キセル乗車とは?犯罪?その仕組みや由来、判例まで一挙紹介!

キセル乗車とは、運賃を偽って鉄道に乗車をすることであり、犯罪です。自動改札機がない時代や、交通系ICカードが今のように普及する前に、よく行われてしまっていました。そんなキセル乗車の由来や語源、その意味や仕組みなどを確認していきたいと思います。

キセル乗車とは不正乗車のひとつ?

Tama66 / Pixabay

キセル乗車という言葉をご存知でしょうか。これは不正乗車のひとつであり、犯罪であるとも言われています。

そんなキセル乗車について詳しく調べていきたいと思います。

キセル乗車の意味は?鉄道での不正乗車手口のこと?

dldusdn / Pixabay

キセル乗車とは、鉄道において、不正な手口で運賃を偽って乗車をすることを指します。ただ、キセル乗車を指す手口は2枚の切符を巧みに使用して行われることのみを指します。

そのため、運賃を偽って乗車すること全般をキセル乗車であると勘違いしている人が大勢存在しているのです。

キセル乗車は2枚の切符を不正利用すること?

Free-Photos / Pixabay

キセル乗車は、乗車可能な切符と降車可能な切符の2枚の切符を用意します。間の区間の運賃を支払わずに鉄道を利用することを指します。

不正乗車全般を、キセル乗車と呼ぶことも?

TBIT / Pixabay

主に、上記のやり方の不正乗車をキセル乗車と呼んでいるのですが、その他のやり方を含めた不正乗車全般をキセル乗車と呼ぶことが多いようです。

多くの人が勘違いをしている可能性があるようです。

自動改札がなかったころは定期券で簡単にキセル乗車ができた?

Free-Photos / Pixabay

過去に自動改札がなく駅員が手で切符に乗車した印を付けている時代がありました。その時代は定期券を所持している人は、駅員に定期券を見せるだけで通過ができたのです。

過去には自動改札がなかったために、そのシステムを利用してキセル乗車を含む鉄道の不正利用が多くされていたようです。

NEXT キセル乗車の仕組み・やり方を具体例で解説!