オチョナンさんって?漫画「不安の種」に登場するその正体を考察!

カルト的な人気を誇るホラー漫画「不安の種」に登場する得体の知れない怪物「オチョナンさん」の正体とは一体何なのでしょうか?今回は怖いと話題のおちょなんさんの正体の考察や、実写映画化された「不安の種」に登場するオチョナンさんについても詳しくまとめます。

【ネタバレ有】無害?有害?オチョナンさんとは?

TheDigitalArtist / Pixabay

中山昌亮さん作のホラー漫画「不安の種」には得体の知れない怪奇的存在が数多く登場します。その中でも特に不気味な存在として多くの読者に奇妙な不安感を与える「オチョナンさん」という怪物がいます。

今回は「不安の種」の読者に強いインパクトを残す存在「オチョナンさん」について詳しく見ていきたいと思います。

オチョナンさんは、漫画「不安の種+」に登場する謎の存在

「オチョナンさん」はホラー漫画「不安の種+」に登場する得体の知れない怪物で、人のような姿形をしていますが、その顔は人間のものではなく、善いものなのか悪いものなのかもはっきりしない謎めいた存在です。

登場人物の幼い少年が「うちにはおちょなんさんがいる」という作文をイラスト付きで書いた事でその存在が明らかになり、その後も何度か登場し、読者に強烈なインパクトを与えています。

漫画「不安の種+」とは?

オチョナンさんが登場するホラー漫画「不安の種+」は人気漫画家中山昌亮さんのオムニバス形式のホラー作品で「週刊少年チャンピオン」で連載されていました。

日常に唐突に現れる怪奇現象がショートエピソードとして描かれています。また、「不安の種+」には数多くの得体の知れない化け物が登場し「オチョナンさん」もその中の一つです。

タイトル「不安の種」には読者の日常にもある日、不意にこうした怪奇現象が起こるかもしれないという不安感を「種」として植え付けるという意味が込められているとされています。

初出は不安の種+第1巻「起の章・オチョナンさん」

「不安の種+」に「オチョナンさん」は何度か登場しています。最初に登場したのは第1巻「起の章」に収録されている「おちょなんさん」というタイトルのエピソードでした。

ある少年(後に龍太という名前が判明)が小学校で書いたとみられる作文で家族を紹介する流れの中で「おちょなんさん」を家族として紹介する形で初登場しています。

少年の作文には家族がいる時には隠れている事、少年が一人で家にいる時に出てきて家の中をぐるぐる回る事などが書かれていて、おちょなんさんのイラストも描かれています。

少年の描いたおちょなんさんという存在のイラストは、人間の顔の様に見えますがその目と口は人間の目と口を縦長にしたような奇妙な形に描かれている不気味なものでした。

この作文を読んだ少年の両親は、自宅の建築途中に撮影した写真に息子が描いたオチョナンさんとそっくりな何かが写り込んでいた事を思い出して不安に駆られ、新築したばかりのその家から引っ越してしまいます。

同巻転の章にて龍太の祖父もオチョナンさんについて言及

さらに、同じく1巻の16話「転の章」の「おじいちゃんのオチョナンさん」というエピソードで再びオチョナンさんについて語られます。

少年・龍太の祖父も子供の頃にオチョナンさんを見ていた事が明かされ、不安がる龍太の母親に対して祖父は「守り神の様なもので悪いものではないから心配する事はない」と伝えます。

しかし祖父は「ただな…」と続け、紙とペンで斜めに目の吊り上がったおちょなんさんの簡単な絵を描いて見せ「こういう感じの目のやつは危険だから気をつけろ」と伝えます。

NEXT 第4巻にて龍太は歌いながら更に恐ろしくなったオチョナンさんを描く