根岸季衣の現在は?女優活動?バンド活動?病気?若い頃の画像は? エンタメ

根岸季衣の現在は?女優活動?バンド活動?病気?若い頃の画像は?

目次

[表示]

大林宣彦監督の作品では常連に

根岸季衣さんは「時をかける少女」や「転校生」などで知られる大御所映画監督、大林宣彦監督の作品の常連女優としても知られています。

1979年公開の「復讐するは我にあり」1986年公開の「海と毒薬」などを始めとする数々の大林宣彦監督の話題作に出演。

その他、「時をかける少女」「青春デンデケデデケ」「さみしんぼう」など大林宣彦さんの大作には必ずといっていい程に根岸季衣さんが出演されています。

昔の根岸季衣の画像は?美人?

そんな根岸季衣さんは若い頃は美人女優として人気でした。まっすぐな長い黒髪がよく似合い、彫りの深い顔立ちは日本人離れしていて美しく、アクティブなヒロイン女優のイメージにぴったりです。

根岸季衣さんの若い頃の画像はネット上でも多数見ることができます。

根岸季衣の出演作品は?

geralt / Pixabay

続いては、根岸季衣さんのこれまでの女優としての代表的出演作を紹介していきます。

ドラマ「梅ちゃん先生」

2012年のNHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」では加藤昌子役として出演しています。主人公「梅子」の姉「松子」の夫加藤正和の母親の役でした。

お節介で心配性でちょっとうるさがられるけれど、実はみんなから愛されているおばさんという、根岸季衣さんが演じれば右に出る者はいないといったキャラクターを演じました。

ドラマ「まれ」

同じNHKの連続テレビ小説、2015年放送の「まれ」にも根岸季衣さんは出演しています。舞台となる石川県輪島市の市役所に派遣されている清掃員若林キミ子の役を演じています。

清掃員という立場でありながら、役所内部や地域住民の人間関係に精通しており、市長とも昵懇な間柄、影の「裏市長」と称されるんなど、コミカルな役柄で人気を集めました。

ドラマ「ふぞろいの林檎たち」

1983年から1997年までの間に4シリーズが放送された、TBS系の大ヒットドラマ「ふぞろいの林檎たち」にも根岸季衣さんは出演されていました。

演じたのは、主人公・仲手川良雄の兄、仲手川耕一の妻・仲手川幸子でした。優しい性格の女性でしたが、なかなか子宝に恵まれず姑に嫌われ辛く当たられてしまうという役でした。

映画「悪霊島」

金田一耕助シリーズの人気作品として、これまでに何度も映画化やドラマ化がされている「悪霊島」根岸季衣さんは、この「悪霊島」が初めて映像化された1981年の映画版に出演しています。

根岸季衣さんが演じたのは女中とめの役でした。なんとこの作品中で根岸季衣さんはツインテール、ハイソックス、メガネっ娘という、現在持たれているイメージを全て覆すキャラを演じています。

この1981年版の映画「悪霊島」はこの根岸季衣さんの姿を見られるだけでも鑑賞する価値があるといっても過言ではありません。

映画「思い出のマーニー」

米林宏昌監督のスタジオジブリ時代の作品「思い出のマーニー」では根岸季衣さんは声優として出演されています。主人公佐々木杏奈の親戚の女性大岩セツの声を演じました。

病気療養のために夏休みの間だけ訪れた杏奈を、実の娘のように可愛がる優しい女性で、両親を亡くした事で心に傷を負う杏奈を癒す存在の一人となります。

映画「妖怪大戦争」

2005年公開の映画「妖怪大戦争」では根岸季衣さんは砂かけ婆役を熱演し話題になります。リアルすぎる砂かけ婆ぶりが素晴らしく、同映画に登場する数々の妖怪達の中でも際立つ存在でした。

根岸季衣に関するその他の話題

根岸季衣さんに関する、ここまでで紹介しきれなかった、その他の話題についても紹介していきます。

根岸季衣には韓国人の噂がある?

