ディズニー吉田って何者?職業はブロガー?毎日通う方法とは? エンタメ

ディズニー吉田って何者?職業はブロガー?毎日通う方法とは?

目次

[表示]

吉田さんファミリー 度々YouTube動画に出演?

ディズニー吉田さん自身はYouTubeチャンネルをお持ちではありませんが、他の方とコラボして動画に登場していることがあります。

上記動画「超人気ブロガー登場 Goproで周るディズニーシー パークレポ 3月10日」の約9:15のところでゲストとして吉田さんがご夫婦で登場!一緒にパークを散策している様子が見られます。

こちらにも登場している吉田ファミリー。動画で吉田さんファミリーを見られる機会はなかなかないので、ぜひご覧になってみてください。一緒にパークを散策している気分になれます。

ディズニー吉田さんはうざい?羨む声も

うざい、とまでは言わなくても、吉田さん一家を羨んだり妬んだりする声が一方であるのも事実です。「毎日働かなくてもいいからって毎日遊びに行ってるのをアピールしなくても」というよしかさんへの反感のようです。

妬む気持ちが分からないわけではありませんが、よしかさんはブログからの広告収入もない中、書籍やグッズの監修、紹介などで活躍なさっています。単純に遊び惚けている訳ではありません。

忘れてはいけません。よしかさんはディズニーに大いに貢献こそすれど、迷惑だけは決してかけてはいないのです。

吉田さんが出版した本は?

StockSnap / Pixabay

ここでよしかさんが出版なされた本をご紹介します。「ブログで過去の記事を追うのが面倒」「ブログだと欲しい情報になかなか辿り着けない」という方は、是非参考にして下さい。

吉田さん家のディズニー日記 365日の攻略法

まずその分厚さに驚く方が多い一冊。よくあるディズニーリゾート攻略本との一番の違いは「こうやってアトラクションやパレードを楽しむべし!」と気負う風ではないということです。

園内の何気ない風景への感動など、毎日通われている吉田さんだからこそ気付くことのできるのであろう些細なことから、365日分の天候毎の過ごし方などの情報まで満載。マニアには手元に置いておきたい一冊です。

以下、「吉田さんちのディズニー日記 365日の攻略法」を読んだ方の感想です。本内容に関する、大きなネタバレはありません。

ディズニー通で色々チャンピオンにもなってるらしい吉田さんご一家のディズニー攻略法とか豆知識をまとめた本。blogの再構成なのかな?タワテラとかセンター・オブ・ジ・アースのツアー何てやってるの知らなかったからいってみたい。特にタワテラは庭の方とか行ったことないし。被ってる内容も多々あったけれど、初めて行く人も何度もいってる人も楽しめる内容だったと思う。

(引用:読書メーター)

2013年からの3年間の毎日の混雑レベルやそれぞれのシーズンのイベント、豆知識が盛りだくさんです。7月3日が七三の日でランドのカヌー探検のキャストさんがみなさん七三分けにしておられるとか初めて知った!

(引用:読書メーター)

ディズニーシーであった心温まる物語

東京ディズニーシーを訪れたゲスト、 元キャストが 実際に体験したお話をストーリ化したものが26編収められている、感動の一冊です。「涙が止まりません」等のレビューが多数です。

読んでいて、「私もシーで同じことを体験した」と思う方も多いようです。また、よしかさんとっておきのディズニーシー情報も掲載されています。

アンチディズニーがいてもディズニーリゾートは進化する

Wetmount / Pixabay

日本には、吉田さん一家を崇拝するようなディズニーマニアもいれば、「アンチディズニー」を自称する方たちも大勢います。アンチの方がディズニーリゾートに行きたがらない理由には以下が挙げられます。

  • 人混みが嫌、行列が異常
  • 入場料も高ければ、入場してからの飲食費も高い
  • 周囲のディズニーマニアのテンションが怖い

それぞれが納得のいく理由です。ですがこれらの理由はどちらかと言えば、パークそのものへ不快感です。

ディズニーは普遍的に誰でも好きなものなのか

Mizter_x94 / Pixabay

中には「ミッキーマウスなんて見るのも嫌」と言う人もいます。それでもディズニーキャラクターは、ウォルト・ディズニーが生み出して以来、多くの国の人々から愛され続けています。

嗜好の問題なので、「全ての人が普遍的にディズニーが好き」だとは言えません。しかし行列に不快感を抱く人がいてもディズニーリゾートの人気は衰えませんし、ディズニーマニアはいつの時代にも存在します。

開園以来の「進化するテーマパーク」

skeeze / Pixabay

ディズニーリゾートは開園以来、来園者を飽きさせない努力し続けています。他のテーマパークでは類を見ないほどの進化です。多くの来園者がパークに魅せられる理由のひとつです。

アトラクションの新設やリニューアルは勿論ですが、パレードの充実、キャストの育成、他にもリピーターに楽しんでもらえるアイデアを随所に盛り込み、世代を跨いだファンを獲得し続けています。

吉田さん一家はその一例に過ぎません。そうした世代を超えたマニアはこれからも現れ、新しい攻略法、新しい楽しみ方を発見します。ディズニーリゾートはそれを受けて、新たなる進化をまた見せることになるのです。

これからも夢と魔法でマニアが愛し続ける国

onecrazykatie / Pixabay

吉田さん一家は、ディズニーの魔法に魅せられた幸せなご一家です。ご主人が社長で来園しやすいからではなく、「ディズニーの楽しみをファン同士で共有したい」という魔法を、よしかさんご自身が使えるからです。

「吉田さんちのディズニー日記」の「パークレポート」記事は、「これか来園する皆さんの役に立ちたい」という強い想いが書かせています。「楽しかった」では終わらせない、「皆でディズニーを楽しもうよ」精神です。

ディズニーに限らず、マニアとはこうありたい、こうあるべきだと思わせてくれる吉田さんファミリーでした。

2/2