カラーひよこは現在売られている?寿命や値段は?作り方が残酷! 芸能人

カラーひよこは現在売られている?寿命や値段は?作り方が残酷!

縁日で売られてた色付きひよこたちは「カラーひよこ」と言います。彼らは成長することが少なく、寿命も短いです。その原因は、作り方の着色にありました。現在、身の回りでは見られませんが、カラーひよこの悲運が消えたわけではありません。ただ、見えなくなっただけなのです。

目次

[表示]

縁日で見かけたカラフルなひよこたち

お祭りで見かけたあの「カラーひよこ」たちは、我々の前から知らぬ間にフェードアウトしていました。そう、気がついたら、いなかったのです。なぜ、消えたのでしょうか。

その理由は、今日のポリコレ殺菌社会を生きる私たちには、容易に想像がつきます。べつに、存続を呼びかけるプロテスト(抗議)しているワケではありません。

しかし、大事なのは、カラーひよこが無くなったその経緯を知ることです。そして、最も肝心なことは、本当に彼らが、それによって幸せになったかを知りることではないでしょうか。

カラーひよこは全部雄?用途に恵まれない不遇な雄たち

雄のひよこは、別名抜き雄とも呼ばれます。彼らは成長しても産卵せず、エリートな食肉用ブロイラーと比べても飼料効率や育成率に劣ります。

育成業者からすれば、玉子製造機にも効率の良い鶏肉にもならない、何ら旨みをもたらす存在としては映らないのです。

値段は300円ほどで用途のない雄を販売

カラーひよこは当時の値段で約300円~400円ほどで、主に的屋が祭りで売っていました。現在では考えられませんが、フーテンの寅さんのような自由人が通学路で売っていたこともありました。

そこは児童らが帰路バラける直前の、学校にほど近いドブ川沿沿いとかでした。屋台で300円で売られていた卸し値段は22円50銭です。昔の返品率は7割ほどで、今は不況のためか9割越えになっています。

色に魅せられた児童らは、風のよう家へ。おねだりした百円玉数枚を握りしめ、駆けるよう戻りました。当時子供だった人たちには、そのような夢幻的色彩と淡く立ちのぼる臭いとの記憶があるはずです。

赤・青・緑・紫!カラフルにすればいろんな色を集めたくなる!

カラーひよこの種類は、赤、青、緑、ピンクなどありました。本来、ヒナは黄色っぽいのが普通ですが、カラフルな着色を施すことにより、子らに非日常感を演出しました。

手のひらサイズの愛らしさと相まって、なかなか良く売れました。当時だって、ニワトリなんかを一般家庭で愛玩用に買う人は珍しく、玉子目的なら一匹で十分なのです。

どこまで狙いだったのか、色違いにすることで、ある効果が生じるそうです。現在のカードゲームやガチャのように、コンプリートしたくなる欲求を引き出させるとの分析があります。

長居は無用乃介のフーテン族

かといって、種類が多過ぎても不可。着色等の病気による寿命切れ、なにより潮時が肝心だからです。昭和のジプシー寅さんにとって、一番厄介なのは警察当局とか、当時のお上ではなかった気がします。

それが動かざるを得なくさせる、まともな人の通報が一番怖かったのでしょう。良き家庭人たるもの、家庭を守らねばなりません。彼らは居間のテレビで寅さんを観るのが好きなのでした。

昭和の終わりごろになると、それら核家族は「家族ゲーム」と呼ばれ、その構成員たちは各自の部屋でテレビを観るようになります。

カラーひよこ売りは結構儲かった?ひよこの原価はとても安い

一説によれば、そのアイディアの発祥の地はフランスとされます。他には「よっちゃんイカ」でおなじみ、よっちゃん食品工業創業者の金井芳雄によるとの説もあります。

参考までに、駄菓子屋で瓶に入って売られる1串の値段の比較です。令和元年「まるごと酢いか(1ポット 20本入)」1串の値段は100円。昭和51年販売「信玄80本入り(三杯酢イカ)」は1串20円でした。

当時、ひよこは安く1羽につき10~20円で仕入れられ、それを300~400円で販売していました。旨い商売とはいえません。ここまでの安価は時間で評価すべきで、扶養者には縁のない商売といえます。

縁日ではカラーひよこ釣りも?

かつて、縁日などで普通にやられていた的屋の遊戯です。おそらく、ヨーヨーと同じ原理と思われます。

【動画】カラーひよこを釣る様子

6年ほど前の、大阪の夏の風物詩カラーはついていませんが、「ひよこ釣り」を動画です。正真正銘の「カラーひよこ」の動画がありましたが、それも6年ほど前の動画になります。

URLが載らないので「20121103 大隅町弥五郎どん祭り ひよこ釣り」で検索してください。

カラーひよこの寿命は短い?数日で死ぬことも

子供の好奇心と愛情の吐け口として、カラーひよこは買われます。問題は、その購入前に置かれる環境にありました。命なき無機物の如く徹底した、その合理性に。

素早く染料を乾燥させるため、強力な熱風を浴びせかけてしまうのです。また、飼育室とはいえないプレハブ小屋や、路地のダンボールなど環境が劣悪でした。幸か不幸か、買われてすぐ死ぬ方が多かったのです。

しかし、そこさえ持ちこたえれば、毛は約1ヵ月ほどで抜け替わります。普通の薄黄色い「ひよこ」となり、あっという間、立派なニワトリに。けっこう、間違ってメスが交っている例もあったそうです。

