【夢占い】血の夢の意味は?運気と関係?暗示114パターンまとめ!

血に関する夢は一見不吉なことが起こりそうな不気味な夢ですよね。ですが、実は夢占いにおいては吉夢とされる場合が多いのです。今回はそんな血に関する夢を、「出血が止まらない」「怪我をして血が出る」「血を吐く」などの状況別に分けて114パターンほどご説明します。

血の夢の夢占い!基本的な意味や心理は?

kalhh / Pixabay

あなたは、血が印象に残る夢を見たことがありますか?「不気味」「怖い」などと感じてしまうかもしれませんが、実は良い意味であることが多いのです。

血に関する夢を状況別に詳しくご説明していく前に、まずは基本的な意味や心理についてみていきましょう。血の夢とは、果たしてどのような意味や心理があるのでしょうか?

血の夢の基本的な意味は?病気?生命力や金銭の象徴?

kschneider2991 / Pixabay

まず、夢占いにおける「血」の基本的な意味というのは、「生命力」「健康」「お金」を象徴としています。特にお金に関する暗示が多く、金運アップか金運ダウンを示していることが多いです。

基本的には良い意味である「吉夢」が多いのですが、夢の中のシチュエーションによっては、トラブルに巻き込まれることや病気の可能性を意味する「警告夢」や「凶夢」になることもあります。

血に関する夢と結びついてよく見るのが「死ぬ夢」ですが、夢占いにおいて死ぬことは、実は「再生」「新たな出発」「トラブルからの解放」などを象徴とする大変縁起の良い夢なのです。

血の夢を見る心理は?

mohamed_hassan / Pixabay

基本的な意味は上記の通りですが、血に関する夢を見るのはどういった時なのでしょうか?それは、大きな「不安」や「期待」を心の奥底で抱いているということが考えられます。

例えば、運気の流れや動向に不安や期待などを感じていたり、何か行動を起こすことに対して不安や期待を抱いている心理状態ではないでしょうか?そういった時に、血に関する夢を見るとされています。

一見心当たりがない場合でも、深層心理というのは自分で自覚のないものです。ですので、気付かないうちにそういった感情を抱いていることも十分考えられることなのです。

血の夢は宝くじと関係がある?

jackmac34 / Pixabay

血に関する夢は宝くじとも関係があると言われていて、高額当選などの可能性が高まると主張する人も多くいます。確かに前述した通り、血に関する夢はお金に関することの暗示で、金運アップを意味する場合もあります。

ですがその時のシチュエーションによって意味は異なるので、一概に当選するとは言い切れません。次の項からは、血の夢が意味することを状況別に詳しくご説明しますので、ぜひチェックしてみてください。

【夢占い】血の夢を見る意味は?①血が出る編

ijmaki / Pixabay

それでは、ここからより細かいパターンに分けてみていきましょう。まずはその血が鮮血だった、黒ずんでいた、オレンジ色だったなど、「血が出る」ことについて、12パターンに分けてご紹介していきます。

NEXT ①血が流れる夢