樫山文枝の現在は?舞台で活動している?夫の命を救った エンタメ

樫山文枝の現在は?舞台で活動している?夫の命を救った

昭和を代表するNHK朝ドラ「おはなはん」をご存知ですか?そのヒロイン役であった樫山文枝さんの現在の年齢は、おいくつなのでしょうか?今回は樫山文枝さんの現在や舞台での活躍、夫である綿引勝彦さん、子供さんのことなどについて詳しくまとめてみました。

目次

[表示]

女優・樫山文枝の現在は?活動している?

新人女優の登竜門と言われる朝ドラヒロイン、かつてそのNHK連続テレビ小説「おはなはん」のヒロイン役で一躍有名になった樫山文枝さんは、その後も女優一筋、現在もなお女優として活動しています。

樫山文枝(かしやまふみえ)のプロフィールは?誕生日や出身地など!

  • 1941年8月13日生まれ
  • 東京府北多摩群武蔵野町吉祥寺(東京都武蔵野市吉祥寺)出身
  • 血液型A型
  • 1960年東京文化学園高等学校卒業
  • 趣味:読書、観劇
  • 1965年「劇団民藝」所属

樫山文枝さんのスランプ脱出法は、「天声人語」などを大きな声を出して何度も読むことだそうです。そうしているうちにいつもの自分に戻るのだとか。自分なりに工夫して乗り切っているのですね。

樫山文枝はNHK朝ドラ「おはなはん」でヒロイン役を演じた人物!

樫山文枝さんは1963年に「劇団民藝」の俳優教室に入り、正式に「劇団民藝」の劇団員となったのは1965年です。その翌年、NHK連続テレビ小説「おはなはん」のヒロインである浅尾はな役に抜擢されました。

この役はもともと森光子さんの役だったそうですが、撮影開始直前に森光子さんが急病になり長期入院となったため、急遽新人の樫山文枝さんが起用されることになったようです。

「おはなはん」の大ヒットで、「劇団民藝」の大先輩である奈良岡朋子さんと地方公演でご一緒した時、旅館の人は樫山文枝さんを「先生」と呼び、奈良岡朋子さんは荷物運びにされたというエピソードがあるほどでした。

樫山文枝は今何歳?芸能活動は続けている?

樫山文枝さんは1941年生まれ、現在の年齢は77歳。喜寿を迎えていますが、芸能活動は続けているのでしょうか?

現在も女優として舞台を中心に活躍中!

樫山文枝さんは「おはなはん」の後、現在も女優として舞台を中心に活躍中です。舞台ではほぼ毎年のように出演され、現在に至っています。

またテレビドラマでは、NHK大河ドラマ「天と地と」や「国盗り物語」、他に「放浪記」「3年B組金八先生3」など数多く出演。

映画でも1975年「男はつらいよ 葛飾立志篇」や1981年「典子は、今」1983年「ふるさと」など6本に出演しています。

最近では、舞台「ペーパームーン」に出演

最近では、舞台「ペーパームーン」(佐藤五月作、中島裕一郎演出)で三野瀬桃子役として出演しています。

これは瀬戸内海の小島に実在する、受取人のいない手紙を預かるという「漂流郵便局」を題材にした作品で、突然夫を亡くし、整理のつかない気持ちを手紙にしたためる妻の役を、樫山文枝さんが演じています。

2019年は、舞台「正造の石」

2019年2月には、東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAで上演された舞台「正造の石」(池端俊策・河本瑞貴作、丹野郁弓演出)で婦人解放運動家・福田英子役で出演。

ここでは気丈な社会主義活動家である福田英子役を樫山文枝さんが、そして国会議員で最後まで足尾鉱毒事件と戦った田中正造役をベテラン伊藤孝雄さんが演じ、森田咲子さん演じる主人公新田サチを引き立てています。

2月には、ドラマ「かんざらしに恋して」にも出演していた

2019年2月6日放送のNHK BSプレミアム番組ドラマ「かんざらしに恋して」にも、樫山文枝さんは出演していました。

これは貫地谷しほりさん主演のNHK長崎発地域ドラマとして放映されたもので、ドラマの中で樫山文枝さんは島原地方の名物「かんざらし」の秘密を知る人物、小野寺千草役として登場。

ちなみに、このドラマは好評だったようで、2019年6月2日に再放送が決定されました。

9月から公演する「異邦人(仮題)」にも出演予定!

劇団民藝では9月に東京都 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにおいて舞台「異邦人(仮題)」(中津留章仁作・演出)が上演される予定となっています。

樫山文枝さんはそこでも主演メンバーとして出演予定です。他には中地美佐子さん、小杉勇二さん、そして斉藤尊史さんなどが出演されます。

樫山文枝の現在の画像は?

2019年2月放送の「かんざらしに恋して」に出演の樫山文枝さん。遠藤憲一さんと貫地谷しほりさんの間で笑っている姿は、とても77歳には見えませんね。

樫山文枝のご主人はどんな人?現在、子供はいるの?

現在もなお、舞台にドラマに、そして映画にと活躍を続けている樫山文枝さん。そんな樫山文枝さんのご主人はどんな人?また現在、お子さんはいるのでしょうか?

樫山文枝の夫はベテラン俳優で声優の綿引勝彦?

樫山文枝さんのご主人はベテラン俳優で声優でもある綿引勝彦さんです。

1977年の映画「八つ墓村」や1982年「鬼龍院花子の生涯」など5本の映画では旧芸名の綿引洪さんで出演されているようですが、現在は本名でもある綿引勝彦さんとして活躍されています。

二人の出会いは?所属劇団や事務所は一緒?

