パイロキネシスとは?発火させる超能力?初音ミクやMGTにも存在?

パイロキネシスとは、物体や人体を発火させることができる超能力です。初音ミクの曲や、様々なキャラクターの必殺技にもなっていますが、実は超能力というのは嘘だという疑惑もあります。科学的に原因の解明が進んでいる超能力、パイロキネシスについて紹介していきます。

パイロキネシスとは一体何?意味は?超能力?

darksouls1 / Pixabay

パイロキネシスとは火を操ることが出来る超能力です。自在に操ることができる場合と、意図しない場所が発火してしまう場合があるとされます。

ここでは、パイロキネシスの意外な起源や、超能力の概要について紹介していきます。

パイロキネシスは、超能力の一種?

Comfreak / Pixabay

パイロキネシスはテレパシーやテレポーテーションと同じく、超能力の1つです。

体から直接火を出して自分や対象物を燃やすというケース以外に、離れた場所のものを発火させるケースが存在します。

パイロキネシスの語源はギリシャ語?最初に使ったのは小説家?

パイロキネシスという言葉は、ギリシャ語で火を表す「πυρ」という単語と、動きを表す「κίνησις」という単語に由来します。

パイロキネシスという単語を始めてた使ったのは、「スタンド・バイ・ミー」や「シャイニング」で知られるアメリカのホラー小説家・スティーブン・キングです。

スティーブン・キングが1980年に出版した「ファイアスターター」という小説内で、初めてパイロキネシスという言葉が使用されました。

意図的に発動する場合と無意識に発動する場合がある?

geralt / Pixabay

パイロキネシスが他の超能力と異なる点として、能力者が意図的に火を繰り出すだけではなく、意図せずに発動してしまうことが挙げられます。

この場合、自分から距離がある物体や人が自然発火するケースも見られると言います。

実際に人体発火した事例も?

StockSnap / Pixabay

過去には火の気が全くない場所で、突然人間の体が燃えるという人体発火現象が起きたケースも確認されています。

このようなケースでは、部屋の中の壁やインテリアは一切燃えていないにもかかわらず、人だけが骨になるまで燃えていたり、衣服は焼け残っていたりすることもあります。

NEXT パイロキネシスは実在するの?実際の事例は?