的屋の間では、寿命の短さから「ハヤロク」と呼ばれていた

お祭りで店をやる的屋の世界では、「カラーひよこ」は事実、早く死ぬので「ハヤロク」と呼んできました。浄土真宗などの阿弥陀経で唱える六つの文字「南無阿弥陀仏」とかけ、死ぬことを「ロクる」と洒落ていました。

日本においては、宗教といえば仏教、仏教といえば信長の功績(政教分離)以来か、葬式仏教でした。もはや隠語ではありませんが、死人のことをホトケといったりします。

カラーひよこの残酷な作り方

今からご説明申し上げるのは、かつて日本でもやられていた古典的なものです。現在、外国で行われているやり方よりはマシな方です。

スプレーで着色、ドライヤーで乾燥

繊維用の染料が薄められ、スプレー・エアブラシをかけるやり方があります。

水で薄めた染料に浸けて着色

繊維用の染料を水で薄め、コントなど使用される盥(たらい)などに浸らせます。キムチなどの野菜を和えるよう、ゴム手で色を漬けこんでいくのです。

【動画】残酷なカラーひよこの染色方法【閲覧注意】

実は、繊維用染料より残酷なのは、化学染料を使用したものですが、これにも動画を見つけることができましたが、それは敢えて飛ばします。この後、更にエグイのが控えているからです。

現在では卵の段階で染色?

現在の最先端のトレンドは、孵化(ふか)する前に終了です。排卵後11日~14日、すでにヒナの形は整っています。殻の中のalbumen(卵白)へ注射器で色素を注入します。

着色は形成期の卵内にて行われるのです。人間でいう羊水が、過酸化水素水、アンモニア、食品着色料で汚染されます。その中でヒナドリは最後の仕上げを終えるのです。

酷だという声に製造者の反論も

当然、反響が巻き起こります。残酷だから止めろというワケですが、彼らも生活がかかっているので「喰らうのはいいのか?」と反論します。

返された方は「生きるために食うのと、慰めもののオモチャとは違う」と更に反論します。

ドロ沼はまっぴらだから、固有の固執(オブセッション)も聖痕(スティグマ)も持ち合わせぬ普通の人々は逃げ出し、生活のかかった人と、特殊な人たちからなる蠱毒(こどく)と化すのがお定まりです。

カラーひよこは現在でも売られている?

現在、カラーひよこは例外はありますが、日本では売られていないようです。やはり、色々やっかいな面があったのでした。それは何も倫理的側面ばかりてはありませんでした。

道端でもよく販売されたカラーひよこ

かつては縁日だけではなく、子供たちの行き来する通学路でも売っていたりしました。お客は子供以外は考えられませんから。

現在の日本では売られていない?動物愛護の問題か

稀ではありますが、日本でも、まだ売られているようです。2013年の探偵ナイトスクープでも取り上げられていました。動物愛護の観点から売る方も買う側もしだいに減って行ったようです。

実は、成長してしまった後の方が問題でした。かわいくなくなって捨てられ野良化したり、騒音などで近所迷惑になるからです。

成長した鶏が及ぼす被害も関係?

平塚の七夕祭りで売られたカラーひよこが、平塚八幡宮に捨てられていました。一時は成長した野良ニワトリが凶暴化して、その境内を占拠していました。

それから、とらかくうるさい。雄同士が縄張り争いのためか、年中鳴いているのだそうです。

事の顛末として、カラーヒヨコが売られなくなって数年後に沈静化しました。純粋に野生のものと違って、ニワトリは寒さに弱いようですから、長生きは難しいのでしょう。

海外ではまだ売られている?

モロッコ、インド、中国、イエメン、インドネシア、アメリカのアリゾナ州、タイ、フィリピンなどで売られていたのが確認されています。

寿命の短いカラーひよこが長生きすること

ほとんどのものが寿命を全うすることはありませんが、中には成長にこぎつけるものも、チラホラいるようです。

成長したら色は残らない?毛が生え変わって白い鶏に

画像はひよこ時代の着色が定着したものではないことは、おわかりでしょう。新しく生えた羽は地の色で生えてきます。それも、成長とともにやがて白くなり、まっしろな普通のニワトリになっていくのです。

【動画】カラーひよこが立派な雄鶏に成長した話

実話かどうかは定かではありませんが、泣ける話だそうです。人に寄りけりでしょうが。

カラーひよこの登場する本も!?

この本は、日常生活と昔の思い出などで構成されています。小川さんの視点に感心しつつ共感しながら、とても幸せで優しい気持ちになれる、との読者の感想がありました。

「カラーひよことコーヒー豆」著・小川洋子

『博士の愛した数式』などで有名な小川洋子さんのエッセイ集です。新しく書き下ろしたものも収録されています。

人気イラストレーター寺田順三さんの手による装画は、文庫版のオリジナルです。後ろの解説では、モデルや女優として活躍されている菊池亜希子さんがしています。

ひよこ以外のカラー動物も存在

ひよこで出来るんだから、他の生物でも出来ると考えるのは当然の成り行きでしょう。愛玩用の小さな生き物に限りますが幾つかいるようです。

パステルカラーのカエルたち

アフリカツメガエルのアルビノに、人工的に着色した物らしいです。 中国が元祖とのこと。

カラーリングされたウサギも

昭和の時代のよく分からないマイナーアイドルでしょうか。「安いかずみ」とは作詞家らしく、画像の女性とは年齢的に関係ないようです。

NEXT:品種改良によるマーブルウサギ
1/2