「サスケェ!」の元ネタは?オレオやハッピーセットとの関係について 芸能人

「サスケェ!」の元ネタは?オレオやハッピーセットとの関係について

コラとして人気を博した「サスケェ!」の元ネタはNARUTOに出てくるイタチが関係しています。オレオと合わせられたり、マクドナルドのハッピーセットとも関係のあるコラです。画像も含め「サスケェ!」の元ネタやオレオ、ハッピーセットとの関係についてまとめました。

目次

[表示]

「サスケェ!」とはどういう意味?元ネタは?

ijmaki / Pixabay

「サスケェ!」というネタを知らない人にからすると、ただ人かペットの名前でも呼んでいるだけなのでは、と思うかもしれません。実際その通りです。元ネタとなったものは、ただ名前を呼んでいただけです。

漫画作品の中であるキャラクターが「サスケェ!」と別の人物の名前を呼んだだけなのですが、そのキャラクターのそれまでの性格からは考えられないキャラクター性を、突然解放してきたシーンだったのです。

さらに「サスケェ!」と呼んだ時の顔は凄まじい事になっていました。その顔が面白すぎたのもネタ扱いされている理由の1つです。というより、ほぼ顔が理由です。

「サスケェ!」は、NARUTOのうちはイタチの台詞?画像は?

「サスケェ!」の元ネタとなったのは、岸本斉史の漫画作品である「NARUTO -ナルト-」(以下、NARUTOと称する)の1コマです。

「NARUTO」は「週刊少年ジャンプ」で連載されていた漫画で、単行本も出ています。「NARUTO」に出てきたうちはイタチというキャラクターが、「サスケェ!」と面白い顔で言っていました。

画像の男性がうちはイタチです。ここまではクールで寡黙なキャラクターとして長い期間を過ごしてきたのですが、今まで積み重ねてきたキャラクター性は一瞬で崩壊し、この1コマで顔芸キャラに一変しました。

元ネタは漫画「NARUTO」42巻386話

元ネタのページは「NARUTO」42巻386話131ページです。うちはイタチの弟であるうちはサスケに対して、「サスケェ!」が使われています。

あまりにも顔芸が盛り上がり過ぎたため、後にうちはイタチは「ちゃんと俺の心の中が見えたようだな」等という発言で釈明しました。

この兄弟は相手に幻覚を見せたり心の中を覗いたり、といった事の出来る人たちで、問題の顔芸はサスケェがイタチの心を覗いた時に出てきたもので、現実ではなかったと、そう言いたかったようです。

顔芸が話題となりコラネタとして大きなブームとなった

134213 / Pixabay

うちはイタチにあれは実は心の中のイタチだよ、と弁明をさせた岸本斉史先生の見事な危機回避作戦も空しく、うちはイタチは「サスケェ!」キャラになりました。

それ以来、顔が面白いので何を言わせても面白いという極上のコラ素材として、大活躍していく事となりました。様々な人がこぞって「サスケェ!」を改変し、次々とコラ画像や動画が生み出されていきました。

同時に「キー」「犠牲になったのだ」も流行していた

「サスケェ!」以外にも「NARUTO」にはコラ素材として使われているシーンが多数あります。「キー」と呼ばれているのは、サスケェが泣いている横で、鳥が「キー」と鳴いているシーンです。

これがコラと勘違いする人もいるようですが、これは実際にあったシーンです。表現したい事は分かる、と言われていますが、感動のシーンでの「キー」は面白すぎたため、コラ素材として弄ばれています。

他にも、「犠牲になったのだ」というシリアスなシーンでうちはマダラというキャラクターが、分かりそうでよくわからない意味不明な事を言っているシーンも、コラ素材として活躍しています。

アニメも大注目されていた?アニメの実際の動画は?

