タトゥーがあってもMRI検査は大丈夫?火傷や変色するって本当?

最近はやりのタトゥーですが、タトゥーによりMRI検査で火傷や変色などの事故が発生する可能性があります。インクの種類によっては大丈夫な場合もありますが、タトゥーをしているだけでMRI検査を受けられないという病院も。今回はタトゥーとMRI検査についてご紹介します。

タトゥーを入れたらMRI検査が受けられないって本当?

geralt / Pixabay

最近は若者がワンポイントでタトゥーを入れることが多くなりました。今やタトゥーはファッションの一つとしての認識が定着しつつあります。

しかし、未だにタトゥーというとギャングや暴力団のような怖いイメージを持つことが多いでしょう。タトゥーがある人はお断りの銭湯も存在します。

実はタトゥーのマイナス面は負のイメージだけではありません。なんとタトゥーを入れたらMRI検査が受けられなくなってしまう可能性があるのです。

そもそもMRIはどんな機械?CTとは違う?

jarmoluk / Pixabay

そもそも、MRIというの検査機器であり、CTと同じく人体などの内部を映し出すことができます。体を傷つけることなく内部の様子を知ることができるので、ガン検査などで非常に有効な機器です。

MRIがCTと異なる点は、CTが放射線で画像を得るのに対し、MRIは磁場と電波により画像を得るということです。これにより体への負担を減らすことが可能です。

タトゥーでMRIに入れないといわれる理由は火傷?

Myriams-Fotos / Pixabay

ではなぜタトゥーを入れた人はMRI検査を受けることができないと言われているのでしょうか?その理由は「タトゥーを入れている人がMRI検査を行った場合、火傷してしまう恐れがある」ためです。

MRIによる火傷はIH調理器と同じ原理?

なぜタトゥーを入れている人はMRIにより火傷を負ってしまうのか。この原理はIH調理器と同じです。MRIは体内の様子を知るために強力な磁場と電波を使用します。

MRIから発する高周波がタトゥーのインクに反応し、誘導加熱を引き起こしてしまうのです。要するにインクの中に含まれる金属分が高周波のエネルギーを保持してしまい、熱に変換してしまうのです。

NEXT 絶対に受けられないわけではない