小林千晴は現在結婚している?父は小林稔侍?兄は?親子で共演も? 女優

小林千晴は現在結婚している?父は小林稔侍?兄は?親子で共演も?

女優の小林千晴さんは、父が俳優の小林稔侍さん、兄も俳優の小林健さんで、家族で俳優という家系です。また、父や兄とのドラマ共演も多いようです。また、小林千晴さんは独身のようですが、はっきりしたことは分かっていません。そんな小林千晴さんについてまとめてみました。

目次

[表示]

小林千晴の現在は?結婚している?独身?

小林千晴さんは、今年で46歳になりますが、現在は結婚しているのか独身なのかプライベートの事に関してはよく分かっていません。

小林千晴さんはデビュー以来、父の小林稔侍さんや兄の小林健さんとの共演の多い女優で、多くのテレビドラマに出演しています。

小林千晴のプロフィール!現在の画像は?

小林千晴さんは1973年1月19日生まれ、東京都出演の女優です。二松學舍大学付属高等学校を卒業しています。父親は俳優の小林稔侍さんで、兄は同じく俳優の小林健さんという俳優一家です。

1994年にテレビドラマ「なんでも屋探偵帳」で女優としてデビューしています。小林千晴さんはその後も、サスペンスドラマを中心に活躍しています。

小林千晴は女優として今も活動しているの?

Free-Photos / Pixabay

小林千晴さんは、今でも女優として活動されているのでしょうか?

どうやら、現在も女優活動は続けているようです。最近でも、映画やドラマに出演されています。

最近の出演は、2018年公開の映画「星めぐりの町」

小林千晴さんは、最近では2018年公開の映画「星めぐりの町」に出演しています。映画「星めぐりの町」は、黒土三男さんの脚本・監督の作品で、小林稔侍さんの映画初主演作品でもあります。

この映画で、小林千晴さんは、小雪役で出演していますが、同時に兄である小林健さんも沢本健司役で出演し3人による親子共演となっています。

他の出演者に、壇蜜さん、高島礼子さん、神戸浩さん、平田満さんらがいます。

小林千晴は現在、結婚している?独身?

virandek / Pixabay

小林千晴さんは現在、結婚はしているのか気になるところですが、プライベートでの情報が少なく、結婚されているかどうかも分かっていません。

小林千晴に子供はいる?

4144132 / Pixabay

小林千晴さんは、2019年5月現在で46歳になっていますが、結婚のことや子供のことなど、プライベートに関することは公開されていないようです。

子供さんの話が出ないということは、独身なのかもしれません。

熱愛報道はある?好きな男性のタイプは?

小林千晴さんに関しては、これまで熱愛報道もありませんし、結婚しているという情報も入っていません。また好きな男性のタイプなど、恋愛に関する情報なども公表していないようです。

小林千晴さんにとって、女優としての仕事のことが大事で、恋愛についてはあまり熱心ではないのかもしれません。また、そうしたプライベートに関することは公開したくないのかもしれません。

小林千晴の家族は?父は小林稔侍で兄も俳優?

小林千晴さんの家族にはどんな人がいるのでしょうか?そのあたりが気になりますが、父は俳優の小林稔侍さんであり、兄も俳優の小林健さんということです。

小林千晴さんは俳優一家ということになりますが、これまでに多くのドラマで、父の小林稔侍さんや兄の小林健さんと共演しています。

小林千晴の父は小林稔侍!

小林千晴さんの父は、俳優として知名度の高い小林稔侍さんです。それだけでも、恵まれていると思ってしまいます。小林千晴さんのデビュー作品もそうですが、多くの作品で親子共演されています。

小林千晴の女優デビューは父との共演だった

小林千晴さんのデビュー作である「なんでも屋探偵帳」では、小林稔侍さんと小林健さんと3人で共演しています。

こうしたことから、家族で仲が良いということが推測されます。また、事務所も同じではないかといわれています。

小林千晴が語る父・小林稔侍とは?

jchoate7 / Pixabay

最初の撮影の時父親の小林稔侍さんは、娘の小林千晴さんとは、距離感があってなかなかなじめなかったそうです。

しかし、竹トンボを飛ばすシーンでは、娘の千晴さんが悪戦苦闘しているのを父の小林稔侍さんが優しく教えていたそうです。

千晴さんは、家族旅行の思い出がないと語っていたこともあり、小林稔侍さんは仕事で忙しかったのでしょう。親子とはいえ、俳優の世界では先輩と後輩という間柄であり、関係が難しいのかもしれません。

兄・小林健も俳優!3人での共演もしていた!

