全自動卵割り機とは?サザエさんに登場?ニコ動で逆再生や別キャラも おもしろ

全自動卵割り機とは?サザエさんに登場?ニコ動で逆再生や別キャラも

国民的アニメ・サザエさんの伝説の回「全自動卵割り機」の話をご存知でしょうか?波平とノリスケの妙なテンションも相まって、ニコニコ動画ではMADも大量に作られた通称「全自動卵割り機」ことサザエさんの「父さん発明の母」。神回とも呼ばれた本作について紹介していきます。

目次

[表示]

サザエさんの伝説回!全自動卵割り機がニコニコ動画で話題

JESHOOTS-com / Pixabay

サザエさんの伝説回・全自動卵割り機は、放送されるやいなや「カオスすぎる!」とネットで大きな話題を呼んだ作品です。

国民的アニメらしからぬ奇妙な展開は、多くの人の想像力と創作意欲を刺激し、一時期はニコニコ動画を中心に様々なMADやパロディ動画が生み出されました。

ここでは、全自動卵割り機とは一体どのような話だったのか、その概要を紹介していきます。

全自動卵割り機とは?サザエさんに登場?

全自動卵割り機は、アニメのサザエさんオリジナルの話です。原作の4コマ漫画には登場しないアイテム、「全自動卵割り機」が磯野家にやってきたことで起こる騒動を描いた話となっています。

全自動卵割り機が話題になった『父さん発明の母』回とは

全自動卵割り機がサザエさんに登場したのは、2007年5月27日放送の「父さん発明の母」という回です。

ちなみにこの回には、全自動卵割り機に並ぶ神器と呼ばれる発明品「グルグルダシトール」も登場しました。

いきなり全自動卵割り機を買ってきた波平

「父さん発明の母」は、何の前置きもなく、波平が全自動卵割り機を買ってくるシーンから始まります。全視聴者が全自動卵割り機を知っていて当然!と言わんばかりの強引な展開です。

このような始まりは、原作の4コマ漫画をベースにしてストーリーを作っているため起承転結がしっかりしているサザエさんのアニメでは、非常に珍しいものとなっています。

波平曰く「あっと驚く主婦の味方」?

全自動卵割り機を買ってきた波平は、出迎えた舟とカツオに「アッと驚く主婦の味方」を買ってきたと豪語します。このセリフも、ネットでは一時期話題になりました。

全自動のわりに手動っぽいところも

全自動卵割り機はその名の通り、自動で卵を割ってくれるという機械なのですが、手動で卵を入れてレバーを引く必要があるなどアナログな面も見受けらます。

説明書も熟読する必要がある様子で、カツオからは「手で割った方が早い」という的確なツッコミも入っています。

ノリスケが卵割り機を罵倒

波平が調子に乗って卵を割りまくったせいで、舟によって大量の卵焼きが作られ、真っ黄色になった磯野家の食卓。「機械で割った卵は一味違う」などとご満悦な波平とマスオ。磯野家の夜は更けていきます。

翌朝も波平は卵割り機のことで頭がいっぱいの様子で、若干サザエさんと舟が引いている様子も見られます。

そして、この日の夜に突然磯野家を訪れたノリスケが、道端で実演販売をしていた卵割り機と、卵割り機の購入者を盛大に罵倒したことが、波平の逆鱗に触れてしまうのです。

罵倒したことで波平激怒!波野家を出入り禁止に?

「手で割った方が早い」「あんなものを買うのは料理をしない男」。ノリスケのもっともな指摘に激怒した波平は、彼を磯野家から追い出し、出入り禁止を言い渡すのです。

波平の常軌を逸した卵割り機への思い入れと、ノリスケの失言シーンで流れる不気味なBGM・通称ノリスケ死のテーマも、この回が伝説と呼ばれる所以の1つと言えます。

ノリスケが挽回するために新たな発明機『グルグルダシトール』を設計

すっかりへそを曲げて、全自動卵割り機を使わなかくなった波平。そんな卵割り機を気に入ったのが、イクラちゃんでした。

イクラちゃんが借りてきた全自動卵割り機を見て、何故かすっかり魅了されてしまったノリスケは、自分も便利調理器具を発明しようと試みます。それが自動鰹節削り機・グルグルダシトールです。

波平とマスオがその発明を大絶賛!

