【閲覧注意】ボディステッチとは?自傷行為?やり方や危険性について

ボディステッチとは自傷行為やその一歩手前とも言われている行為です。一部の若者の間で流行っている行為ですが、元ネタとなった作品も存在します。見るだけでも痛いという人もいます。ボディステッチのやり方やコツ、デザインなどをまとめました。

ボディステッチとはどういう意味?元ネタは?

ivanovgood / Pixabay

ボディステッチとは2014年頃から一部で流行りだしたもので、手や腕、足などに針と糸を用いて模様などを縫い付けるという行為です。見るだけで痛いという人もいるので、閲覧注意です。

自傷行為の一歩手前とも言われていますが、表皮を縫っていくのでそこまで痛みは感じないようです。意味合いとしては、ファッションの一部として行う人が多いようです。

ボディステッチの流行った元としては、当時人気のあった漫画作品の影響では、と言われています。表皮を縫い付けるという事で、グロ注意です。

ファッションの一部?ボディステッチの意味

Free-Photos / Pixabay

ボディステッチは、やろうと思えばすぐに出来る事や、あまりお金がかからない事、自分で好きな模様を表現できるという事から、若者の間で流行り始めました。

行っている人たちは、可愛いと言ったりお洒落と考えていて、ファッションの一種と捉えているとされています。

ボディステッチの由来や元ネタは?始まりは漫画「東京喰種」

ボディステッチを流行らせた元ネタとなったのは、石田スイによる漫画作品である「東京喰種トーキョーグール」とされています。

アニメ化や実写ドラマ化もされた人気作品で、その中に出てくる「鈴屋什造」(すずやじゅうぞう)というキャラクターが、ボディステッチを行っていて、それを真似したのが始まりとされています。

ボディステッチを行った人がSNSなどに画像を上げ、それを見た人も行い、またSNSにアップするというような形で広まっていったと言われています。

ボディステッチの画像やイラストは?

ボディステッチを行う人は、Twitterやインスタグラムによく画像を上げています。

ボディステッチはずっと付けておくものではないとされ、1週間程でとってしまうため、写真に撮って保存しておく人が多いようです。

ボディステッチで必要な道具は?やり方やコツについて

ボディステッチが若者の間で流行ったのは、簡単に道具を揃えられて、お金もかからず知識も技術もそれほど必要としないため、とされています。

もしやってみようと考える人がいたら、完全に自己責任で行ってください。SNSで画像を上げているという人は多数いますが、ボディステッチに関してのプロなどは存在しません。

また、体に針を通すという行為なので、消毒などはしっかりした方が良いでしょう。ここではあくまでネット上で紹介されていたボディステッチに必要な道具や、手順を説明しています。

NEXT ボディステッチに必要な道具①針