紅音ほたるの死去の真相は?死因は喘息の発作?彼氏が公表?

紅音ほたるというAV女優をご存知ですか?すでに引退した方ですが今だに人気があり、代名詞である潮吹きは伝説となっています。そんな紅音ほたるですが、2016年に死去しています。その死因や当時の彼氏、意味深なツイートなど、ここでは引退理由と共に真相をお伝えします。

紅音ほたるとは?AV女優?

TerryPapoulias / Pixabay

紅音ほたるは2004年から2008年にかけて活躍されたAV女優です。「紅音ほたると言えば潮吹き」と言われるくらい、潮吹きを売りにした珍しいAV女優です。

とても人気があり、引退後もメディアの露出が多く、HIV予防の啓発などにも精力的に活躍されました。また台湾でもHIV予防のスピーチなどもしていました。

2016年には突然の死去を遂げる事になりますが、亡くなった後の彼氏の声明や、生前中の意味深なツイートから様々な憶測が飛び交いました。

紅音ほたるのプロフィール!

紅音ほたるの本名は藤本志穂と言い、デビュー時は秋月香奈や秋元彩という名前で活躍されていました。紅音ほたるの紅から「べに」という愛称でも呼ばれていました。

誕生日は1983年10月25日であり、存命であれば2019年現在で36歳という事になります。出身は大阪で高校を卒業した後は看護学校に進学しましすが、経済的理由により退学をしています。

スリーサイズはB83 W58 H83のEカップです。身長は157センチとされています。

紅音ほたるはAV女優として活躍していた

JosepMonter / Pixabay

2004年のデビューから4年間、AV女優と活躍しています。デビュー当初はロリ系の出演でしたが、すぐにギャル系のAVに出演するようになり、2005年にはAVアカデミー新人賞を受賞しています。

それ以降も精力的に活動していましたが、2008年に週刊プレイボーイにて引退発言をし、引退します。引退理由は後述しますが、正しい性知識の普及や性病・HIV予防の活動の為と言われています。

AV女優時代には、「潮吹き女王」の異名も?

955169 / Pixabay

紅音ほたるの代名詞といえば潮吹きで、潮吹きクイーンとも言われていました。潮吹きの強さは天井にまで達し、20台以上もカメラを壊したとの発言もありました。

潮吹きは尿道にかなりの負担があったそうで、本人もかなり痛かったと発言しており、体力的にも相当な負担があったそうです。

あまりにも潮吹きの量が多く脱水症状にもなりかけた事があるそうで、5リットルのスポーツドリンクを飲んでいた程です。脱水により受診した歳に医師からポカリを勧められたそうで、そこからポカリを愛飲しています。

紅音ほたるが死去?急逝の真相は?死因は喘息の発作の窒息?

引退の8年後である2016年8月15日に自宅にて死去しています。原因は喘息急性発作による突然死とされています。直接の原因は不明ですが、ブログにおいて「タバコをやめたい」と発言がありました。

死亡の原因は様々な憶測が飛び交いましたが、最終的には事件性が無く、病死と判断されており死亡以前にもひどい喘息があったようです。

 

紅音ほたるの死去を、所属事務所の原敏史社長がFacebookで公表

FirmBee / Pixabay

紅音ほたるが死亡したのは8月15日でした。発見者であり、婚約者だった原敏史氏が自身のFacebookで8月29日に発表しました。

その後、様々なメディアで取り上げられ拡散していきました。紅音ほたるは女性にも人気があり、嘆き悲しむ女性も多くいました。

原敏史社長は紅音ほたるの彼氏だった?

stux / Pixabay

原敏史氏は紅音ほたると引退前から彼氏彼女の関係であり、9年間恋人としてお付き合いをしていました。引退後もポールダンサーやDJなどの活動を支え、死亡後のインタビューにおいても悲しさが伝わってきます。

原敏史社長のFacebookの全文は?

現在は原敏史氏の発言は削除されて見ることが出来ませんが、悲しさが伝わってきます。実はこの後に何故かサザンオールスターズの歌詞を引用などがありました。

しかし一方で一部のネットユーザーからは全文を見て自分に酔っている、こんな報告されたくない等の批判も多く集まりました。

紅音ほたるの死因は喘息の急性発作?窒息死?