小林千晴さんは、兄である小林健さんとも共演していたことが分かっています。千晴さんのデビューの「なんでも屋探偵帳」の第5作目と第6作目で、兄の小林健さんと共演しています。

また、2018年の映画「星めぐりの町」では親子3人での共演が実現しています。ドラマ以外の番組で2011年に「いい旅・夢気分秋スペシャル」でも、親子3人で共演しています。

兄・小林健は現在、結婚している?子供は?

小林千晴さんの兄である小林健さんは、現在結婚されているそうです。またお子さんもいるという情報があります。

小林健さんの奥さんがどういう人なのか、いつ頃結婚したのか、また子供が何人いるのかという詳しいことは分かっていません。

小林千晴の母は一般人?

VaniaRaposo / Pixabay

小林千晴さんの父親や兄は俳優をしていますが、母親は俳優ではないのでしょうか?気になるところですが、どうやら母親は一般の方のようです。

しかし、画像などは一般公開されていませんので、見ることはできません。

小林千晴の事務所は?演技が下手なの?

stevepb / Pixabay

小林千晴さんの事務所は公開されていないようですが、どこに所属しているのかを調べてみました。また、演技が下手だという噂もありますので、その真相について紹介します。

小林千晴の事務所は?

小林千晴さんは、どこの事務所に所属しているのかを公表されていないようですが、父親である小林稔侍さんの事務所が鈍牛倶楽部であることから、同じ事務所ではないかといわれています。

また、兄である小林健さんは、東宝芸能に所属していますから、鈍牛倶楽部か東宝芸能に所属している可能性が高いのではないでしょうか。

小林千晴の演技は下手?

tookapic / Pixabay

小林千晴さんの演技が下手だという噂があるようですが、その噂はどうやら父親である小林稔侍さんの事のようです。

小林稔侍さんは、確かにセリフに抑揚があまりないという印象があります。しかし、そうしたことが一種の特徴として、現在の小林稔侍さんという大物俳優としての地位があるのではないでしょうか。

また、小林千晴さんも父親の演技に影響されているという噂もありますが、それを個性と見れば、むしろ味のあるいい女優になれるのではないでしょうか。

小林千晴の出演作品は?

小林千春さんのこれまでの出演作品をまとめてみました。

ドラマ「味いちもんめ」

Daria-Yakovleva / Pixabay

小林千晴さんは、1995年のドラマ「味いちもんめ」でドラマデビューしています。ドラマ「味いちもんめ」は、あべ善太さんの『味いちもんめ』を原作として、テレビドラマ化されました。

ドラマ「味いちもんめ」は、テレビ朝日系で放送され、主演は中居正広さんでした。放送終了後も好評だったため、1997年と1998年に新春スペシャルとして放送されています。

出演者には千晴さんの父である小林稔侍さん、柳沢慎吾さん、田中律子さん、内藤剛志さん、岡江久美子さんらがいます。

ドラマ「早乙女千春の添乗報告書」

12019 / Pixabay

1996年のドラマ「早乙女千春の添乗報告書」では、小林千晴さんは権俵エミ子役で出演しています。

ドラマ「早乙女千春の添乗報告書」は、1995年から2005年までTBS系で放送され、主演は名取裕子さんです。

権俵エミ子(小林千晴)は、主役の早乙女千春(名取裕子)が勤務する旅行代理店の同僚です。その他の出演者には、蟹江敬三さん、沼田爆さん、阿藤海さんらがいます。

ドラマ「ひと夏のパパへ」

Larisa-K / Pixabay

ドラマ「ひと夏のパパへ」は、2003年7月2日から9月3日までTBS系で放送されたテレビドラマです。上戸彩が初主演を果たしたドラマとして話題になりました。

小林千晴さんは、このドラマで二本柳のん役を演じています。また、父親の小林稔侍さんも小成大五狼役で共演しています。出演者は他に、北村一輝さん、小日向文世さん、柳沢慎吾さん、松重豊さんらがいます。

