蟹座男性の性格や特徴は?血液型別恋愛傾向や落とし方も紹介!

蟹座男性は一見冷たい印象を持たれがちです。しかしその一方で、好きな人への態度はとても分かりやすく脈ありだとすぐにそうだと分かります。今回は蟹座男性をA型男性、B型男性、O型男性、AB型男性に分けて、それぞれの性格と特徴をまとめてみました。

蟹座男性の性格の特徴は?冷たい?

1866946 / Pixabay

蟹座男性は先ほども説明したように優しいと思われがちですが、感情的であったり、やきもちをやいたり、冷たい面もあります。では、ここからは蟹座男性の性格を詳しくみていきましょう。

愛情深い

Takmeomeo / Pixabay

蟹座はすべての星座の中で、1番愛情深い星座と言われています。何かを人のためにすることが好きで、世話焼きが多いです。

女性と同じくらい甲斐甲斐しくお世話する場面を頻繁に見ることができます。

常に気を配る

skeeze / Pixabay

蟹座男性は繊細な傾向が顕著に現れます。常に周囲に気を配っているので人間関係やコミュニケーションをとることに疲れやすい傾向にあります。

そして、蟹座男性は人を自分の敵か味方で分けてしまうため、一度敵と判断してしまえば気配りはおろかコミュニケーションも雑になってしまう傾向にあります。

交友関係・行動範囲が狭い

FotografieLink / Pixabay

蟹座男性は家庭や職場などでの変化を極端に嫌います。どのような場所でも安定を求める傾向があるため、交友関係や行動範囲が狭いです。

なぜなら、蟹座は家庭を司る星座とも言われており、家はもちろんのこと自分自身が気を休めることができる場所を求めているためです。

穏やかで優しい

stokpic / Pixabay

蟹座男性は穏やかで優しいタイプが多く、付き合いの長い人とほど魅力が増すという特徴があります。

基本的に争いを嫌う平和主義タイプですが、関わることで自分のマイナスになると判断した相手とは敵対する傾向にあります。

二面性がある

spirit111 / Pixabay

蟹座男性は義理堅く、自分が信頼してる相手には誠心誠意込めて接します。そのため友人間での信頼関係も築くことができるでしょう。

但し、自分の認めた人、嫌いな人への対応はそうでない人と正反対のものになります。嫌いな人へは驚くほど冷たく接することも珍しくありません。この行動により蟹座男性は二面性があると言われるのです。

自分のテリトリーに自分の認めた人以外が入ってくることを許すことができないのです。そのせいで、愚痴っぽくなってしまうこともあります。

ストレスをためやすい

PDPics / Pixabay

穏やかな性格の蟹座男性ですが、すべてのことを受け止めて許しているというわけではありません。むしろ、感受性が豊かなので他の人より敏感に反応して、怒りを溜め込みがちです。

蟹座男性は何を言っても受け流す人だと思い、何でもかんでも言ってるいると堪忍袋の尾が切れ、大変なことになりますので油断してはいけません。

本音を言わない

fscredy2018 / Pixabay

蟹座男性は本音を知られてしまうことをあまり良く思いません。それは自分のテリトリーを他人にさらけ出し、そこへ侵入されることを嫌う気持ちが強いためです。

また自分の本音を言うことで、他人を傷つけるのではないかという考えも持っているため、なおさら本音を言うことを拒む傾向にあります。

マニア気質

Pexels / Pixabay

蟹座男性は、周囲で流行っていることでも自分のやりたくないことには興味を示しません。そもそも現状からの変化を苦手としているため、選択もかなり保守的なものとなってしまいます。

しかし、一度自分が興味を持ったことに対しては周囲の目を気にせず没頭する傾向にあります。強いこだわりを持ち執着心も強くなるので、蟹座男性はマニア気質の強い人が多いです。

