下條アトムの現在は?結婚してる?妻や子供は?病気説も!? エンタメ

下條アトムの現在は?結婚してる?妻や子供は?病気説も!?

下條アトムさんといえば「世界ウルルン滞在記」といっても過言ではない程に、その特徴的な声と喋り方で有名なナレーター兼俳優です。今回はそんな彼の俳優声優としての経歴と現在、出演作品、本名なのか、「鉄腕アトム」と関係があるのかなどについて紹介します。

目次

[表示]

下條アトムの現在は?俳優やナレーションで活躍?

下篠アトムさんは、最近はテレビやナレーションとしてのご活躍を見かけることは以前と比べると少なくなりましたが、今でも現役で活躍されているようです。

下條アトムさんといえば独特の語り方のナレーターでありますが、俳優、声優としても幅広く活躍されています。1969年に連続テレビ小説「信子とおばあちゃん」で「谷口一彦」役としてドラマデビューされています。

「世界ウルルン滞在記」を始め、「今夜解明!ミイラが暴く世界三大ミステリーツアー」等の番組にナレーターとして出演されています。

下條アトムのプロフィール!現在の年齢や画像は?

  • 生年月日 1946年11月26日
  • 年齢   72歳(2019年5月現在)
  • 出身   東京都
  • 身長   168cm
  • 血液型  O型

俳優「下條正巳」を父に、女優「田上嘉子」を母に持ちつ下條アトムさん。幼い頃より父正巳さんの楽屋に出入りし、俳優という仕事に興味を抱き、自身も両親と同様、俳優の道しか考えられなかったといいます。

下條アトムは、現在でも俳優・声優として活躍中

466654 / Pixabay

ドラマ「特捜9」や、紀行番組である「世界一周 魅惑の鉄道紀行」といった比較的最近放送されていた番組にも出演されていますし、これから公開になる作品にも出演が予定されています。

1995年から世界ウルルン滞在記のナレーターを務めている

世界ウルルン滞在記を視聴されていた方なら「下條アトム」の名前を知らない人はいないであろうという程、記憶に残る独特のナレーションはとても有名です。

2019年春には、スペシャル回が放送

旅人は竹内涼真さんと松本穂香さんの両名です。竹内涼真さんはミャンマーへ、松本穂香さんはサハ共和国へそれぞれホームステイされています。

2017年、映画「ポエトリーエンジェル」や「わさび」に出演

「ポエトリーエンジェル」は2017年5月13日に公開された飯塚俊光監督の日本映画です。下條アトムさんは年金暮らしの老人「中島甚次郎」役として出演されています。

「わさび」は2017年8月26日に公開された外山文次監督の日本映画です。主人公「山野葵」がかつて所属していた少年野球チーム「高山メッツ」の監督「梅田庄吉」役として出演されています。

2018年には、ドラマ「特捜9」や映画「純平、考え直せ」にも出演

「特捜9」は2018年4月11日からseason1が放送され、2019年4月10日からeason2が放送、2019年4月7日にスペシャル回が放送された刑事ドラマシリーズです。

下條アトムさんはseason1の第3話「殺人都市計画」に「大屋源治」役でゲスト出演されています。

2018年9月22日に公開された森岡利行監督の映画「純平、考え直せ」にも出演されているようです。

一時期、病気だったという噂がある?

qimono / Pixabay

2007年4月、世界ウルルン滞在記リニューアルの際、下條アトムさんが降板し、松尾スズキさんに変わったことで下條アトムさんは病気なのでは?と言われていたのですが、実際は単に交代というのが事実のようです。

時期は不明ですが声が出せないほどに衰弱し、倒れてしまったことがあるそうです。正確な病名や、それによって休養していたのかなども明らかにはなっていないようです。

現在は健康を取り戻し、気をつけながら生活しているとテレビで語っておられたようです。

下條アトムの最新情報は?ブログやSNSはある?

画像は2019年10月4日に公開予定の雨宮慶太監督の映画「牙狼 GARO 月虹ノ旅人」のもので、こちらに下條アトムさんもご出演されるようです。

2019年1月には日本劇作家大会2019 スペシャルリーディング「痕跡(あとあと)」という作品を上演されています。

ブログ、SNSに関しては下條アトムさん個人のものはどうやらなさそうです。

下條アトムは結婚している?家族や子供は?

smpratt90 / Pixabay

下條アトムさんの家族構成はどういった形なのか?両親、奥さん、子供に関して、あまり知られていない下條アトムさんの家族について詳細を記します。

下條アトムは結婚している?現在独身?

ANURAG1112 / Pixabay

どうやら現在は独身のようです。ただし離婚歴があるようで、2度の結婚と離婚を経験されているようです。

2度の離婚を経験?理由は?

quicksandala / Pixabay

1度目の離婚は1977年頃らしいのですが、正確な結婚時期、離婚時期は不明です。下條アトムさんが30歳前後のようで仕事が軌道に乗り始めた頃と重なり、生活にすれ違いがあったのでは?と言われています。

2度目の離婚は随分後で2002年に離婚されていて、現在は独身であるとのことです。23年間という長らく連れ添った夫婦であったそうです。

原因は下條アトムさんと女優の仁科明子さんの不倫なのではないか?と噂されていたようですが、離婚後、再婚もしなかったことからこれはただの噂であるとも言われています。

下條アトムの妻はどんな人だった?

