フジファブリック・志村正彦の死因は?病名不詳?当時の状況は?

フジファブリックのボーカル志村正彦さんは突然死去した発表と、死因不明という事で様々な噂が流れました。自殺や薬のせいではといった噂も流れ、トライセラトップスのメンバーのブログでも志村正彦さんの死についての話題を出していました。志村正彦さんの情報をまとめました。

フジファブリックのボーカル・志村正彦の死因や当時の状況は?

StockSnap / Pixabay

日本で音楽活動を行っているフジファブリックは、ボーカルが死去した事で、大勢の人を驚かせました。亡くなったのはフジファブリックで、中心的な存在となっていた志村正彦(しむらまさひこ)さんです。

志村正彦さんは、バンドを結成した本人であり、ボーカルも務めていました。突然の死去したという発表にファンからは悲しみの声が上がりました。

志村正彦さんは亡くなる前からあまり健康的ではなかったようで、体長が悪そうだった事や食生活の乱れ、睡眠を十分にとれていなかった様子を、関係者が見ていました。

フジファブリックとはどんなグループ?

フジファブリックとは、ソニー・ミュージックアーティスツに所属するロックバンドグループで、志村正彦さんが亡くなるまでは、メインメンバーとサポートメンバーで構成されていました。以下メインメンバーです。

  • 志村正彦:ボーカル、ギター
  • 渡辺隆之:ドラムス
  • 渡辺平蔵:ベース
  • 小俣梓司:キーボード
  • 萩原彰人:ギター
  • 加藤雄一:ベース
  • 足立房文:ドラムス
  • 田所幸子:キーボード

フジファブリックは2000年4月に結成され、2001年8月まで「富士ファブリック」という名義のバンドでした。一度解散され、再結成し名義も変更されています。数回メンバーチェンジしています。

2009年、フジファブリックのボーカル・志村正彦が急逝!

webandi / Pixabay

2009年12月24日に志村正彦さんは急死し、25日にその事が発見されました。志村正彦さんは29歳という若さで亡くなっています。

同月の29日に「RADIO CRAZY」、30日には「COUNTDOWN JAPAN 09/10」という大阪と幕張メッセで行われるライブイベントに出演する予定でしたが、キャンセルされました。

志村正彦の死因は?病名不詳?

志村正彦さんの死は25日に公式ホームページから発表されました。しかし病名や死因は不明とされており、何故亡くなったのかは全く分からない、といった状態でした。

スタッフやメンバーなど身近な人も驚きを隠せない様子だった、とされています。

志村正彦は当時げっそりしていた?主食はミンティアで睡眠時間は2時間?

mojzagrebinfo / Pixabay

死去する少し前の志村正彦さんは、げっそりしていたという情報がありました。それも主食はミンティアという清涼菓子だったと公言していたそうです。

しかしそれはただの噂だったとも言われており、亡くなる少し前につけ麺の店を巡っていた様子が雑誌に掲載されていたり、別の雑誌では元気な姿を見せていた10月頃の、志村正彦さんが載っていました。

食生活に関しては噂か真実かは分かっていません。さらに睡眠時間に関しても、2時間程しかとっていないと公言していたそうです。

志村正彦は亡くなる前日に飲み会に行っていた?飲み会での様子は?

Pexels / Pixabay

志村正彦さんは23日に飲み会に参加していようです。泥酔して当時の彼女に家に送ってもらい、次の日に亡くなっているのを発見された、という噂が流れているようです。

他に、2007年頃までは、お酒を相当飲む生活をしていたそうですが、それからはあまりお酒を飲まない生活にシフトしていたとも言われています。

そのため23日の飲み会でもわずかにしかお酒を飲まず、泥酔はしていなかったとも言われています。

志村正彦の死を発見したのはマネージャー?

niekverlaan / Pixabay

24日に志村正彦さんの死を発見したのは、フジファブリックのマネージャーだったそうです。連絡が取れなかったので、自宅に行き、発見したとのことです。

その後、25日に公式ホームページから発表されています。

志村正彦さんが発見されたのは、自宅のパソコンの前という噂や、そうではなかったという噂も流れており、どれが真実なのかは分からない状態となっています。

志村正彦の葬儀は?

carolynabooth / Pixabay

志村正彦さんの葬儀は、近親者と関係者のみで行われました。

志村正彦のファンの悲痛な声…現在も死を受け入れられない?

Free-Photos / Pixabay

志村正彦さんが亡くなってから年数が経ちましたが、今も25日に近くなると思い出す、という方も多くいます。当時公式ホームページで死去が発表されたというのは、Twitterなどであっという間に広まりました。

死去報道もされましたが、あまりに突然だったため、実感の湧かないファンも大勢いました。現在でも、「今でもまだ生きているような気がする」という声も多く上がっています。

フジファブリック・志村正彦の死因に対するファンの考察まとめ

3dman_eu / Pixabay

志村正彦さんの死が発表された際には、あまりに多くの人がホームページを見ようとしたため、サーバーがパンクし、閲覧できない状態になっていました。

様々な噂が入り乱れたのも、死因が不明で憶測の混ざったツイートが多く流れた事や、サーバーがパンクしたため公式以外で情報を見た人も多かったためだとされています。

死因の不明だった事に対する考察を行う人も多く、さらに情報量は増えていきました。

志村正彦は自殺だった?トライセラの和田のブログが話題に?