ノリスケはグルグルダシトールの設計図を持って、波平の元に謝罪に向かいます。最初は拗ねていた波平ですが、グルグルダシトールの設計図を見ると、一転してそのアイディアを絶賛するのです。

そしてマスオも交えて3人で、どうしたらグルグルダシトールを実用化できるかを話しあうのでした。

サザエさん達はそんな姿を見て呆れていた

ストーリーの序盤から、全自動卵割り機フィーバーに対して冷静だったサザエさんは、グルグルダシトールの話を持ちかけられると「頭を冷やせ」と、冷ややかなツッコミを入れています。

舟も「飲酒やギャンブルよりも健全な趣味だから…」と消極的な理由で、波平たちを見守っていました。

カオスな内容に、ネットで話題となった

kaboompics / Pixabay

「父さん発明の母」は、結局グルグルダシトールの製作に波平、マスオ、ノリスケの3人が没頭するシーンで終わります。

結局何が言いたかったのかわからないサザエさんらしからぬストーリーと、カオスな展開と演出は、ネットを騒然とさせました。この回には、何度見ても笑える、定期的に観たくなるといった評価も寄せられています。

公式ランキングで全自動卵割り機がサザエさん神回にランクイン?

PatternPictures / Pixabay

2007年に放送されたサザエさんの全自動卵割り機の回ですが、その異質さは多くの人の心に残りました。そして、後年に放送された公式のランキングでも、人気回として高評価を獲得したのです。

ここでは、放送後に全自動卵割り機が話題となったエピソードなどを紹介していきます。

「1億3千人が選ぶアニメ&特撮ヒーロー&ヒロインベスト50」の第2位に!

1966666 / Pixabay

アニメの上映から5年経過した2012年、フジテレビ系列で特別番組「1億3千人が選ぶアニメ&特撮ヒーロー&ヒロインベスト50」が放送されました。

そして、その中で特集された「サザエさんの神回トップ10」の第2位に、「父さん発明の母」がランクインしたのです。

理由はマスオの奇声「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ゛」?

父さん発明の母では波平の奇行が目を引きますが、実はマスオも冒頭からおかしく、いつも以上に波平の太鼓持ちの技が光っていました。

特に、全自動卵割り機で割った卵でつくった卵焼きを食べた時の一言、「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ゛」という謎の奇声は、マスオの名セリフとまで言われています。

このセリフはネットの流行語を収録した「現代用語の基礎知識2008年版」にも掲載されており、全自動卵割り機の人気要素の1つとなっています。

開始から最後までノリで繰り広げられる展開がカオス?

家族で見られるアニメの代表として知られるサザエさんは、教育的な内容のエピソードが多いのが特徴です。

しかし、この全自動卵割り機の登場回は、ストーリーにテーマがあるのかも不明なうえ、最初から最後まで波平の暴走が描かれたカオスな展開となっています。

ちなみに、この回を担当した雪室俊一氏はベテランの脚本家で、たまに「公式が病気」と称される脚本を執筆することで知られています。

実は黒歴史!?封印してきた秘密映像の一つとして放送されたことも!

stux / Pixabay

2013年に、フジテレビ系列でサザエさんの特集番組を組まれた際には、何故か「今まで封印されてきた秘蔵映像」の1つとして、全自動卵割り機の映像が紹介されました。

実際に放送された話なのに秘蔵ということは、なかったことにしたいということか?と話題を呼び、全自動卵割り機は公式から黒歴史扱いされている、という疑惑も持ち上がりました。

なぜ神回と呼ばれるのか?疑問の声も上がっている

ijmaki / Pixabay

全自動卵割り機の話は2007年に放送されて以降、フルバージョンで再放送されたことがありません。

このことから、現在も語り継がれている様子を見て「どういう話だったの?」と、疑問に感じる人も少なくないようです。

実は続編が!?2018年1月14日放送『父さん メダマ焼の友』

2018年1月14日に、サザエさんで「父さんメダマ焼の友」という回が放送されました。タイトルからして「父さん発明の母」を彷彿とさせますが、内容も「卵割り機の悪夢再び!」と話題を呼びました。

この回で波平は、メダマ焼の友という謎の器具を買って帰ってきます。これはメダマ焼きにしょう油をかける人も、ソースをかける人も満足ができるようにと、2つの液体が入れられるという容器です。

何故か全自動卵割り機同様に途中からノリスケがやってきて、これはノーベル賞ものだと過大すぎる称賛を送るなど、展開も「父さん発明の母」を連想させるものでした。

ニコニコ動画で話題になった「全自動卵割り機」の動画は?

