ポリゴンショックとは?死亡者はいた?当時の状況や事件後の影響は?

ポリゴンショックとは、アニメのポケモンでの演出が原因で、発作を起こした視聴者を多数発生した事件です。ニュースでも取り上げられ、死亡者もいたと囁かれるポリゴンショックですが、実際はどのような事件だったのでしょうか?ポリゴンショック事件について紹介していきます。

ポリゴンショックとは?アニメの演出で子供が病院送りに?

1662222 / Pixabay

ポリゴンショックとは、1997年に放送されたポケモンのアニメの中で使用された「パカパカ」という演出により、子供を中心とした視聴者が発作を起こしたという放送事故です、

中には病院に搬送された子供もいたことから、一時期はポケモンそのものが危険視される社会問題にも発展しました。そんなポリゴンショック事件の概要を紹介していきます。

ポリゴンショックとは、過剰な演出による放送事故?

Free-Photos / Pixabay

ポリゴンショックとは初代のアニメ・ポケットモンスター内で行われた、光と原色を組み合わせた過剰な演出が原因で起こった放送事故です。

ポケモンの主な視聴者層は幼稚園~小学生の児童であったこともあって、多数の被害者が出たことから、当時は社会問題にまで発展しました。

ポケモン事件、ポケモンパニックとも呼ばれる?

ポリゴンショックとは、バーチャルポケモン・ポリゴンが登場した回で起きたことから付いた俗称です。

この時起きた放送事故にはいくつも呼び名があり、ポケモン事件、ポケモンパニック、ポケモンショック、ポケモンフラッシュと様々な名称で報道されました。

被害状況は?死亡者はいた?

UzbekIL / Pixabay

ポリゴンショック発生時、この回のポケモンを視聴した多くの子供が、頭痛や吐き気といった体調不良を訴えて病院に搬送されたと言います。

放送直後に病院を受診した子供の総数はなんと651人にも上り、うち130人が入院をしました。

死亡者こそ出ませんでしたが、ここまで多くの子供が同じTV番組を観ただけで病院に搬送されるというのは、前代未聞の出来事でした。

被害者数でギネス記録にも認定されている?

被害者の多さから、この事件は国外でも話題となり、「最も多くの視聴者に、発作を起こさせたテレビ番組」として、ギネス記録にも認定されてしまいました。

また「ザ・シンプソンズ」や「サウスパーク」といったアメリカの人気テレビアニメでも、ポリゴンショックの様子はパロディとして取り上げられました。

NEXT ポリゴンショックが起こった当時の状況は?