ロックバンドのTRICERATOPS(トライセラトップス)のメンバーとして活躍している和田唱さんは、志村正彦さんと仲が良く、楽屋に行ったりプライベートでもご飯を食べたりするような仲だったようです。

志村正彦さんの死が発表された次の日、12月26日に和田唱さんはブログを更新しており、志村正彦さん死を悼む内容の記事が載せられていました。

その内容は志村正彦さんの早すぎる死を悲しむ内容や、楽しかった思い出を含めた冥福を祈る内容で、死因は触れなかったため、志村正彦さんは自殺したのか、と思ってしまうような人も出たようです。

志村正彦の自殺は考えにくい?

Alexas_Fotos / Pixabay

和田唱さんの26日のブログ内容で、自殺したと勘違いした人も出てきましたが、1月に追記され死因は自殺ではないという事ははっきり否定されていました。

ファンの憶測より、身近な関係者だった和田唱さんから出た情報は信憑性が高く、自殺ではないとされています。

また、今後の音楽活動にも意欲的で、イベントを一緒にやろうと言っていた事なども綴ってありました。

志村正彦は過労死だったという説も?

johnhain / Pixabay

志村正彦さんは、ブログをやっていて本にされる程の人気を誇っていました。ブログは「志村日記」というタイトルで、最後に更新した時には、体調も良好で健康だという事を記載していました。

しかし相当忙しく、ツアーやそれ以外の時間は作曲をずっとやっていたとされ、過労死だったのではないかという説も流れています。

志村さんが最後に更新したブログは今月10日付。「1ツアーに1回は必ず風邪をひいていた過去のフジファブリックですが、最近全然ひきません。体調もかなり良好です。どこも痛くも痒くもない。インフルエンザが流行っているみたいですが、僕らは大丈夫です。ここまで健康だとなんか…年末にこう…風邪が来そうで怖いのです。まあ、ひいている暇など微塵も無いのですが」と綴っていた。

(引用:ORICON NEWS)

志村正彦の死因と考えられる病気には何がある?

sasint / Pixabay

志村正彦さんの死因は、突然の死だったという事を考えると、心疾患や脳血管疾患が原因だったのではないかとされています。

特に可能性が高いのは、心室細動や心室頻拍といった致死性不整脈だと言われています。致死性不整脈は、意識不明状態になり、緊急の処置をしなければ、そのまま亡くなってしまう可能性の高い不整脈です。

過度のストレスなどで起こる可能性もあり、忙しすぎたり睡眠時間をまともにとれなかった事や、自宅で倒れていた事から考え、死因は致死性不整脈の可能性が高いと言われています。

志村正彦は栄養失調だったという説も?

JerzyGorecki / Pixabay

志村正彦さんは栄養失調だったのでは、とも言われています。フジファブリックのツアーの途中でも作曲をしていた志村正彦さんは、フリスクが主食とも言われていました。

他にも、作曲中に飯を買いに行くのは集中力が切れると本に掲載されていたそうです。また、食べていた時もコンビニ弁当にコーラといったもので、食生活に関しては健康的ではなかったとされています。

そのため、必要な栄養素がしっかりとれていなく、栄養失調で倒れた、栄養失調が原因となり死に至ったのではないかという説もあります。

志村正彦はパニック障害?精神状態がヤバかった?薬が原因説も

qimono / Pixabay

他にも志村正彦さんは電車に乗ると気分が悪くなるといった情報もあり、パニック障害などだったのではないかとも言われています。

また、睡眠不足で精神的に不安定だったのでは、とも言われています。精神状態が普通ではなかったため、安定剤などの薬を飲み過ぎたのが死因となったという説も出ています。

中には麻薬が原因で、致死性不整脈などに繋がったのでは、という説も出てきていました。

他の方はこちらの記事も読んでいます

志村正彦生が作曲!フジファブリックの人気曲まとめ

TBIT / Pixabay

フジファブリックの曲の作詞作曲やボーカルは志村正彦さんが務めていました。オリジナリティ溢れる曲なのに、聞きやすいと好評を得ており、多くのファンがいました。

同じアーティストにも、独創的なセンスを評価されている事が多く、天才的なアーティストと言われていました。

そんな志村正彦さんが世に出した曲は、時代を感じさせないとも言われており、現在でも多くのファンが聞いています。

フジファブリックの曲①:茜色の夕日

どこか切なさを感じるメロディーに、志村正彦さんの声がマッチしていると言われ、多くのファンに愛される曲となっています。

感情で歌っているところが好きだともファンに言われていました。テレビ神奈川「saku saku」2005年9月度エンディングテーマとなっています。

志村正彦さんは一時期音楽を辞めて地元に帰ろうとしていたのですが、相談した別のバンドの人に「辞めるなら茜色の夕日」を譲ってくれと本気で言われ、音楽活動を続けようと考えなおしたそうです。