chummels / Pixabay

「父さん発明の母」が放送された2007年当時から、ニコニコ動画では全自動卵割り機は評判を呼び、数々の関連動画があげられました。

ここでは、話題になったMADなど、全自動卵割り機から派生した動画作品について紹介していきます。

「全自動卵割り機」はニコ動黎明期に人気を博していた

ニコニコ動画が開設されたのは2006年12月です。動画サイトとして人気が出てきた、2007年に話題となった全自動卵割り機は、一時期ニコ動を代表するコンテンツとなっていました。

録画した「父さん発明の母」をそのままアップしたものも、50万再生目前に運営から削除されています。

全自動卵割り機は、MADはどこまで許されるのか?ということを、ニコ動の初期の利用者が考えるきっかけともなりました。

「全自動卵割り機」モザイクバージョンとは!?

サザエさんのアニメをそのままアップするのが問題なら、全編モザイクをかけたものならどうか?という試みから、モザイクバージョンの全自動卵割り機回が、ニコニコ動画にはアップされています。

この動画は削除されずに残っており、過去最高3位になったこともあるほどの超人気動画でした。

「全自動卵割り機」逆再生バージョンは18禁レベルにエロい!?

betexion / Pixabay

ニコニコ動画にはモザイクをかけた全自動卵割り機の動画を、逆再生したものもあげられています。

この空耳が面白いと話題を呼び、こちらも人気を博しました。時折、波平が「いーや、エロス」と言っているようにしか聞こえない箇所もあり、冗談で18禁扱いされたこともあります。

ちなみに「全自動卵割り機」は、逆再生では「キンキラウーマンは同人誌です」と聞こえます。

YouTubeには逆再生の字幕をつけた動画が!

jsbaw7160 / Pixabay

全自動卵割り機を逆再生したものに字幕を付けたバージョンも、YouTubeにはあげられています。

全自動卵割り機の逆再生の空耳で、人気を博した「ウーロン茶☆ヌルヌル」という謎の単語は何の逆再生なのか等が良く分かりますよ。

ツッコミどころ満載?「完全再現してみた」という動画までニコ動に登場

モザイクをかけた本編が大丈夫なら、手書きの再現アニメにオリジナル音声をつけたらどうか?ということで、全自動卵割り機を完全再現した作品も、ニコ動には登場しました。

こちらも現在でも観ることができる動画ですが、ゆるい作画が本家とは違った意味で癖になります。

「全自動卵割り機」にインスパイヤされまくっている人も

全自動卵割り機への愛が深すぎて、メイドインワリオで卵割り機のゲームを自作する人や、自分達で実写版をつくる人たちまで登場しました。

他にも、マインクラフトで全自動卵割り機を再現する人や、段ボールで自作の全自動卵割り機の製作に挑戦している人も存在します。

『るろうに剣心』や『東方』『遊戯王』キャラバージョンもある?

全盛期には全自動卵割り機の音源と、「るろうに剣心」や「東方」「遊戯王」「ドラゴンボール」等、様々なキャラクターを組み合わせたMAD動画も、複数作られていました。

また、全自動卵割り機に卵を入れてレバーを引くと、地球が滅亡するというMADも人気を博しました。

「全自動卵割り機」は実写版サザエさんにも登場!?

Pexels / Pixabay

全自動卵割り機は、なんと2010年8月8日にフジテレビ系列で実写版サザエさんが放送された際にも、作中に登場しています。

正確に卵割り機として登場したわけではないのですが、どう見ても伝説の回のオマージュとしか思えない展開に、2chなどでは大きな盛り上がりを見せました。

ここでは、実写版サザエさんに登場した全自動卵割り機について、紹介していきます。

2010年8月8日放送「 サザエさん2!! アニメとドラマで2時間半!」に登場?

webandi / Pixabay

2010年の8月8日に、フジテレビ系列で夏休み特別企画として、サザエさんの実写ドラマが放送されました。番組のタイトルは「 サザエさん2!アニメとドラマで2時間半!」です。

このドラマ内で、片岡鶴太郎さん演じる波平が謎の機械を手作りするシーンがあり、これが全自動卵割り機に似ているとして話題になったのです。

NEXT:波平帰宅時に「全自動卵割り機」らしきものが
1/2