森絵梨佳の旦那は誰?子供は?なりたい顔No.1のメイクも紹介! エンタメ

森絵梨佳の旦那は誰?子供は?なりたい顔No.1のメイクも紹介!

目次

[表示]

チークは血色感がにじみ出るピンクかヌーディーカラー

チークにも、パウダーチークやリキッドチークなどいろいろな種類がありますが、森絵梨佳さんはリキッドチークを愛用されています。

チークを手の甲に少し出し、指で頬骨の高い位置から色を調整しながら、自分の好きな濃さまで塗っていきます。

ピーンズな形に頬骨に沿ってチークを塗っていけば、内側から湧き出てくるようなジューシー血色感をだすことができます。

森絵梨佳が実践するスタイル維持のダイエット法

森絵梨佳さんのお顔はとても美人ですが、顔だけでなく、スタイル維持にも気を使われています。ここではそんな森絵梨佳さんのスタイル維持法やダイエット法についてまとめました。

ホットプーアール茶を飲む

jsbaw7160 / Pixabay

森絵梨佳さんはダイエットの一環として、ホットプーアールティーを毎日飲まれているそうです。

プーアール茶は400年以上も前から日本で親しまれているお茶なのですが、もともと漢方の国、中国から伝わってきたとてもヘルシーな発酵茶です。

このプーアール茶には脂肪を燃焼していく効果と脂肪の吸収を防ぐ効果があり、どちらの効果も体型の気になる、特に女性にはとっても良い効果で試してみる価値ありそうですね。

睡眠を6時間以上とる

Claudio_Scott / Pixabay

森絵梨佳さんは夜の0時までには必ず寝るようにし、睡眠は6時間以上も取り、ときには撮影の合間などにも仮眠をし、「睡眠」を大事にされているようです。

またお肌のために、お肌のゴールデンタイムと言われている、午後10時から深夜2時までの睡眠は特に気をつけて絶対に寝るようにしていると言われています。

そんな規則正しい生活をされている森絵梨佳さんですが「予定がない日はお昼に起きて、夕方に寝て夜に寝て、12時間睡眠することもある。」と語られていたことから、寝ることがすきなのではないかと考えられます。

上を向いて顔のたるみ防止

Foundry / Pixabay

森絵梨佳さんが普段の日常生活の中で特に気をつけていることは、「顔のたるみ予防」だそうで、携帯や本などを読む時でも下を向いて作業していると頬がたるんでくるそうです。

そのため、森絵梨佳さんはできるだけ普段の生活の中でも、頬がたるまないようにできるだけ上を向くように意識しているそうです。

さすが、美容に詳しい森絵梨佳さん、ほんの少しの日々の習慣や注意で頬のたるみや、劣化などを防ぐことができるんですね

全身のむくみを取るマッサージ

Mariolh / Pixabay

森絵梨佳さんは、お風呂上がりのスキンケアの後には、ボディマッサージもいつもの習慣だそうで、寝転がり足を上げて、足のつま先から腿に向かってリンパを流すようなイメージでマッサージしていきます。

マッサージした後の仕上げには足をバタバタと動かし、血の巡りをよくしておくと翌日には足がすっきりしすたすたと歩け、むくみ知らずの足になっています。

また顎から耳、耳下から鎖骨、手先から脇、足先から腿にかけてリンパマッサージを行うと、代謝もアップして体全体がすっきりとし、次の日には体は軽くなります。

食生活に気を付ける

Free-Photos / Pixabay

森絵梨佳さんは体型維持のために自分ルールがあるようです。

  • 満腹になるまで食べない。
  • 炭水化物を抜いている。
  • 甘いものはケーキやクッキーなどではなくフルーツを食べる。
  • 野菜は火を通したものではなく、生野菜を食べるようにする。
  • 納豆やヨーグルトなどの発酵食品を摂取し、常に腸内の調子を良くしている。

