多岐川裕美の現在は?娘はタレントの華子?旦那は?ヌードを披露? エンタメ

多岐川裕美の現在は?娘はタレントの華子?旦那は?ヌードを披露?

多岐川裕美さんといえば、68歳という年齢を感じさせない美しい大女優で、現在でも活躍されています。衝撃の映画デビュー作でのヌードや、移籍問題、結婚と離婚、夫の死など、いろいろと話題に事欠かない人です。そんな彼女の半生をじっくり紹介していきましょう。

目次

[表示]

多岐川裕美の現在は?女優として活動中?

多岐川裕美さんは、70歳近い現在でも女優としてテレビやCMで活躍しています。先ずは彼女のプロフィールと近況を見てみましょう。

多岐川裕美のプロフィール!今何歳?

多岐川裕美(本名:大内薫)さんは、1951年2月16日東京都杉並区荻窪の一般家庭に生れました。年齢は、2019年5月現在、68歳で、生れてからずっと東京で過ごしています。

練馬区桜台の開進第二小学校を卒業後、港区赤坂の山脇学園に進学、中学校・高等学校を経て、山脇学園短期大学に進学しました。残念ながら山脇学園短期大学は2011年に廃校しています。

多岐川さんは1973年、大学在学中にアルバイト先でスカウトされて、女優になりました。1984年に結婚して1女をもうけましたが、1997年に離婚しています。女優として歌手として、現在も活躍しています。

多岐川裕美の現在の画像は?

多岐川裕美さんの現在の画像ですが、シミ・そばかすに飲んで効く医薬品「ホワイトピュア」のコマーシャルに、娘の華子さんと一緒に起用されていて、現在も変わらぬ美しさを披露しています。

2018年7月にはBS朝日の番組「極上空間」に出演、前田美波里さんと一緒に軽井沢をドライブして、前田さんお勧めのカフェやレストランを回り、ベテラン女優ならではのエピソードが満載の内容になっています。

現在も女優として活躍中!

前述したように、多岐川裕美さんは現在も女優として活躍中です。バラエティー番組や紀行番組、そしてCMへの出演など、まだまだ現役女優として頑張っています。

wowowのドラマ「ダブル・ファンタジー」に出演

2018年6月から7月まで、WOWWOWで放送されたドラマ「ダブル・ファンタジー」に、主人公の母親役で出演しています。

村山由佳原作の同名小説で、2009年に文藝春秋社より刊行され、多くの賞を受賞しています。

バラエティー番組にも出演?売れっ子芸人たちと香港へ?

2018年6月放送の、テレビ東京のバラエティー番組「ミギカタアガリ旅行社」でも、華子さんと親子仲良く香港・マカオの旅に出演しています。サポート役はガンバレルーヤの2人です。

「現役女子学生がおススメする最強の香港」の回では、名所にグルメやエステ、パワースポットを巡っています。

「社長夫人がおすすめする最強のマカオ」の回では、名所にグルメ、動物園、そしてスパに行っています。

「名医のTHE太鼓判!」にて数々の病気が発覚

多岐川裕美さんは、2017年10月9日放送のTBSの医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判!」に出演しています。出演者7名の余命ワーストランキングで、多岐川さんは第5位でした。

番組では、東京国際クリニックでMRI検査をした結果、脳の血管が詰まっていたり、軽微な脳梗塞を起こした痕があったり、隠れ脳梗塞と言われるものが15箇所以上も見つかってしまいました。

多岐川さんの余命は16年で、寿命は82歳と宣告されました。医師より「隠れ脳梗塞の数が多い」「認知症の原因になる」と指摘を受けています。そして、定期的な有酸素運動が効果的とすすめられています。

現在は健康のためたばこ・酒を制限?

「名医のTHE太鼓判!」の中で、多岐川裕美さんも「最近は覚えが悪い」と発言しています。その原因は、酒豪で若い頃毎日ワインをボトル1本、またタバコも毎日40本吸っていたからのようです。

多岐川さんもさすがに現在は健康のために、酒量やたばこの本数を制限されているようです。

多岐川佑美に死亡説が?死亡したのは元夫?

多岐川裕美さんは今も元気に女優業を続けていますが、悲しい話ですが元の夫は自殺しています。1984年に多岐川さんはマネージャーだった阿知波信介さんと結婚しましたが、1997年に離婚しました。

多岐川さんは離婚後も、阿知波さんが設立したアクターズプロモーションに所属していました。その阿知波さんが2007年5月、鹿児島県霧島市の犬飼滝で入水自殺しました。

阿知波さんは2004年に脳梗塞で入院し、その後も高血圧などの後遺症に悩まされていました。さらにアクターズプロモーションは破産申請しており、負債総額は5億円にもなっていました。

多岐川裕美はブログやSNSをやっている?

