暗峠とは?国道?斜度も夜景も日本一の迫力満点な坂道!実況動画も

「ベタ踏み坂」よりも急勾配で斜度が凄い坂道「暗峠(くらがりとうげ)」という国道をご存知でしょうか?自動車や自転車で登ることが難しく、夜景や心霊スポット、ヒルクライム(登坂競技)SS級など様々な話題で有名なのですが、今回はその暗峠についてまとめました。

暗峠とは?急勾配が話題の坂?

「暗峠」は大阪と名古屋を結ぶルートの1つにある峠なのですが、その峠が日本一急勾配で登るのが大変な坂として有名なのです。

一体どんな峠なのか、その歴史や特徴について詳しく見ていきましょう。

暗峠は、大阪と奈良を結ぶ最短ルートの国道?

Free-Photos / Pixabay

「暗峠」は、大阪と奈良を結ぶ最短のルートの国道308号線なのですが、その勾配や斜度から奈良にある生駒山を通る難所と言われている峠です。

直線的な急勾配が続く坂道で、勾配と斜度は日本屈指と言われています。

江戸時代の「暗峠」は、三重の伊勢神宮への伊勢参宮道としても知られています。参勤交代中の大名や庶民にも幅広く使われていた峠の一つで、旅籠や茶屋が立ち並びとても賑わっていたと言われています。

暗峠は急な坂で有名なベタ踏み坂よりも急勾配?

テレビCMで有名になった島根県と鳥取県を結ぶ江坂大橋、通称「ベタ踏み坂」は、勾配が急な坂道でずっとアクセル全開でないと登りきれないと言われています。

「暗峠」は、その「ベタ踏み坂」よりも急勾配で斜度が急な坂道だと言われています。そんな坂の歴史や由来についても少し見ていきたいと思います。

「暗峠」の名前の由来

「暗がり」の名前の由来はいくつか存在し、

  • 樹木が鬱蒼と覆い繁り、昼間も暗い山越えの道であった説
  • 「椋嶺峠」が転じた説
  • 「鞍借り」「鞍換へ」が訛って「暗がり」となったとする異説

またこんな説もあるそうです。

上方落語伊勢参宮神乃賑の枕では、「あまりに険しいので馬の鞍がひっくり返りそうになることから、鞍返り峠と言われるようになった」と語られています。

(引用:Wikipedia)

NEXT 暗峠は歴史的にも有名な峠