漫画を原作としたアニメというのは、基本的にはストーリーを後追いする形で放送されます。たまに追い越してしまったりすることもありますが、大体はそうなっています。

「NARUTO」もアニメ化され、漫画のストーリーを追うようにアニメが放送されていたため、問題の「サスケェ!」シーンはすでに漫画で登場していました。

そうなるとアニメではどうなっているのか、という期待が掛けられてくるのですが、アニメ版でもやってくれました。期待通りの「サスケェ!」が登場し、アニメ版もコラ素材として活躍していくようになりました。

ネットや掲示板でよく使われる「〇〇ェ」の元ネタとなっている

adnovak / Pixabay

「サスケェ!」が大々的に広まった事により、サスケェ以外にも「〇〇ェ」と、使われるようになっていきました。もちろんサスケというキャラクターを、そのままサスケェと呼ぶ事もあります。

しかし、最後の文字の母音がェとならないような時でも、「〇〇ェ」と使われる事もあります。名詞になら何でも使われており、特に制限や決まりも無いので、使い勝手のいい言葉となっています。

主人公も「ナルトォ!」と呼ばれているのになぜサスケだけ?

「NARUTO」の主人公はタイトル通りナルトというキャラクターです。ナルトも「ナルトォ!」と呼ばれる事もありますが、サスケェだけが流行りました。

それはこの漫画のストーリーでは、ナルトがストーカーの如くサスケェを追い回し、サスケェと呼ぶ回数が異常に多いため、サスケェが浸透しました。

一方ナルトの事を「ナルトォ!」と呼ぶ回数は「サスケェ!」に比べると少なく、あまりナルトォというイメージは定着しませんでした。

「サスケェ!」で話題のイタチとオレオの関係とは

KELLEPICS / Pixabay

うちはイタチのコラが流行り出してから、オレオとの繋がりが話題となっています。オレオとは、ナビスコが販売するお菓子で、白いクリームをサンドイッチ状にクッキーで挟んだものです。

人気漫画「NARUTO」と人気のお菓子オレオの夢のコラボレーションで、どちらもさらに知名度と人気が上昇したと言われています。

どちらにとっても想定外の出来事ですが、うちはイタチの元ネタのセリフと上手くマッチした様子は、「サスケェ!」の汎用性と、オレオの万能さをよく分からせてくれるものとなっていました。

元のセリフは「サスケェ!お前はオレにとっての新たな光だ」

元のうちはイタチのセリフは「サスケェ!」だけではなく、その後に「お前はオレにとっての新たな光だ」と続きます。

オレオが大好きな方や、最近オレオと関係のあった方などは、この時点ですでにオレオとイタチの若干の関係性がある事に気づくかもしれません。

セリフが改変?イタチとオレオの関係ができるまでの過程は?

geralt / Pixabay

うちはイタチとオレオの関係は、元ネタの「お前はオレにとっての新たな光だ」というセリフが徐々に改変されていった事から繋がっていきました。

「サスケェ!」も上手く役割を果たしており、さらに元のセリフを残しつつ改変されていたため、出来の良いコラ画像と好評で、広まっていきました。

「サスケェ!お前はオレにとっての新たな光だ」 ↓ 「サスケェ!お前はオレにとって」 ↓ 「サスケェ!お前はオレオとって」 ↓ 「サスケェ!お前の前のたなのオレオとって」 ↓ 「サスケェ!お前の前のたなのオレオとってオレオ!」

(引用:アニオタWiki)

イタチとオレオのコラ画像も

うちはイタチとオレオのコラ画像が作られた事により、オレオ要素を増したコラ画像も作られるようになっていきました。

画像のようにうちはイタチがオレオを食べていたり、オレオのパッケージの寄せていたりするコラも多くつくられ始めました。

他のキャラクターにオレオを食べさせているようなコラ画像もあります。

「うちはサスケの写輪眼伝」では、自販機にオレオが

「うちはサスケの写輪眼伝」という平健史の作品で、「NARUTO」のサスケェを中心としたパロディ漫画です。うちはイタチとオレオのコラ画像は有名となり、この作品内でも関係性を表すシーンが描かれました。

「うちはサスケの写輪眼伝」の作品内では、自販機にオレオの文字が書かれていました。原作者や公式にも知られているくらいの知名度になっているコラも多数あります。

しかし関係者はあえて知らないフリ、気にしてない体をとるのが通例ですが、パロディ作品なので関係なくぶち込んできました。

オレオが生産終了となった時、Twitterではイタチ関連のツイートが多発

国民的なお菓子として愛されたオレオは生産終了になり、悲しみの声が上がりました。

そのまま食べてよし、牛乳に浸してよし、砕いてアイスに混ぜてよし、サスケェに取らせてよしのオレオが生産終了になるという事で、追悼コメントのようにTwitterでは、関連ツイートが多発しました。

