樫山文枝の現在は?舞台で活動している?夫の命を救った

昭和を代表するNHK朝ドラ「おはなはん」をご存知ですか?そのヒロイン役であった樫山文枝さんの現在の年齢は、おいくつなのでしょうか?今回は樫山文枝さんの現在や舞台での活躍、夫である綿引勝彦さん、子供さんのことなどについて詳しくまとめてみました。

女優・樫山文枝の現在は?活動している?

新人女優の登竜門と言われる朝ドラヒロイン、かつてそのNHK連続テレビ小説「おはなはん」のヒロイン役で一躍有名になった樫山文枝さんは、その後も女優一筋、現在もなお女優として活動しています。

樫山文枝(かしやまふみえ)のプロフィールは?誕生日や出身地など!

  • 1941年8月13日生まれ
  • 東京府北多摩群武蔵野町吉祥寺(東京都武蔵野市吉祥寺)出身
  • 血液型A型
  • 1960年東京文化学園高等学校卒業
  • 趣味:読書、観劇
  • 1965年「劇団民藝」所属

樫山文枝さんのスランプ脱出法は、「天声人語」などを大きな声を出して何度も読むことだそうです。そうしているうちにいつもの自分に戻るのだとか。自分なりに工夫して乗り切っているのですね。

樫山文枝はNHK朝ドラ「おはなはん」でヒロイン役を演じた人物!

樫山文枝さんは1963年に「劇団民藝」の俳優教室に入り、正式に「劇団民藝」の劇団員となったのは1965年です。その翌年、NHK連続テレビ小説「おはなはん」のヒロインである浅尾はな役に抜擢されました。

この役はもともと森光子さんの役だったそうですが、撮影開始直前に森光子さんが急病になり長期入院となったため、急遽新人の樫山文枝さんが起用されることになったようです。

「おはなはん」の大ヒットで、「劇団民藝」の大先輩である奈良岡朋子さんと地方公演でご一緒した時、旅館の人は樫山文枝さんを「先生」と呼び、奈良岡朋子さんは荷物運びにされたというエピソードがあるほどでした。

樫山文枝は今何歳?芸能活動は続けている?

樫山文枝さんは1941年生まれ、現在の年齢は77歳。喜寿を迎えていますが、芸能活動は続けているのでしょうか?

現在も女優として舞台を中心に活躍中!

樫山文枝さんは「おはなはん」の後、現在も女優として舞台を中心に活躍中です。舞台ではほぼ毎年のように出演され、現在に至っています。

またテレビドラマでは、NHK大河ドラマ「天と地と」や「国盗り物語」、他に「放浪記」「3年B組金八先生3」など数多く出演。

映画でも1975年「男はつらいよ 葛飾立志篇」や1981年「典子は、今」1983年「ふるさと」など6本に出演しています。

NEXT 最近では、舞台「ペーパームーン」に出演