綿引勝彦さんは日本大学芸術学部を中退し、1966年頃「劇団民藝」に所属して俳優活動を開始しました。その頃に樫山文枝さんと出会い、お付き合いが始まったようです。

結婚後、綿引勝彦さんは「劇団民藝」を退団し、ご自分で「劇団綿帽子」を立ち上げ主宰となっています。樫山文枝さんの方は現在も「劇団民藝」に所属し、それぞれに活動されています。

ご主人との関係は?おしどり夫婦で良好?

樫山文枝さんとご主人の綿引勝彦さんとは、芸能界でもおしどり夫婦として有名です。あのwikipedia(ウィキペディア)の人物欄にも「おしどり夫婦」と記載されているほどです。

綿引勝彦さんは花王愛の劇場「天までとどけ」で、岡江久美子さんと13人の子持ちのお父さん役として、お茶の間で大ブレイクし、その人気を不動のものとしました。

子供はいるの?現在は芸能界の道に進んでいる?

樫山文枝さんと綿引勝彦さんとの間には子供が一人、男のお子さんです。

子供が小さい頃は、芸能人家庭に育ちながらも甘やかすことなく厳しく育てたそうで、現在は芸能の道ではなく一般人として生活しておられるそうです。

樫山文枝のブログやSNSはある?

樫山文枝さんご自身のブログやSNSは見当たらないようですが、多くの方のブログやSNSで樫山文枝さんは取り上げられています。

77歳という年齢になった現在も、樫山文枝さんご自身がお元気で女優として活動しているということ、そしてそれに注目する多くのファンがいるということの顕われですね。

樫山文枝は旦那である綿引勝彦の命を救った?

樫山文枝さんがご主人である綿引勝彦さんの命を救った、という話は有名です。

話の出所は2016年3月10日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」。その日のゲストであった綿引勝彦さんご自身が語った実話だったのです。

夫・綿引勝彦は2005年に胸部大動脈瘤を患った

綿引勝彦さんは「劇団民藝」を退団した後、自ら立ち上げた「劇団綿帽子」の主宰として舞台に、そしてドラマや映画にと忙しい日々を過ごしていました。

そんな忙しさが祟ったのでしょうか、綿引勝彦さんは2005年に胸部大動脈瘤を患ってしまいました。

舞台稽古中、胸に異変を感じるも綿引本人は危険を感じず

2005年、綿引勝彦さんは舞台稽古中に何か胸にプチンとくるような異変を感じました。しかし、その時はたいして気にもとめず舞台稽古を続けたそうです。

舞台稽古の帰り道、綿引勝彦さんはまともに歩けなくなってしまいました。座り込んだり、息を整えたりしながらようやく帰宅することができました。

妻・樫山文枝は拒む綿引を強引に病院へ!

そのような状態で帰宅したにもかかわらず、綿引勝彦さんは「ビールを飲んで寝たら治る」と言って病院へ行くのを拒んだそうです。

そんなご主人に樫山文枝さんは「絶対病院へ行かなきゃだめ」と強く言って病院へ向かわせました。

結果、綿引の大動脈は破裂寸前の状況だった!

奥さんに言われてしかたなく、綿引勝彦さんは自分で車を運転して病院へ行ったそうです。

ところが、病院での検査の結果驚きの事実が!綿引勝彦さんの胸の大動脈は破裂寸前になっていたのです。しかも、すでに胸には3Lほども血液が溜まっていたのだとか。

「妻の一言が無ければ」と綿引は今でも感謝をしている!

危機一髪のところで一命を取り留めた綿引勝彦さん。「妻の一言が無ければ」と今でも奥さんである樫山文枝さんに感謝していると「徹子の部屋」で語ったそうです。

樫山文枝の家族がすごい?

樫山文枝さんはいわば名士の出の人で、そのご家族もなかなかすごいのです。

樫山文枝の父母は?早稲田大学教授?

樫山文枝さんの父親は、哲学者で早稲田大学教授の樫山銀四朗さん。ドイツ近世哲学や実存哲学を研究されています。家庭でも姿勢をくずさず、いつも書斎で何か研究をしていたという人でした。

樫山文枝の演劇好きは父親の影響?

父親の躾は厳しかったそうで、間違っていたら徹底的に問い詰められたものだそうです。樫山文枝さんが役者の道を目指したのは、そんな父親の影響もありました。

樫山文枝さんはよく父親に連れられ「劇団民藝」の芝居を観に行ったそうです。早くから演劇に触れ、演劇の素晴らしさを感じたのでしょう。中学では演劇部に所属しました。

母親は歌人?

樫山文枝さんの母親は短歌を作るのが好きだった方で、家事の合間にもよく歌を詠み、ノートに書きつけていたそうです。樫山文枝さんの歌も作ったことがあるようです。

厳しくもの静かで、勉学好きだったご両親。樫山文枝さんのあの気品は、このようなご両親に育てられたために備わったのでしょうね。

叔父は老舗アパレル会社「オンワード樫山」の創業者?

「オンワード樫山」といえば知る人ぞ知る老舗のアパレル会社です。その「オンワード樫山」の創業者である樫山純三さんは、樫山文枝さんの叔父さんにあたります。

「オンワード樫山」は、現在「オンワードホールディング」として東証1部の上場企業となっています。

樫山純三さんはまた、多くの競走馬をデビューさせた馬主としても有名です。また樫山奨学財団を設立し優秀な人材育成にも力を入れた人でした。

樫山文枝の生い立ちや経歴は?

樫山文枝さんの生い立ちや経歴はどのようなものだったのでしょう。少し覘いてみました。

NEXT:1941年東京都吉祥寺で生まれる!
1/3