仕事熱心

Free-Photos / Pixabay

蟹座男性は周囲に認めてほしい人が多いため、仕事熱心で責任感が強い人が多いです。仕事で成果を出すことで、周囲に認めてもらい自分の存在意義を確かめるのです。

そのため寝る間も惜しみ、プライベートを犠牲にする傾向があり、無理をしてしまいます。仕事を気軽に取り組んでいるということは蟹座男性には考えられません。

感情の浮き沈みが激しい

AbsolutVision / Pixabay

常に平穏と思われがちな蟹座男性ですが、感情の浮き沈みは激しいです。周囲に常に気を配るが故や原因はさまざまですが、感情は豊かであるため起伏が激しくなってしまいます。

そういった時は外出したり、アクティビティで気分転換するのではなく、大抵は家で一人静かに過ごすことを好みます。

考えすぎる

蟹座男性は何事も考えすぎる傾向にあります。自分の決断で他人が傷つくことを嫌いますので、決断するので時間がかかるのです。

常に周囲のことやリスクを考えてしまい、決断を先延ばしにし、最終的にはお茶を濁すことになるのです。

家族を大切にする

Free-Photos / Pixabay

蟹座男性にとって、自分の家族を守ることは生きがいです。大切な人のどのような部分も受け止めて、寄り添う気概もあります。同時に相手も自分に対してそうであるように望んでいます。

臆病で繊細

DarkWorkX / Pixabay

蟹座男性は、自分が傷つくことも嫌います。傷つくことがあれば自分の世界に閉じこもってしまいがちです。何事も考え抜いてから行動を起こすため、一度折れてしまったら立ち直ることに時間がかかってしまいます。

またプライドも高いため、端から見ると落ち込んでるように見えませんが、話してみると口数が減っているなどとても分かりやすいです。

はっきりしないところも

geralt / Pixabay

蟹座男性ははっきりとモノを言いません。それも自分の意見で人を傷つけたくないという一心でそうなってしまうのです。頼りがいがないということではありません。

蟹座男性は責任感もあるので、方法が回りくどくなっても人との約束はしっかり守る気概がある人です。

引っ込み思案

Sztrapacska74 / Pixabay

蟹座男性は目立つことを嫌います。しかし、自分の存在意義を認めてもらいたいので基本的には裏方の仕事で成果を出すことを好みます。

その結果として注目を集めてしまっても、目的はあくまでも自分を認めてもらいたいことであり、注目されることが目的ではありません。

周りの変化に敏感

LoggaWiggler / Pixabay

先ほど説明した通り、蟹座男性は周囲の環境が変化することを極端に嫌います。これは逆を言うと周囲の変化に敏感であると言えます。

そのため周囲が自分のことをどう思っているかを感じることが得意で、周囲の人に合わせ、良い人間関係を築くことに長けています。

だまされやすい

annca / Pixabay

周囲の変化に敏感で、何事も他人の感情優先で進めてしまう蟹座男性は、人から利用されやすい存在になってしまいます。

他人に甘えられたり頼られてしまうと、そこに含まれる相手の思惑など何も気にせずに手助けしてあげたいという気持ちが強くなってしまいます。その結果自分が損をしてしまうこともしばしば。。

自己主張が苦手

mohamkaed_hassan / Pixabay

蟹座男性にはお人好しで自己主張が苦手な人が多いため、理不尽な思いをすることがあっても、大抵は我慢してその場をしのごうとします。

ただ、我慢にも限界があるのでそういった場面が続くと溜まりに溜まった我慢が爆発することもあるでしょう。そうならならないように意見を引き出してあげるようにすることが大切です。

蟹座男性の恋愛観・恋愛傾向は?

kaboompics / Pixabay

蟹座男性は、周囲の変化に敏感であり、優しく気配りが上手です。しかしその反面、感情を爆発させてしまうこともあります。

さらに、嫉妬するタイプが多い傾向にあり、愛情が大きくなるほど執着心と嫉妬心が強くなります。そのためできる限り相手と一緒にいたいと思い、相手にはしつこい印象を持たれることがあります。

