【閲覧注意】怖い放送事故動画・画像まとめ!心霊動画も? 占い・スピリチュアル

【閲覧注意】怖い放送事故動画・画像まとめ!心霊動画も?

目次

[表示]

「SIREN」のCMが怖すぎてクレームに?

こちらはPS2で発売された「SIREN」というホラーゲームのCMです。

内容はゲーム内のワンシーンを切り取ってCMとして流し、最後に赤い文字でゲームのキャッチコピーである「どうあがいても、絶望。」という赤い文字が流れるものです。

非常に不気味な仕上がりで、ゲームの世界観を端的に表した内容となっています。

「呪怨~ザ・ファイナル~」のCMも怖すぎてクレームに

こちらは映画「呪怨~ザ・ファイナル~」のCMです。呪怨の特徴的な「あ゛あ゛あ゛ぁぁ」といううめき声と共に真っ赤な目をした怨霊の顔が大写しになるCMです。

先ほどの「SIREN」のCMと違い、びっくり系の怖さなので心臓の弱い方は注意してみてくださいね。

ACのCMも怖いといわれる

こちらは「公共広告機構」が2003年に放映したCMで、テーマは地球温暖化となっています。

どこか不気味なBGMと共に砂浜に作られた親子の砂の像が波によって崩れていくというCMです。

その不気味さからネット上で怖いCMとして有名になりました。

心霊現象と人の無意識

KELLEPICS / Pixabay

ここまで様々な放送事故についてご紹介してきました。この項ではなぜテレビ番組で心霊現象を多数の人が認めてしまうのかを考察していきます。

心霊現象を説明する現象

Brett_Hondow / Pixabay

人には3つの点の集合体を無意識に人の顔として認識してしまう「シミュラクラ現象」という現象があります。

これは日本語では類像現象といい、特に点が逆三角形に配置された模様を見ると起きやすいそうです。

実際、心霊写真のほとんどはこの無意識的な脳の働きによって説明できるとされています。

心霊現象と集合的無意識

geralt / Pixabay

かつてスイスの精神科医ユングが唱えた分析心理学の概念に集合的無意識という言葉があります。

これは簡単に言うならば人が生まれつき持っている共通の無意識やイメージのことです。一般的な人ならば幽霊は怖いものという共通のイメージを持っています。

このことから、心霊現象とは逆説的に怖いものを見て、そこからシミュラクラ現象などで怖さの共通イメージとして見てしまうものだとも言えます。

心霊現象とは人々の恐怖のイメージ

8385 / Pixabay

人々は映像中の不自然な人影を認識したときに、それを無意識化で怖いものだと認識することが多いでしょう。

そういったイメージは多くの人々が普遍的に持つものです。つまり、人々は心霊現象を見るべくして見ているとも言えるのです。

本当に恐ろしい放送事故

lincerta / Pixabay

ここまで様々な放送事故をご紹介しました。本当に恐ろしいものから思わず笑ってしまうような微笑ましいものまで様々で、いずれにしても人が作るものである以上避けられない物なのです。

放送事故に関する記事はこちら

3/3