森絵梨佳さんは納豆、ヨーグルト、トマトをよく食べ、美容には味噌汁が良いと考えておられます。

正しいダイエットをするために森絵梨佳さんは野菜ソムリエの資格を取り、健康に異常が出ない程度で自分を追い詰め、体型維持に努力されています。

ヨガとランニング

StockSnap / Pixabay

森絵梨佳さんは体型維持のために食生活に注意するだけでなく、ヨガを長年続け、その後運動することが好きになったようで、現在は5kmを週に3回ランニングされているそうです。

激しい運動が苦手だった森絵梨佳さんは、動きが激しくないヨガが自分に合い。ヨガを初めてから体が柔らかくなったたり、代謝が上がり、ホットヨガではリンパの流れが良くなったことで肌質が変わったようです。

森絵梨佳さんはその美貌を保つために、食生活から運動までにこだわり、やはり努力なしで体型キープなどはできないということですね。

笑顔のかわいい森絵梨佳をもっと知りたい!

DzeeShah / Pixabay

笑顔が絶えず、いつもハッピーで前向きな森絵梨佳さんに関する他のエピソードについてまとめました。

森絵梨佳のパーソナルカラーはスプリング!美人で似合うものも幅広い

castleguard / Pixabay

森絵梨佳さんのパーソナルカラーはキュート、フレッシュ、ヘルシータイプのスプリングカラーなので、真っ赤のリップよりも、柔らかいホワイトピンクのようなリップなどの方が似合うということです。
今パーソナルカラー診断は、自分に似合う色が見つかると日本でとても話題になり、「自分に似合う色がわかるとおしゃれがもっともっと楽しくなる」と人気のようです。

しかし森絵梨佳さんはその色白の肌に加え整ったルックスなのでスプリングカラーだけでなく、幅広くおしゃれが楽しめるはずです。

ヒルナンデスでカバンの中の愛用品を紹介!

catayhome / Pixabay

2019年2月12日の日本テレビ系で放送された「ヒルナンデス」で気になるカバンの中身覗くンデスのコーナーに森絵里香さんのバックの中身をご紹介されました。

  • アヴェダのヘアブラシ
  • 携帯用はちみつ「マヌカブレンド」
  • RMKのオイル美容液
  • 保湿リップスティック
  • ツヤ肌になるラメ入り化粧水

森絵梨佳の経歴

Free-Photos / Pixabay

こんなに可愛く、美人な森絵梨佳さんはどんな経歴をお持ちなのでしょうか。ここでは森絵梨佳さんの経歴についてまとめました。

小学5年生で「あっぱれさんま大先生」に子役として出演

実は森絵梨佳さんは小学校5年生の時、子役としてフジテレビ系列で放送されたバラエティ番組「あっぱれさんま先生」に出演されています。

高校入学と同時に上京

cegoh / Pixabay

森絵梨佳さんは地元である、宮城県仙台市を高校入学と同時に離れて、上京されました。

上京後、日出高等学校を入学し卒業され、亜細亜大学経営学科へ入学卒業されています。

2000年から雑誌の専属モデルを始める

adamkontor / Pixabay

森絵梨佳さんは2000年から雑誌の専属モデルなどの活動を始められました。

高見沢俊彦プロデュース「Doll’s Vox」として活動

森絵梨佳さんは高見沢俊彦さんプロデユースの「Doll’s Vox」というガールズユニットの一員として活動されていました。

フジテレビの番組「SDM発i」内で高見沢による「たかみープロジェクト」から生まれた企画であり、その後フジテレビ721の番組 「CS発!美少女箱」で詳細に放送された。「U-15アイドル界のトップ25人の女の子たちを集めてグループ活動を展開する」という、当時としては壮大なプロジェクトであった。

(引用:Wikipedia-Doll’s Vox -)

