

東京湾に突如現れた巨大生物に立ち向かう人々の葛藤を描いた作品です。矢島健一さんは国土交通大臣の柳原邦彦役を演じています。

映画「ビリギャル」

2015年5月1日に公開された東宝映画「映画 ビリギャル」。2013年に書籍化された坪田信貴さんによるノンフィクション作品を映画化したものです。

素行不良のギャルである女子高生・さやかが、高校2年生時点で小学4年生程度の学力から坪田さんの指導と周囲の助けで学力偏差値を上昇させて慶應義塾大学に現役合格するまでの実話を描いた作品です。

矢島健一さんは、主人公である有村架純さん演じる工藤さやかが通う高校の校長を演じています。

CM「東京ガス エネファーム」

2015年に放送された東京ガスのCM「エネファーム 父さんの若い頃は」篇 で、矢島健一さんは広瀬すずさんの父親役で出演していました。

広瀬すずさんのとほっこりとした父娘の会話が印象的なCMだった様です。

矢島健一と中丸新将は似ている?

ネット上では、矢島健一さんと、俳優の中丸新将さんが似ていると噂になっているそうです。中丸新将さんも矢島健一さんと同じく名脇役で知られる俳優さんですよね。役柄上似ていると思われているのでしょうか。

画像を並べてみたところ、優しそうな目元や薄い唇など、確かに似ている様に見えますね。強面の役柄なのに優しそうな雰囲気を纏った雰囲気が似ているから余計にそう思うのかもしれませんね。

矢島健一はNHK御用達?

上述していますが、矢島健一さんはNHKの連続テレビドラマに数多く出演しています。連続テレビ小説と大河ドラマだけで15作品を超え、それ以外のドラマを含めると、なんと40作品近くもあるのです。

まずは、矢島健一さんが出演したNHK連続テレビ小説は下記の通りです。

  • 1984年 ー ロマンス
  • 1986年 ー はね駒
  • 1994年 ー 春よ、来い(水沢信吾役)
  • 2011年 ー おひさま(萩原校長役)
  • 2012年 ー 純と愛(米田政国役)
  • 2018年 ー 半分、青い。(斑目賢治役)
  • 2018年 ー まんぷく(矢野亮次役)

続いて、NHK大河ドラマは下記の通りです。

  • 1989年 ー 春日局(福島正則役)
  • 1995年 ー 八代将軍吉宗(浅野吉長役)
  • 1998年 ー 徳川慶喜(酒井忠義役)
  • 2004年 ー 新選組!(広沢富次郎役)
  • 2006年 ー 功名が辻(直江山城守役)
  • 2008年 ー 篤姫(松平春嶽役)
  • 2012年 ー 平清盛(藤原教長役)
  • 2017年 ー おんな城主 直虎(関口氏経役)

脚本家の遊川和彦と知り合いだった?

矢島健一さんは、2011年に放送された日本テレビ系ドラマ「家政婦のミタ」の脚本を手掛けた脚本家の遊川和彦さんとはAD時代からの知り合いだったそうです。

2012年に放送されたNHK連続テレビ小説「純と愛」の脚本を遊川和彦さんが手がけると聞き、矢島健一さんは出演したいと思ったそうです。

脚本家の山田太一からドキドキ感を教わった

矢島健一さんは、この先ストーリーを監督や脚本家がどう展開させるのかと、常にドキドキ感を持っていると楽しいそうです。きっかけはデビュー作の脚本を手掛けた山田太一さんだったそうです。

山田太一さんと言えば、NHKでは超がつくほど常連の脚本家です。山田太一さんがNHKで手掛けた脚本は35本以上なんです。矢島健一さんは、NHKとは色々とご縁があるのかもしれませんね。

芸歴38年から滲み出る役者魂

矢島健一さんは、今年で芸歴38年を迎える大ベテランの俳優さんです。長年の俳優人生で培ったモノから滲み出る役者魂から様々なテレビドラマや映画などに引っ張りだこです。

63歳を迎えた今もなお、名脇役となり多くの作品に出演し続けています。世間では目の色がグリーンであることからハーフであるという噂もありますが、それだけ多くの人の関心事となっているという事ですよね。

愛猫家の妻と、愛犬に囲まれて幸せなプライベートを過ごされている姿には非常に共感を得ることが出来ます。これからの矢島健一さんのご活躍も期待したいですね。

https://career-find.jp/archives/56915

https://career-find.jp/archives/140702

2/2