【夢占い】怖い夢67選!怖い夢を見るのはなぜ?心理や対策を紹介!

怖い夢は、現実の世界での不安感などの心理状態が影響していることが多いです。殺される夢や、死ぬ夢、追いかけられる夢など、状況によって意味は様々です。自身の精神状態を暗示していることや、危険が迫っていることなどを警告していることもあります。

「怖い夢」にはどんな意味・心理がある?

ambermb / Pixabay

「怖い夢」を見ると、寝覚めが悪く、現実でも悪いことが起こるのではないかと不安になります。しかし、夢占いにおいて「怖い夢」の意味はさまざまで、自分の深層心理が影響していることも多いです。

夢占いにおける「怖い夢を見ること」の意味は?

Free-Photos / Pixabay

怖い夢を見ると、実際に悪いことが起こるのではないかと不安になります。しかし、夢占いにおいて「怖い夢を見ること」は、必ずしも現実で恐ろしい思いをすることを意味しているわけではありません。

怖い夢を見るのは、現実で抱えている不安感やストレスが原因になっていることが多いです。また、怖い夢の状況によっても、様々な意味を持っています。

意味①現実の不安の表れ

xusenru / Pixabay

現実で抱えている不安感の表れとして、怖い夢を見ることがあります。仕事や家庭のことで心配事があり、精神的に弱っている時に怖い夢を見やすくなります。

怖い夢を続けてみるのは、不安感でつぶれそうになっているのかもしれません。怖い夢は、追い詰められた心理状態を教えてくれているのだとも言えます。

意味②ネガティブな感情が強い

ShiftGraphiX / Pixabay

普段の生活の中でネガティブな感情が強くなった時にも、怖い夢を見ることがあります。ストレスが高まって不満がつのっていたり、上手くいかないことが続いて自己嫌悪に陥っている時に怖い夢を見やすいです。

怖い夢が、ネガティブな感情の高まりを教えてくれていることもあります。警告だと受けとて、心身を整えるように対処していくことが大切です。

予知夢や正夢ではない!自分の精神状態や深層心理が大きく関係?

geralt / Pixabay

怖い夢は、予知夢や正夢をなるわけではありません。夢の中で起こったような恐ろしいできごとが、現実でも起こるわけではありません。

怖い夢は、自分の精神状態や深層心理を映し出していると解釈したほうが良いでしょう。怖い夢の意味を知ることは、自分でも気がついていない潜在意識を知るためのきっかけにもなると言えます。

NEXT 夢のシチュエーションによって意味合いはさまざま!