オレオと聞いたらイタチを思い出す、オレオといったらイタチといったツイートが多数されましたが、オレオはナビスコからは生産されませんが、モンデリーズ・ジャパンからは引き続き生産されています。

「サスケェ!」とマクドナルドのハッピーセットとの関係とは

オレオと一緒になった事でさらに人気を高めていたイタチですが、サスケェも世界的に有名なハンバーガーショップのマクドナルドと関係を持ち、話題になりました。

しかもサスケェはマクドナルド側から、セット商品として販売されたものでした。

2010年、ハッピーセットにサスケの「チャクラ宙返り」フィギュアが

マクドナルドは、ハッピーセットというおもちゃを一緒につけたハンバーガーのセットを販売しているのですが、そのハッピーセットにサスケェのフィギュアがついている期間がありました。

このフィギュアは「チャクラ宙返り」という機能が付いており、サスケェが宙返りをするのですが、成功率の低さとなんとも言えない顔で話題になりました。

「NARUTO」ではイケメンキャラとして扱われているサスケェですが、このフィギュアは、邪神などと呼ばれるようになってしまいました。また、サスケェとはこのフィギュアを指す言葉としても使われています。

2011年2月再び「奥義火遁ランチャー」がハッピーセットで登場

「チャクラ宙返り」が大好評だったためか、サスケェ第二弾もハッピーセットに登場しました。

第二弾は、「奥義火遁ランチャー」というもので、相変わらずの造形をしたサスケェの胸像下部から赤いディスクが飛び出す、というものです。

本来は子供のためのような所があるハッピーセットでしたが、大人の購入客が多く、あっという間に売り切れました。

2012年更に「チャクラローキック」として帰ってくる

「チャクラ宙返り」も「奥義火遁ランチャー」も大好評で、あっという間に売り切れてしまいました。好評を博したサスケェは、なんと第三弾も発売されました。

その名は「チャクラローキック」という商品で、これまた期待を裏切らない造形と、サタデーナイトフィーバーのポーズをとりつつ片足で相手を蹴り落とす遊びが出来るというシュールさで大人気でした。

瞬く間にネタにされ、Twitterなどに画像が多数投稿

素晴らしい造形のサスケェのフィギュアは、あっという間に大人気となり、様々な使い方を生み出す人たちで溢れかえっていました。

「NARUTO」では天才キャラとして扱われていたサスケェは、使い勝手の良さからやはり天才、などと評価されていました。

サスケのフィギュアを使ったネタ画像も

サスケェのフィギュアを上手く使う画像も多く上げられた中、手を加えてネタ画像にしたものも多く上げられていました。

如何にうまく活用したか、面白くしたか、という内容のものが多数登場しました。

人気キャラ・サスケのフィギュアは売り切れが続出!

RyanMcGuire / Pixabay

ナルトォも一緒に出ていたりしたのですが、サスケェの人気は凄まじく、売り切れが続出しました。

Amazonでは現在プレミア価格に!?ヤフオクでは?

geralt / Pixabay

売り切れが続出し、Amazonのマーケットプレイスや、Yahooオークションではプレミア価格で販売されていました。

当時は5万以上の値段で取引されたりしていました。現在は落ち着き、1,000円程で取引されています。

サスケェのグッズ人気は、台湾などの海外のネットも騒然とさせていた

3005398 / Pixabay

サスケェのフィギュアの盛り上がりは、海外にも伝わり、日本での様々な活用法なども紹介され、ネット上を賑わかせていました。

ハッピーセットのサスケの顔を描いたイラストも話題になっている

KaoruYamaoka / Pixabay

フィギュアも人気でしたが、それを元にイラストを描いたという人も多く現れ、ネットには様々な画像が上げられました。

他の方はこちらの記事も読んでいます

「サスケェ!」をネタにした動画やコラ画像まとめ

geralt / Pixabay

盛り上がりを見せた「サスケェ!」をネタにしたコラ画像や動画というのは、どのようなものがあるのでしょうか。

サスケェ!サスケェ!サスケェ!

「サスケェ!」のアニメを改変したもので、イタチがサスケェ!と連呼するものがあります。ニコニコ動画で公開されています。

オレオ取ってオレオ!

先ほど紹介したオレオ版のコラ画像です。上手い事元のセリフを使い、合わせてあるコラ画像です。

NEXT:サスケェ…のテーマ
1/2