Violinka / Pixabay

紅音ほたるの死亡原因は急性発作喘息と公式に警察の見解が出ています。そのため、事件性や自殺ではなく病死であると伝えられています。

遺体発見時の状況は?

cuncon / Pixabay

恋人であり、第一発見者の原敏史氏によると、朝方に同棲している部屋に帰宅するとパジャマ姿で床で寝ていたとの事です。たまに床で寝ている事もあり、初めは不審に思わなかったそうです。

しかし、いつもと様子が異なっており、すぐに彼女の死を悟ったそうです。触れてみると目を開いたまま硬く冷たくなっており、すぐに救急車を手配しました。

遺書や外傷もなく、違法薬物も検出されず当初は窒息死と警察は発表していませんでしたが、最終的には喘息発作による窒息死と見解しました。

紅音ほたるは喘息でも治療しなかった?タバコもやめず?

Engin_Akyurt / Pixabay

紅音ほたるは喫煙者としても知られていました。喘息は大人になってから患ったと言われており、病院で検査もしましたが結果を聴きに行かなかったどうです。

また喘息があるものの病院から薬や吸入器を処方してもらう事はなかったそうです。紅音ほたるはマールボロのアイスブラストというタバコを嗜好しおり、1日1箱とヘビースモーカーでした。

紅音ほたるの急死前のツイートが話題に?

このTwitterは死亡の約1ヶ月前の投稿です。この頃はポールダンスやDJとして活躍していましたが、誰かの後押しで活動をしていた事が伺えます。

また、それ以前にも血便が出た事や起床時の声枯れなどの投稿もあり、体調不良が続いていた事が分かります。

紅音ほたるの葬儀は身内で?追悼イベントが行われた

carolynabooth / Pixabay

亡くなった数日後に紅音ほたるの葬儀が執り行われています。式は近親者のみで執り行われたことが原敏史氏の声明で明らかになっています。

同年10月には追悼イベントが渋谷にて行なわれました。僧侶による読経の他、本人のDJやポールダンスの映像を流しながら執り行われています。

紅音ほたるのマネージャーが現在もツイッターに?

geralt / Pixabay

紅音ほたるのツイッターは凍結されておらず、閲覧することが可能です。またマネージャーである須藤佑輔氏のツイッターも更新は遅いものの存在しています。

AV女優引退の理由は?引退後の活動は?

Pexels / Pixabay

AV女優は活動期間の短さが特徴です。紅音ほたるもまた、4年という活動期間の果てに引退をしました。引退の理由は様々な憶測があります。

また、引退後もAVで培った知識などでHIV予防の啓発活動やDJ、ポールダンスなど精力的に活動を続けていきます。

紅音ほたるは女性のファンも多かった?

jxffsmxth / Pixabay」

AV女優というと男性ファンが多いと思う方もいますが、紅音ほたるは女性ファンも多くいました。mixiではマイミクを女性のみ扱っていましたが、上限の1000人が常に満杯状態でした。

引退後は特に性の悩みや性感染症の啓発活動など、誰もが抱える悩みを相談によって解決の糸口を出させる事から女性人気や信頼を厚くしていきます。

紅音ほたるがAV女優を引退した理由は?

skeeze / Pixabay

それまで人気の絶頂だったAVの引退表明をしたのは2008年でした。主な理由はミクシイからの女性相談が多く、性病やHIV予防の啓発活動に専念すると言われています。

また、AVが間違った性知識を普及させていると考え、その誤解を解くための活動も行っています。ミクシイでは丁寧に相談に乗り、時には直接会って問題解決に挑みました。

紅音ほたるの引退後の活動は?クラブDJ?ポールダンサー?

453169 / Pixabay

引退後もメディアに出ることが多くありましたが、一方でクラブのDJやポールダンスを行うなど、引退した後も精力的に活動の幅を広げていました。

しかし、ツイッターの投稿にもあるようにAVは自分の意思で入った世界に対し、DJやポールダンスは自分の意思とは別に活動をしていたそうです。それもまた、彼女の苦悩のひとつだったのです。

紅音ほたるは引退後、HIV予防啓発活動にも携わっていた?