ドラマ「税務調査官・窓際太郎の事件簿シリーズ」

Free-Photos / Pixabay

2001年に放送されたドラマ「税務調査官・窓際太郎の事件簿シリーズ」では、北島冬子役で出演しています。また、ドラマ「税務調査官・窓際太郎の事件簿第7作」にも、鳴門温泉の仲居・よね子役で出演しています。

「税務調査官・窓際太郎の事件簿」は、1998年からTBS系で放送されているテレビドラマシリーズで、主演は小林稔侍さんです。

主人公の窓際太郎は、かつて東京国税局の凄腕エリート税務官だったが、政治家の汚職脱税事件に関与したことで部下を謀殺され左遷されます。しかし、税金に悩む人々に正しい税金を教えるという物語です。

ドラマ「科捜研の女シリーズ」

DariuszSankowski / Pixabay

小林千晴さんは、2000年のドラマ「科捜研の女シリーズ」で大森泉役を演じています。

ドラマ「科捜研の女」は主人公の榊マリコを沢口靖子さんが演じ、榊マリコと共に犯罪に立ち向かう刑事・土門薫役に内藤剛志さんが演じています。

ドラマ「科捜研の女」は、科学を武器に凶悪犯罪、ハイテク犯罪に立ち向かう法医研究院を描くドラマで、視聴率の良い番組です。

ドラマ「京都地検の女」

OpenRoadPR / Pixabay

「京都地検の女」は、2003年から2013年までテレビ朝日系で放送されたテレビドラマシリーズで、主演は名取裕子さんです。

「京都地検の女」は、京都の地方検察庁の検事・鶴丸あやが、女性ならではの視点を活かしながら活躍するミステリードラマです。

小林千晴さんは、2005年の第2シリーズに柿野たまこ役で出演しています。

映画「星めぐりの町」

Bessi / Pixabay

「星めぐりの町」は、2018年1月27日に公開された映画で、黒土三男さんの脚本・監督です。また、小林千晴さんの父親の小林稔侍さんが主演を務めた映画作品です。

京都で豆腐作りの修行を積んだ主人公の島田勇作は、早くに妻を亡くし愛知県でひとり娘の志保と一緒に暮らしていました。そんな時、東日本大震災で家族を失った少年を連れてきます。

小林千晴さんは、中居の小雪役を演じています。また、兄である小林健さんもこの映画の沢本健司役で出演しています。

父親が有名な俳優を持つ芸能人とは?

芸能人には、親子で俳優という人達も多くいますが、そんな中でも父親が有名な俳優という人達を紹介します。

杏さんは、1986年4月14日生まれ、東京都出演の女優・ファッションモデルです。父親が俳優の渡辺謙さん、兄が俳優の渡辺大さん、夫は俳優の東出昌大さんですから俳優一家だといえるでしょう。

杏さんは、15歳の頃から集英社の女性ファッション雑誌「non-no」の専属モデルとして活動し、2005年からは海外のプレタポルテコレクションでも活躍していました。

2013年から2014年のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」にオーディションなしで主演に選ばれています。

安藤サクラ

安藤サクラさんは、1986年2月18日生まれ、東京都出身の女優です。父は俳優の奥田瑛二さん、母親はエッセイストの安藤和津さん、夫は俳優の柄本佑さんです。

そんな安藤サクラさんは典型的な俳優一家だといえます。安藤サクラさんは、5歳の時に父の舞台を見て、女優になろうと決意したといいます。

2007年に父である奥田瑛二さんが監督した映画「風の外側」で、クランクイン直前に降板した主演女優の代役として出演したことで映画デビューを果たしています。

寺島しのぶ

寺島しのぶさんは、1972年12月28日生まれ、東京都出身の女優です。父親は歌舞伎役者の7代目尾上菊五郎で、母親は女優の富司純子(本名寺島純子)です。

寺島しのぶさんは、父親の親友の大地喜和子さんの勧めで女優を目指し、大学時代に文学座に入団しています。2000年の「シベリア超特急2」で映画デビューしています。

2010年には映画「キャタピラー」でベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞しています。

NEXT: 現在でも女優として活躍している小林千晴
1/2