それでは蟹座男性にはどのようにアプローチすればよろしいのでしょうか?まずは蟹座男性の恋愛観、恋愛傾向を詳しくみていきましょう。

感受性が強く、引きずりがち

1388843 / Pixabay

恋愛とは心が揺れるものです。蟹座男性は感受性が強いため、よりそれが顕著に表れます。喜び、怒り、哀しみ、楽しみなどの感情が色濃く表れます。

好きな気持ちが大きい相手にほど気持ちも大きく揺れ動くので、嫉妬心や執着心も強くなり別れた際に引きずりがちになってしまいます。

世話を焼きたい

mohamed_hassan / Pixabay

星座によって、恋愛の関係性が変わると言われますが、蟹座男性の場合は母と子のような関係を築く傾向にあると言われています。

母側の場合は恋人に対して世話を焼きたくなり、まったく苦になりません。逆に子供側だと恋人に対して甘えるような態度をとります。これらどちらかに極端に分かれるそうです。

愛情が重い

Comfreak / Pixabay

先ほど好きな気持ちが大きいほど相手に対する執着心や嫉妬心が大きくなると言いましたが、それは時に重すぎる愛情を相手に与えることとなってしまいます。

相手を独占したいや相手をがっちりと縛り付けてしまうこともあるでしょう。但し、この愛情を重いと感じる人もいるのと同時に、これを魅力と感じる人もいることも事実です。

必要とされたい

Myriams-Fotos / Pixabay

蟹座男性は好きな人と可能な限りいっしょにいたいという願望を持っています。あわせて、それを相手にも思っていてほしいという気持ちを他の星座よりも強く持っています。

蟹座男性は常に誰かに必要とされていたく、自分を必要と思ってくれている人には全力の愛情を注ぐでしょう。

趣味に走って恋愛を忘れることも

SplitShire / Pixabay

蟹座男性は周囲の環境の変化を嫌うため、どうしても彼女がいる期間というものは少なくなってしまいます。もともとマニア気質であることもあり、恋愛していない時は趣味に没頭しがちです。

そういったこともあり、ますます恋愛をするということから遠ざかってしまう傾向にあります。

強いつながりを求める

Anemone123 / Pixabay

蟹座男性は相手に対して、とても一途です。一見プレイボーイのような雰囲気があっても根は真面目なので、女性と気軽に付き合うことはありません。自分の信じた人と確固たる絆を求めるのです。

それと同時に相手にも同様の誠実さを求めるため、一度裏切られたりするととても強い憤りを感じ、少しのことでは許してくれなくなるでしょう。それも愛情が重いと言われる所以です。

アプローチは慎重に

Nietjuh / Pixabay

恋愛関係でない段階からは、こちらからぐいぐいといくようなことはありません。まだこの状況では相手のことがあまり分からないので、付き合っても大丈夫なのか?など過去の経験等から慎重に吟味しているのです。

蟹座男性の特徴である保守的な性格が、見切り発車することを抑えしっかりと考える時間を作っています。ただ大丈夫という確信があっても相手が傷つくのではないか?などと考え、さらに慎重な立ち回りにしてるのです。

つけこまれやすい

Gellinger / Pixabay

他人の気持ちに敏感な蟹座男性は、常に相手のことを考えて行動してしまうきらいがあります。そういったところに、ついつけこまれてしまい騙されてしまうことも多い傾向にあります。

嫉妬深い

Tumisu / Pixabay

蟹座男性は相手に自分と同様の誠実さと忠誠心を求めます。そのため、もし相手側に不穏な影があれば、自分の中で常に嫉妬心が燃えることになります。

口に出すことは少ないかもしれませんが、態度や表情には如実に表れるでしょう。法っておいても嫉妬心は大きくなる一方なので、常に安心させてくれる人が蟹座男性には合っています。

NEXT こどもっぽい