根岸季衣さんは日本国憲法の改定に反対する「九条(きゅうじょう)の会」に賛同するなど、リベラルな思想の持ち主でもあります。

一部からは、こうした思想を掲げると、実は在日韓国人で反日思想の持ち主ではないか?という声が必ずといって良いほど出てきます。

在日韓国人だから反日という考え方自体がすでに極端な考え方というのはさて置き、根岸季衣さんが韓国人ではないか?という声に関してはネット上でも全く出ていないようです。

根岸季衣と遠藤憲一の関係は?飲み友達?

その怪演ぶりに定評がある俳優、遠藤憲一さんと根岸季衣さんは大の仲良しで飲み友達である事が知られています。2人が仲良く飲んでいる姿がよく目撃されているようです。

遠藤憲一さんも役者業に命をかけている様な役者職人とも言える様な方なので、生粋の演劇人ともいうべき根岸季衣さんとは気が合うのかも知れませんね。

根岸季衣の演技力は高い?演技派?

こちらに関しては異論はないかと思いますが、根岸季衣さんの役者としての演技力は素晴らしいものがあります。

優しいお母さんの役から、意地悪な近所のおばさん役。知的なインテリ女性の役からあまり頭が良いとは言えないとぼけた役まで、どんな役でも見事に演じきってしまいます。

また、趣味は「ロケ」と語るなど、その演技にかける情熱は女優として歳月を重ねても決して衰えることはない様です。今後も根岸季衣さんがどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

根岸季衣の公式HP「根岸季衣ROOM」が面白い!

根岸季衣さんの魅力について色々と紹介してきまさいたが、その魅力があふれんばかりに出ているのが根岸季衣さんの公式HPである「根岸季衣ROOM」です。

この「根岸季衣ROOM」を閲覧すれば、必ず根岸季衣さんのファンになってしまういっても過言ではありません。ここではこの「根岸季衣ROOM」を紹介します。

根岸季衣ROOMの魅力①:根岸季衣の書く文章が面白い

根岸季衣ROOMの一番の魅力としては、そこに書かれている根岸季衣さん本人が書いた文章がとにかく面白いという所です。

ユーモアに溢れていて気取ったところは一切なく、近所にいる面白いおばちゃんといったイメージで親近感に溢れています。

こうしたフランクな一面と卓越した演技力で様々な役を演じ分ける女優としての一面、ひたすらかっこよくブルースを歌い上げる一面など、数々のギャップが根岸季衣さんの大きな魅力です。

根岸季衣ROOMの魅力②:本人がフレンドリーに対応してくれる

根岸季衣ROOMの掲示板にコメントを書き込むと、根岸季衣さん本人がとてもフレンドリーに返信してくれます。必ずというわけではありませんが、かなりの頻度でご本人が返信してくれます。

あれだけの大物女優であるにも関わらず、これだけ親切に対応してくれるというのは根岸季衣さんの人柄の良さが出ている感じです。

根岸季衣ROOMの魅力③:衝撃的な写真が掲載されたページが隠されている

根岸季衣ROOMには、実はあちこちに衝撃的な写真や貴重な秘蔵写真が掲載されているページへのリンクが隠されています。

意識的に隠されているのかはわかりませんが、とにかく見つけにくくなっています。その内容は若い頃の根岸季衣さんの貴重な写真や、過去に演じたおばあさん役の写真をまとめたものなど様々です。

見つけにくい上に、掲載されている写真のレア度が高いので見ていると思わず嬉しくなってしまいます。こんな感じで根岸季衣ROOMはじっくり見ていると本当に楽しいサイトなのでオススメです。

根岸季衣は現在も女優として精力的に活躍中!

今回は、ベテラン女優根岸季衣さんについてまとめました。2019年5月現在、65歳を迎えている根岸季衣さんですが、その姿は若々しくエネルギッシュで、女優として大活躍を続けています。

また、あまり知られていませんが根岸季衣さんはブルース歌手としての一面も持っており、旦那さんである宇賀啓祐ら実力派バンドを従え「季衣&The Blues Road」というバンドで活動されています。

根岸季衣さんは2019年も映画や舞台など多くの作品に出演予定です。今後とも注目して応援していきたいと思います!

根岸季衣の飲み友達遠藤憲一に関する記事はこちら

2/2