【夢占い】喧嘩をする夢の意味は?吉夢?80パターン徹底解説!

彼氏や彼女など、恋人と喧嘩する夢を見ると現実でも起こるのかと不安になってしまいますよね。今回は、そんな「喧嘩する夢」について夢占いの解説を行っていきます。果たして正夢となるのか、はたまた逆夢の意味を持つのかなども探っていきましょう!

夢占いで喧嘩をする夢の意味や心理・象徴は?

夢占いにおいて「喧嘩をする夢」というのはどういった意味を持つのでしょうか?また、自分がどういう心理状態にあって見る夢なのでしょうか。

「喧嘩がする夢」が象徴するものと一緒に詳しく解説をしていきます!

夢診断・夢分析における喧嘩の夢があらわす基本的な意味とは

RyanMcGuire / Pixabay

「喧嘩」というとマイナスイメージを持たれがちですが、夢占いにおいては良い意味を持つものもあります。自分の気持ちを整理するためのものであったり、今後相手との仲を深められることを表すケースもあるのです。

しかし、夢の印象やあなたが抱いた感情、喧嘩した相手との関係性によってはマイナスな意味を持つ場合もあります。一概に「良い夢」とは断定できず、パターンによって異なりますので注意が必要です。

あなたが現状対人関係において悩んでいないのであれば、ひとまずは吉夢と言って良いでしょう。

喧嘩をする夢は強いストレスの象徴?

1388843 / Pixabay

「喧嘩をする夢」を見る原因や心理として、あなたに強い精神的ストレスの負荷がかかっていることが予想されます。

現実では喧嘩に発展できなくとも、夢の中でそれを実現することが可能です。深層心理があなたのストレスを緩和させるため、夢と言う自由な空間の中で思いっきり喧嘩を繰り広げさせているのです。

もし喧嘩をする夢を見てスッキリとした気持ちで目覚めたのであれば、冷静で客観的な視点をもって問題と向き合うことが出来るようになるでしょう。

現実でも喧嘩をする夫婦程仲が良い関係が維持できると言われている?

debowscyfoto / Pixabay

「喧嘩するほど仲が良い」とはよく言いますが、実際にその通りです。言いたいことを言えずに溜めこみ爆発寸前でいるよりは、不満を吐き出してお互いに分かち合う方が関係が長く続くと考えられます。

喧嘩をしてもなお好きでい続けられる、喧嘩をする度に軌道修正して共に歩んでいくというのは、良好な関係が続く秘訣と言えるでしょう。

喧嘩の夢は逆夢が多い?正夢と逆夢とは?

congerdesign / Pixabay

喧嘩の夢は逆夢が多いと言われています。中には「正夢というワードは耳にしたことがあるけど、逆夢(さかゆめ)というワードは初めて聞いた!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正夢と逆夢を簡単に説明すると、正夢は「夢で起こったことがそのまま現実でも起こること」、逆夢は「夢で見た内容と正反対の出来事が現実で起こること」を意味しています。

そのため、夢の中で相手と喧嘩して険悪な仲になっていたとしても、現実では夢と対照的にその相手との関係が深まる可能性を示しているのです。

NEXT 喧嘩の夢は吉夢が多い?強い幸運が訪れる暗示か