Anqa / Pixabay

引退後の大きな活動のひとつとして、HIV予防の啓発活動が挙げられます。一般社団法人つけなアカンプロジェクトを発足し、代表理事に就任しました。

該当で講演会のパネラーとして出演したり、街頭でコンドームを配布する等、性病やHIVの予防啓発に大きく貢献されました。

バラエティ番組やドラマにも出演していた

tookapic / Pixabay

AV引退後はテレビやラジオなどのメディアにも出演していました。インターネット放送であるGyaOの「紅音ほたる!満潮!絶好調!」ではメインMCとして番組を切り盛りしていました。

また、バラエティのゲスト出演だけでなく、映画にも2本出演しています。テレビ朝日の人気ドラマ、特命係長只野仁ではスペシャル回にて主演の高橋克典氏と共演しています。

性に関する本の出版も

congerdesign / Pixabay

紅音ほたるは何冊か本を刊行していますが、亡くなる前に刊行された「中高生のライフ&セックス サバイバルガイド」という本を残しています。

この本は複数の著者の合作ですが、中高生の抱える性問題を真っ向から切り込んだ作品となっており、この本を読んで彼女のファンになった人もいるようです。

それ以外にもAV活動中にはヨガを通じて締りを良くしたり、前立腺の病気予防に効果があるとされるポーズを紹介する本なども出版しています。

紅音ほたるのブログが現在も存在する?

Free-Photos / Pixabay

紅音ほたるのブログはさすがに更新はされていませんが残っています。つけなアカンプロジェクトやグリー、ライブドアブログなど多数のブログの痕跡があり、まだ閲覧が可能です。

ブログのコメントにはファンからの追悼コメントがあるなど、彼女の生きた痕跡が残っています。またツイッターもまだ残っており、生前中の彼女の想い等がツイートされています。

ブログやツイッターは写真なども数多く投稿されており、AV以外にも紅音ほたるを知ることの出来る貴重な情報源のひとつとなっています。

AV女優はなぜ短命なのか

geralt / Pixabay

亡くなったAV女優は数多く存在します。その中には短命で命を失った方もいます。最も有名なのは飯島愛氏ではないでしょうか。その影響はNHKで追悼番組を組まれる程でした。

様々な要因があり、病気や撮影中の事故、自殺や他殺など凄惨な死を迎える人も少なからずおり、AV界という闇を垣間見ることができます。

中々表に出ることが少ない業界ですから、真相は誰にも分からないかもしれません。様々な死因が予測されますが、その背景となる事は当事者でなければ分からないことなのです。

極度のストレスが原因?

Free-Photos / Pixabay

AV女優はその特殊な職業柄、強いストレスがあると言われています。現にそのせいで自殺という選択をしてしまった方もいます。

他の職業よりも体を張った仕事であり、世間からは色眼鏡で見られる事が多いようです。また、家族や友人にも秘密にしている方も多数おり、その罪悪感から精神を病んでしまう人も多いようです。

また、AV女優は常に需要がなくなればすぐに求められなくなる事から強い不安を感じる人も多く、極度のストレスや対人関係で悩み病気を患ったり、自殺という選択を選んでしまうのです。

紅音ほたるが残したもの

pasja1000 / Pixabay

いかがだったでしょうか。32歳という若さで急死した紅音ほたるはたくさんの影響を与えた人物でした。引退後は正しい性知識の普及や性病・HIVの予防に努め、彼女によって救われた人も多くいました。

特にHIVの羅漢率は年々上がっています。現代においては薬物療法により通常の人と変わらない生活を送る事ができると言われていますが、薬の継続内服や通院など、日常生活に支障を来すことは確かです。

コンドームの装着は多くの病気を防げると言われています。病気により悲しむ人も多くいるのも事実です。紅音ほたるは悲しむ人を少しでも減らすために活動をしていたのです。

関連する記事はこちら