多岐川裕美さんのブログはありませんが、娘の華子さんはブログをしています。そこには、親子で仲良くしている最近の写真がアップされています。

Twitterには、「from多岐川裕美」というのがありますが、どうも違う人みたいです。

多岐川裕美は結婚している?夫や子供は?現在は独身?

多岐川裕美さんは人生の一大イベントである、結婚そして出産、さらには離婚を経験しています。ここで少し詳しい話をしましょう。

1984年に結婚していた?旦那はマネージャーの阿知波信介?

StockSnap / Pixabay

多岐川裕美さんは1984年、マネージャーだった阿知波信介さんと結婚しました。阿知波さんは俳優でしたが、1972年ごろ転身して三船プロダクションに入り、新人女優の多岐川さんのマネージャーとなりました。

1997年離婚!離婚の理由は?

quicksandala / Pixabay

多岐川裕美さんの結婚生活は、13年で終止符が打たれます。阿知波信介さんとは1997年に離婚となりますが、その理由の1つは不倫ではないかといわれています。

阿知波さんは多岐川さんとも不倫の末に結婚しました。実際、1982年に前妻と離婚が成立した後の84年に結婚しています。

阿知波さんは多岐川さんと離婚後に、銀座でホステスをしていた20歳年下の女性と再婚しています。このことからも、不倫が原因ではないかといわれています。

多岐川裕美に子供はいる?

多岐川裕美さんは1988年9月16日に女児を出産しています。離婚後は女手一つで娘さんを育てました。娘さんは2004年15歳の時に、多岐川華子という芸名で芸能界入りしました。

多岐川裕美は現在も独身?

多岐川裕美さんは1997年の離婚後は独身を通しています。一人娘を育てながら、映画やテレビで活躍して現在に至ります。最近は娘の華子さんと一緒に、バラエティー番組にも出ています。

多岐川裕美の元夫・阿知波信介は自殺した?

多岐川裕美さんの元夫は、離婚から10年後に入水自殺をしました。事情はいろいろあるかと思いますが、よく見てみることにしましょう。

阿知波信介は元々俳優だった?映画やドラマにも出演?

多岐川裕美さんの元夫・阿知波信介さんは、1940年3月に島根県で生まれました。明治大学に進学し、大学卒業後はテレビタレントセンターに所属しました。1964年からテレビや映画に出演するようになりました。

テレビでは、1967年の円谷プロダクション製作の特撮テレビドラマ「ウルトラセブン」のソガ隊員を好演しました。その後も特撮ドラマ中心に活躍しました。映画では、東宝映画で戦争物に多く出演しています。

残念ながらそれ以降俳優としてはブレークすることもなく、1972年のテレビドラマ出演を最後に、マネージャー業への転身をはかっています。

俳優からマネージャーに転身?事務所設立も?

阿知波信介さんは三船プロダクションに入り、俳優からマネージャー業に転身します。そして1973年にスカウトされた新人女優、多岐川裕美さんのマネージャーになりました。

1979年に三船プロダクションの内紛が起き、田中プロモーションが独立したときには設立に尽力しています。1983年田中プロモーションの分裂騒動では、俳優を率いてアクターズプロモーションを設立しました。

2007年、滝に身を投げ死亡

2007年5月4日、阿知波信介さんが鹿児島県霧島市の犬飼滝で、遺体で発見されました。滝を案内したタクシー運転手の話や現場の状況から、鹿児島県警は滝に身を投げた自殺と断定しました。67歳でした。

阿知波さんが最後の地に鹿児島を選んだのは、ウルトラセブンのイベントが初めて行われ、関係者全員が一堂に集まった、思い出深い場所だったからではないかと思われます。

自殺の理由は借金苦?

阿知波信介さんが自殺した原因は、幾つかあります。健康面では2004年に脳梗塞で入院し、その後も高血圧などの後遺症に悩まされていました。

さらにアクターズプロモーションは破産申請をしていました。そのときの負債総額は5億円にもなっていました。多額の負債によって、会社の破産申請をしなくてはならなかったことが、自殺の大きな要因と思われます。

多岐川裕美の娘はタレントの華子?華子の現在は?