2005年ヤングジャンプ「制コレ04」でグランプリを受賞

QuinceMedia / Pixabay

その後森絵梨佳さんは「週刊ヤングジャンプ」や「全国女子高生制服コレクション2004年」にてグランプリを受賞され、輝かしい記録を残されました。

また歴代の全国女子高生制服コレクションの受賞者として、森絵梨佳さんが唯一東北出身の方です。

「仮面ライダー響鬼」の持田ひとみ役で注目を集める

森絵梨佳さんはモデルとしての活動が目立ちますが、モデル業だけでなく、女優としても活動されています。

しれが、2005年1月から2006年1月まで朝日系で放送された「仮面ライダー響鬼」で森絵梨佳さんは持田ひとみという役で16歳の時に出演されました。

「仮面ライダー響鬼」に出演されたことがきっかけで、森絵梨佳さんは当時とても注目を集めました。

芸能人女子フットサル「南葛YJシューターズ」に所属していた?

jarmoluk / Pixabay

森絵梨佳さんは一時期、「南葛YJシューターズ」現在の「南葛シューターズ」という芸能人女子のフットサルチームに所属されていました。

大学入学を機に芸能活動を一時休止

patricksommer / Pixabay

森絵梨佳さんは大学入学を機に、学業を優先してか、芸能活動を一時休止されました。

2008年「ゼクシィ」CMで話題となる

芸能界の活動を一時休止されていた森絵梨佳さんでしたが、2008年に雑誌「ゼクシィ」のCMで「かわいい」「この子誰?」と話題となり一気に注目を集めました。

2010年以降は女性向けのファッション雑誌、美容雑誌をメインに活動されています。

2013年「いまなりたい顔No.1」に選ばれる

森絵梨佳さんは2013年11月号の雑誌「Soup.」で「いまなりたい顔No.1」として選ばれ、その雑誌内で森絵梨佳さんの特集が組まれました。

森絵梨佳の出演作品

DariuszSankowski / Pixabay

数々の雑誌の表紙を飾られたり、ページに登場されている森絵梨佳さんですが、ここでは主に森絵梨佳さんの代表的な出演作品についてご紹介します。

映画「劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」

2005年9月3日に公開された映画「劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」で森絵梨佳さんは「ひとえ」という役で出演されました。

この映画は特撮ヒーロー番組「平成仮面ライダーシリーズ」ドラマ「仮面ライダー響鬼」を映画化した作品でテレビシリーズにも登場する人物が劇場版でも登場されます。

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」

2016年4月4日から同年の10月1日にNHKで放送された、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に森絵梨佳さんは「さくら」役として出演されました。

主演を勤められたのは、若くして大女優の 高畑充希さんで、他のキャストには西島秀俊さん、 木村多江さんなどが出演され、平均視聴率は22%という数字を記録したドラマです。

静岡県・遠州に生まれ、亡き父に代わって母と妹たちを守る「とと(父親)」の役割を果たし「とと姉ちゃん」と呼ばれて育つ小橋常子(こはし つねこ)をヒロインに、戦前・戦後の激動する昭和時代をたくましく生き抜いてゆく三姉妹の家族年代記と、彼女らが東京で女性のための雑誌を作る出版社を立ちあげ、「魂のパートナー」となる天才編集者・花山伊佐次(はなやま いさじ)と出会い、雑誌『あなたの暮し』を刊行し一世を風靡する挑戦のストーリーを描く

(引用:Wikipedia-とと姉ちゃん -)

高畑充希に関する記事はこちらから

ファッション誌「Candy」「Seventeen」「ar」「VoCE」「MAQUIA」など

crookoo / Pixabay

森絵梨佳さんは、ファッション雑誌、「Seventeen」「ar」「VoCE」「MAQUIA」や2000年から専属モデルとして出演し続けている雑誌「Candy」に登場されています。

ユニクロ「ブラトップ」キャンペーンモデル

森絵梨佳さんは2016年からCMで放送されているユニクロの「ブラトップ」のキャンペーンモデルとして出演されています。

健康的な体つきの森絵梨佳さんだからこそ、ユニクロの売りでシンプルなブラトップのモデルとしてぴったりだったのでしょう。

NEXT:「SALA」イメージキャラクター
2/3