【夢占い】葬式の夢の意味は?人物や状況別に76パターンを解説!

実際に葬式の夢を見ると後味が悪くて何となく気持ちが沈んでしまいますね。しかし、夢占いでは葬式の夢は再出発や人生の転換期を暗示する吉夢といわれています。葬式の状況やシーン、登場する人物などによって変化する夢占いの意味を76種類のパターンで詳しく解説します。

夢の中の葬儀は、何を意味している?

Orangefox / Pixabay

お葬式の夢を見て目覚める。あまり良い寝覚めとは言えず、気持ちの中には後味の悪い思いが残ってしまうかも知れません。

しかし、夢占いでは「葬式」の夢はむしろ吉夢として判断されます。その意味を知るにはお葬式そのもの意味を知る必要があります。

葬式の夢は、自分を見直す時期が来ていることの表れ

Free-Photos / Pixabay

夢占いでは葬式の夢は、その式典の意味からも自分を見直す時期が来ていることを暗示しています。葬式の夢のキーワードは、「過去の清算」、「再生」、「転換」です。

占いでは「死」は終わりと同時に新たな始まりを意味しています。自分を見直すことで再スタートが可能となる時期が来ていることを無意識の中で感じていることの表れと解釈できます。

夢での葬式は再出発などの意味を持つ

suju / Pixabay

葬式とは「死」を最も具体的にイメージできる行動です。死=再生の象徴となる葬式の夢は、心機一転した再出発の意味を持っています。

夢占いでは葬式の夢は人生のターニングポイントで現れるとされています。葬式の夢をみた後には、独立や結婚などを機会にした再出発などの環境が変化するような出来事の報せといえます。

ただし、葬式の夢には予知夢として解釈される場合もあります。身近に病気の方などがいるとすれば予知夢として受け止めて警戒する必要もあります。

誰の葬式か、葬式で何をしたかで意味が変わる

Skitterphoto / Pixabay

夢占いで葬式の夢を解釈する際には、誰の葬式なのか、また、葬式で何をしていたのかで大きくその意味が変化します。

葬式そのものは再生や再出発を意味するので、誰の葬式でったのかで何を清算したくて、何から解放されたいと感じているのか読み解くことができます。

また、葬式の中で何をしていたのかによって、現在の状況や今後進むべき方向への願望などを読み解くことができます。

葬式の夢を怖いと思う必要はない?

ioana_radu / Pixabay

夢占いでは葬式は真理が現れたものとも言われます。人は生きている限り必ず死を迎えることから、逃れられない真理と解釈されたのでしょう。

葬式の夢を見た場合には、本当の自分を見つめなおすことを促されていると考えることができます。思うように行かなかった過去の自分を一度葬って生まれ変わる時期が来ている暗示です。

葬式の夢を怖いと思う必要はありませんが、万一、見た夢があまりにもリアルな印象であれば身近に不幸が起こる予兆かもしれないので注意必要です。

NEXT 【夢診断】葬式の夢の意味は?身近な人物編