多岐川裕美さんの娘さんは、タレントの華子さんです。15歳で芸能界デビューしたときの芸名は多岐川華子でしたが、今は華子と名乗っています。その経緯も交えて近況までを紹介します。

華子のプロフィール

多岐川裕美さんの娘・華子さんは、1988年9月16日神奈川県で生れました。堀越高等学校を卒業。2004年芸能界入りし、愛知県のインスタント麺「寿がきや」のコマーシャルに出演、活動を開始しています。

天然お嬢様キャラとして多数のバラエティー番組に出演!

華子さんは母親が大女優という恵まれた環境の下、両親の離婚という悲劇はありましたが、「世間知らずのお嬢様」として苦労もせずに育ちました。

芸能界入りの動機も「母親のようにちやほやされたい」ということで、反対する多岐川さんには知らせず10社以上のオーディションを受けましたがうまくいかず、最後は母親の紹介で芸能事務所に所属しました。

2006年からは映画やテレビの出演が本格化します。女優だけでなく、バラエティー番組でも天然ボケを交えたお嬢様キャラクターが注目されて、「踊る!さんま御殿!!」などの人気番組にも数多く出演しています。

2011年に結婚!夫は仁科克基?

多岐川華子さんは、2011年1月11日に俳優の仁科克基さんと結婚しました。仁科さんは、父親が松方弘樹さん、母親が仁科亜季子さんという芸能一家に育ちました。2世タレント同士の結婚は話題になりました。

2人の出会いは、多岐川裕美さんがとりもっています。母親と仁科さんは2003年の舞台「風のなごり~越中おわら風の盆~」共演しています。その舞台を華子さんが観劇、舞台後3人で食事をしています。

2009年、多岐川裕美さんと仁科亜季子さんが舞台「恋桜」で共演した際、2人は再会しています。この縁が2人を急接近させ、交際が本格化し結婚となりました。

わずか2年でスピード離婚!理由は性格の不一致?

多岐川華子さんと仁科さん、運命の再会から結婚しましたが、わずか1年9ヶ月で離婚しています。華子さんは性格の不一致が理由といっていますが、真相は仁科さんの女遊びや仕事の取組み方に問題が有ったようです。

仁科さんは仕事に好き嫌いが激しく、あまり働きません。そのくせ、趣味の釣り道具には糸目をつけません。そんな事もありますが、離婚の最大の理由は、仁科さんのキャバクラ通いだと言われています。

仁科さんは新婚当初から飲み歩き、キャバクラには週に何度も通っていたといいます。お店で気に入った女性を口説いて回っているそうです。離婚後も他の女性と交際しましたが、キャバクラが理由で破局しています。

過食症を患い、2015年に芸能界を一時引退?

離婚後の多岐川華子さんには、離婚タレントとしての仕事ばかりがきましたが、それが嫌で断っていました。その結果ほとんど仕事が無くなってしまい、ついに過食症になって体重が10kgも増えたそうです。

とうとう2015年には芸能界を引退する事を決意しますが、母親からまた逃げるのかと諭されます。はたと気づいた華子さんは、こんなことではいけない、自分を変えようと努力を始めます。

現在は不動産事務のバイトをしている?

多岐川華子さんは現在、親の力を借りず知人の紹介の不動産会社でアルバイトをしています。週に3日から5日のデスクワークで、時給1150円とのことです。苦労してお金を稼ぐこと、その大切さに気づいたようです。

そして2016年には、母親の名前を借りず一から出直す意味もこめて、芸名を多岐川華子から華子に改名しています。

多岐川裕美とは大の仲良し?

多岐川裕美さんと華子さんは、これまではずっと母親が娘を育て支援する形でした。とくに芸能界では、大先輩で大女優の母親は心強い味方だったでしょう。

華子さんの結婚と離婚を経て、親子関係は変わって行きます。華子さんが身をもって親のありがたみが分かったからです。親の力を借りず。自分で努力をしなくてはならないと思うようになりました。

2016年に華子さんが、母親の所属する芸能プロダクションに入りました。そしてこの頃から、親子で行く紀行番組によく出演しています。さらに華子さんのブログでも、親子で水入らずの仲良しぶりを発信しています。

多岐川裕美の目が話題に?

数年前から多岐川裕美さんの目が変だと騒がれています。年を重ねるに従って斜視が酷くなっているのではないかといわれていますが、どうでしょうか。

NEXT:多岐川裕美は目が変?斜視?
1/2