真行寺君枝は現在宗教にずっぽり?女優は引退した?子供はいるの?

かつて資生堂CFのモデルとしてデビューし、歌手や女優として活躍されてきた真行寺君枝さんは、配偶者の事業失敗に伴い、離婚、自己破産と波乱万丈の人生を送られて、現在は宗教にはまっているのではないかと噂されています。そんな真行寺さんの現況について調べてみました。

真行寺君枝の現在は?宗教にハマっている?

1976年に資生堂秋のキャンペーン「ゆれる、まなざし」で本格デビューし、当時16歳の高校生とは思えない神秘的な美しさを漂わせていた真行寺君枝(しんぎょうじ・きみえ)さんは、一躍人気スターになりました。

その後、テレビや映画に出演され活躍されましたが、結婚、出産、別居・離婚、自己破産とまさに波乱万丈の人生を送りました。その過程で、宗教にハマってしまったのではないかという噂が立ちました。

真行寺さんは、現在も元気に活動されています。ブログの内容などを見るとかなり難解でスピリチュアルな印象も受けますが、はたして宗教との関係はどうなのか、噂の真相などについて見ていきましょう。

真行寺君枝のプロフィール!現在の年齢は?

真行寺君枝(本名)さんは、1959年9月24日東京都大田区に次女として生まれました。現在59歳で。身長156 cm・ 体重43 kg(公称)、血液型AB型。最終学歴は東京都立大崎高校卒業です。

小学生の時からバレエを始め、芸術の世界に興味を持つきっかけとなったそうです。また、通学していた西六郷小学校では合唱団に所属し、NHKの「歌はともだち」という子供向け音楽番組に毎月出演していました。

そして1976年、高校2年生の時に資生堂 秋のキャンペーン「ゆれる、まなざし」のモデルとして本格デビューを飾ります。高校卒業後、女優としてテレビや映画、舞台など多方面で活躍されています。

真行寺君枝は現在も女優活動を続けている?

真行寺さんは、結婚後数年間、女優活動をお休みしたことがありますが、経済的な事情もあって再開し、現在も女優活動を続けています。テレビ、映画が中心ですが、様々なジャンルの作品に出演しています。

当初、三船プロダクションを皮切りにアクターズプロモーション、アートプロモーションといった事務所に所属していましたが、現在はフリーランスで活動しています。

ただ、年齢を重ねてもなお美しくも神秘的なイメージと、宗教にハマっているのでは?という噂のせいかどうかはわかりませんが、近年はどちらかというとどこか謎めいて神秘的な役柄が多いようです。

2014年公開の映画「マザー」では美貌に注目が

真行寺さんは、2014年に公開された日本のホラー映画「マザー」に出演されています。怪奇漫画家で有名な楳図かずおさんの原案・脚本・監督による自伝的映画で、主人公(楳図さん)の母親役を演じています。

人気漫画家となった息子を愛しながらも、自らの悲しい過去を拭いきれないままこの世を去る母親という設定で、年を取っても美しいけれどいつも不幸そうで、謎めいた一面を持った女性を見事に演じ切りました。

真行寺さんは、真っ白な白髪の美しい母親に扮し、神秘的で美しくも怪しいビジュアルが、現実と妄想、恐怖と悲しみ、そしてユーモアが交錯する楳図ワールドにピッタリだと、大変評判になりました。

映画「福福荘の福ちゃん」では霊能力持ちの役柄を演じた

真行寺さんは、2014年11月に公開された日本映画「福福荘の福ちゃん」に出演しています。女性お笑いトリオの森三中の大島美幸さん主演の人情コメディで、大島さんが男性役を演じて話題になりました。

真行寺さんは、主人公の初恋の女性(水川あさみさん)が訪れる喫茶店のママさんの役どころでした。霊能力があり、占いのようなアドバイスができるちょっと怪しげで不思議な魅力がある女性を演じていました。

荒んでいた水川さん扮する女性に「過去に何かひどい事をした呪いだ」とアドバイスをして、過去の過ちを清算しようと大島さん扮する主人公に再会するきっかけを授けるという、出番は少ないものの印象的な役柄でした。

NEXT 2016年からは、「今夜はナゾトレ」でナレーションも務める