フジファブリックの曲②:銀河

「銀河」はフジファブリックの4枚目のシングルとなった曲で、起伏の緩やかな声や、途中で刻まれる耳に心地よいリズムが人気の曲となっています。

コンドルズの近藤良平が担当した「ケチャ」に似たダンスがミュージックビデオに取り入れられており、音楽だけではなく、映像も独創的なものとなっています。

町の光が銀河に見える、頭が銀河に染まるといったファンの声が上がり、志村正彦さんの想像力を感受することが出来るとも言われ、好評な曲となっています。

フジファブリックの曲③:若者のすべて

フジファブリック10枚目のシングル曲である「若者のすべて」は、フジファブリックの代表曲とも言われており、志村正彦さんが死去した後、故郷の故郷富士吉田市では、夕方5時のチャイムにこの音楽が流されました。

リリースから10年以上経った今でも多くの人に愛されている曲の1つで、2018年にLINEモバイル「虹篇」のCMソングとしても使われました。

若者の心情を綴った歌詞、「若者のすべて」というタイトルをつけたセンス、曲に合う抑揚の少ない歌声、現在でもこの曲を聞きファンになり、志村正彦さんがすでに死去していたと後から知る人も多いようです。

フジファブリックの曲④:バウムクーヘン

「バウムクーヘン」はフジファブリック4枚目のオリジナルアルバム「CHRONICLE」に収録されていた曲です。後々2018年に公開された映画「虹色デイズ」の挿入歌として使われ、注目を浴びました。

オリジナルアルバム「CHRONICLE」は、志村正彦さんが出した最後のアルバムとなり、フジファブリックの中でも人気の高いアルバムとなっています。

フジファブリックの曲⑤:赤黄色の金木犀

フジファブリック3枚目のシングルとなる「赤黄色の金木犀」は、秋をテーマとした曲で、ここまで秋を表現する事の出来るアーティストはいないとまで称された曲です。

ミュージックビデオはバンドメンバーは動かず、背景だけが変化していくといったもので、志村正彦さんは「合成に見える」と言っていたそうです。

志村正彦さんのゆったりした声と詩が圧倒的な情感を生み出し、哀愁といった感情を湧き立たせる曲となっています。

志村正彦が死の前に残した最後の楽曲は?曲の歌詞は?

フジファブリック通算8枚目となるアルバム「MUSIC」に収録されたのが、「夜明けのBEAT」で2010年7月28日に発売されました。この曲が志村正彦さんが最後に残した曲となっています。

まだ未完成だったのを、メンバーとサポートドラマーの刄田綴色が完成させ、アルバムに収録され、映画「モテキ」のオープニングテーマとしても起用されました。

映画ではこれまで持てなかった男性が急にモテ始めるという内容で、映画にもぴったりあっている歌詞だと言われています。

志村正彦の経歴は?

Tama66 / Pixabay

志村正彦さんは幼い頃は何をして育ち、いつから音楽の道へと進んだのでしょうか。きっかけとなったのは、他のアーティストのライブに行った事でした。

フジファブリックを結成した経緯やライブの先輩もご紹介します。

野球少年だった小学校・中学校時代

小中学校時代の志村正彦さんは、野球少年だったそうです。

中学時代、奥田民生のライブを見て音楽の道を志す

志村正彦さんは、中学生の時に、フジファブリックの初期メンバーだった渡辺隆之さんに誘われ、奥田民生のライブを見たことがきっかけで、音楽への道へと進むようになりました。

高校時代にコピーバンドを結成

Free-Photos / Pixabay

奥田民生さんに影響され、リスペクトされているアーティストの音楽を聴き続け、高校時代にはコピーバンドを結成し、本格的に音楽活動を始めています。

2000年に同じメンバーでフジファブリックを結成、ライブ活動を始める

Free-Photos / Pixabay

2000年にはフジファブリックを結成し、インディーズバンドとしてライブ活動などを始めています。

ライブハウスの先輩は氣志團?コーラスにも参加

現在ヤンキー系ロックバンドとして活躍している氣志團の綾小路翔さんと西園寺瞳さん、星グランマニエさんはフジファブリックがメインの活動場所としていた、ライブハウスの先輩だったようです。

氣志團の曲である「One Night Carnival」のインディーズ版では、志村正彦さんがコーラスに参加していました。

2004年には、フジファブリックでメジャーデビュー

Free-Photos / Pixabay

2004年4月14日に、1枚目のシングル「桜の季節」でフジファブリックはメジャーデビューを果たしました。

以降、数々の作品を発表

453169 / Pixabay

メジャーデビューしてからは、同年に2枚目のシングル「陽炎」と、3枚目のシングル「赤黄色の金木犀」を発売し、1枚目のアルバムも出しています。

その後も毎年数枚シングルを出し、ツアーなども行っています。

NEXT 2009年に29歳で死去