家蜘蛛(イエグモ)は益虫だった!害虫を食べてくれて縁起もいい!

小さい蜘蛛、大きい蜘蛛、赤い蜘蛛など蜘蛛の種類や大きさにも様々あり「苦手」という人も多く手軽にスプレーで駆除できる商品も販売されていますが、家蜘蛛は厄介な虫を食べてくれる益虫です。中には家蜘蛛をペットにしている人もいます。ここではイエグモについてご紹介します。

イエグモ(家蜘蛛)とは?害のない益虫?

jplenio / Pixabay

「大きさ、色などに関わらずクモ全般が苦手」「家の中で虫を見つけたらすぐに駆除する」という人も多いのではないでしょうか?

しかし、「イエグモ」と呼ばれる蜘蛛たちは人の生活に役立つ益虫だということをご存知でしょうか?ここからはイエグモについてご紹介していきます。

家で見かける「イエグモ」とは?

TRAPHITHO / Pixabay

どこから侵入したのか、いつの間にか家の中にいる「イエグモ」。「イエグモ」とは、主に家の中に現れるクモのことを言いますが、家の中に現れるクモの種類は限られています。

家の中で見かけるクモは「チャスジハエトリ 」「アシダカグモ」「ジョロウグモ」「コガネグモ」「イエユウレイグモ」「ヒラタグモ」「ジグモ」「ハエトリグモ」「アダンソンハエトリグモ」です。

日本には約1200種類のクモがいるそうですが、基本的に家の中に現れるクモはこの中のどれかしかいないそうです。

ほとんどの蜘蛛は生活に役立つ「益虫」!

グロテスクな見た目から、「蜘蛛が苦手…」という人は多く、家の中で蜘蛛を見かけたらすぐに殺虫スプレーなどを使い駆除をしてしまう人も少なくないと思います。

しかし、蜘蛛は動物食で他の厄介な害虫をを食べ、害虫を食べ尽くしてしまうと害虫(餌)がいる場所を求めて自然と家からいなくなります。その為蜘蛛は、「益虫」と呼ばれています。

Couleur / Pixabay

ある調査データで水田近くに巣を作っている蜘蛛を調べたところ、一晩で約300匹のヨコバイが捕獲されていたそうです。

つまり、蜘蛛は獲物の習性や行動を把握し、獲物が通る場所に罠(巣)をかけていたということになります。

自宅で「やたらと蜘蛛を見つける」という場合は、人にとっての害虫がいる(多い)ということです。

小バエやゴキブリの幼虫なども退治

skeeze / Pixabay

「アダンソンハエトリ」というハエトリグモ科の蜘蛛は、その名の通りハエを捕獲してくれる蜘蛛です。体長は6~9ミリと非常に小さいのですがコバエ程度の大きさであれば一瞬で捕獲します。

さらに、コバエだけでなく小さなゴキブリ、ダニも退治するそうです。

益虫なのに不衛生で怖いイメージを持たれ嫌われている

werner22brigitte / Pixabay

蜘蛛は見た目のグロテスクさなどの理由から嫌われがちで「怖い、気持ちが悪い」といった悪いイメージを持っている人は多いと思います。

また、海外では特に毒蜘蛛によって人が亡くなったという事例もある為「不吉」「蜘蛛=毒」という印象を持った人もいます。

さらに蜘蛛の巣が家にあるだけで不衛生な印象を持たれるなど、「益虫」と言われる割には嫌われている生き物です。

Alexas_Fotos / Pixabay

しかし、「怖い」と言われる蜘蛛ですが実はほとんどの蜘蛛は臆病な性格をしていて物音で逃げてしまう蜘蛛もたくさんいます。

また、日本に生息している約1200種類の蜘蛛のうち、人間に悪い影響を与えるような毒を持った蜘蛛はほとんどおらず、特性の強い蜘蛛は海外から侵入した蜘蛛です。

WikiImages / Pixabay

現在、日本で確認されている人に悪影響を与える強い毒性をもった毒蜘蛛は「セアカゴケグモ」「クロゴケグモ」「ハイイロゴケグモ」「アカホシゴケグモ」「カバキコマチグモ」などです。

これらの毒蜘蛛も刺激をしない限り攻撃的になる事はありません。

NEXT 家を守ってくれるクモ、退治する必要はない?