Free-Photos / Pixabay

最初の妻も2度目の妻もプロフィールが出回ってないことから一般人の女性だと思われます。どのような方だったかも公に公表されていないようです。

下條アトムに子供はいる?息子?娘?画像は?

娘さんがいるとのことですが、年齢や名前といった詳しい情報までは公開されていないようです。画像は以前娘さんと共演された時の番組のものですが彼女が娘さんかどうかは定かではありません。

下條アトムは子供と一緒にテレビ出演したことも?

以前番組で共演されているようです。BS朝日の「珠玉の感動ストーリーありがとう」という番組のようです。親子関係は良好なようで、その時に娘さんに対する気持ちをいろいろと伝えられているようです。

下條アトムの子供は、現在何をしている?

n-k / Pixabay

どうやら芸能関係者ではなく一般人の方のようで、娘さんに関する情報は見つかりませんでしたが、番組共演の際に下條アトムさんがその気持ちを伝える際、娘さんはご結婚されていることを会話内でおっしゃっています。

「離婚して負担をかけてしまった一人娘に対する後悔の気持ち。今年、結婚した娘にこれまで言えなかった思いも伝えたい」

(引用:BS朝日 番組サイト)

下條アトムの父親は俳優・下條正巳、母親は女優・田上嘉子?

父母共に俳優、女優という芸能一家という環境で育ち、息子である下條アトムさんが俳優になる道を選んだのは父、正巳さんと舞台の楽屋に行った際その魅力に強く惹き込まれたからだと言います。

しかし父正巳さんは猛反対されていたようで、理由は食えないし何の保証もないからとのこと。だったらなぜ親父はやっているのかと尋ねたら困った末に「そりゃそうだな」と返答があり認めていただけたそうです。

父正巳さんは2004年7月25日午後3時55分に膵臓がんのため死去されています。

下條アトムの名前の由来は?鉄腕アトム?

「アトム」とは?と問われた時に鉄腕アトムと答える人もいるでしょう。では、下條アトムさんの「アトム」と鉄腕アトムの「アトム」に関連性はあるのでしょうか?気になるワード「アトム」について説明します。

下條アトムは本名だった!?

「下條アトム」の名前を目にした時に本名なのか?芸名なのか?という疑問を抱いた人もいたのではないでしょうか?実はきちんと親から付けられた本名のようです。

名付け親は父親?由来は?

名付けの親は父の下條正巳さんとのことで「アトム」には父、正巳さんの思いが込められています。

父の正巳さんは将来は日本もアメリカのように名前・苗字の順になると考え、ローマ字順の名簿になる可能性も考え、だったらアルファベットのAは最初に呼ばれるとの理由からatom(アトム)と名付けたそうです。

更に、atomは英語で原子という意味で、原子力は今後戦争などではなく発電など、平和的な用途で使用されるだろうという願いを込めて「アトム」と名付けられたようです。

鉄腕アトムより先に生まれている?

「アトム」は鉄腕アトムと関連が?と思う人もいるかもしれませんが、漫画連載開始が1952年4月で、下條アトムさんの生年月日が1946年11月なので下條アトムさんの方が先に生まれていることになります。

名前がきっかけで手塚治虫と対面したことも?

下條アトムさんが小学生の頃に「私の秘密」というテレビ番組に「アトム」という名前は本名ですということで出演したのがきっかけとのことです。

出演をきっかけに「下條アトム」という名前の子供がいるということが手塚治虫さんの耳に入り、下條アトムさんの家に取材にこられたそうです。

同級生にはウランちゃんがいた?

実話のようです。「賀来ウラン」さんというそうです。テレビ出演の際に下條アトムさんと同級生の賀来ウランさんと一緒に出演されたそうです。

当時カタカナの名前が珍しい中、このお二人が本名です、とテレビに出たわけですからかなりのインパクトだったのではないでしょうか。

ウルルン滞在記のナレーションは誇張していた?

世界ウルルン滞在記の大きな特徴の一つである下條アトムさんのナレーション。これは最初からではなかったのだそうです。話題になるほど特徴的なナレーションになったその経緯を記します。

ウルルン滞在記とは?

日本の俳優、女優、タレントがリポーターとして海外にホームステイし、その中からその土地の文化や常識などを問題として出題し、パネリストがトークを交えつつ問題に挑戦するという世界紀行ドキュメント番組です。

リポーターが民族の村、寒冷地、文化的な町や村といった様々な環境で数日間ホームステイして、そこでの暮らしや文化を学び、挑戦し、現地の人と生活を共にし、ラストは少し悲しいお別れをするという内容です。

番組の内容から「ウルルン」は涙の「ウルウル」が語源になっていると誤解する人が多かったようですがこれは、出会うの「ウ」、泊まるの「ル」、見るの「ル」、体験の「ン」が番組名の語源となります。

ホームステイに関する記事はこちら

1995年、下條アトムはウルルン滞在記のナレーションに

世界ウルルン滞在記の大きな特徴のひとつはやはりなんといっても下條アトムさんのナレーションです。他に類を見ない特徴的なナレーションは番組の人気に大きく貢献したと言えるでしょう。

「出会った~」というフレーズが有名に?モノマネされることも多い?

モノマネをする人は大変多かったようです。下條アトムさん本人は自覚がなかったようで、そこまで話題になっていることは知らなかったようです。

イジリー岡田さんもモノマネをされていた1人ですが、それが理由で世界ウルルン滞在記DVD発売記念イベントにゲストとして呼ばれたそうです。

NEXT:最初は「出会った~」というフレーズはなかった?
1/2