久我美子の現在は?華族のお嬢様だった?夫は平田昭彦?子供はいる? 女優

久我美子の現在は?華族のお嬢様だった?夫は平田昭彦?子供はいる?

久我美子(くがよしこ)さんは華族という名家の出身から女優になった人で、「また逢う日まで」という映画では映画史上最高と呼ばれているシーンを演じています。夫は平田昭彦さんと有名ですが、子供はいるのでしょうか。現在の久我美子さんの情報をまとめました。

目次

[表示]

久我美子の今現在は?すでに芸能界は引退した?

stevepb / Pixabay

久我美子さんは他の方にはない経歴を持っていたため、話題となり注目されていました。昭和に生まれ昭和に活躍した人なので、現在は高齢となっています。

久我美子さんが何で活躍した人なのか、プロフィールはどのようになっているのでしょうか。

現在はその姿を見る事は無くなっていますが、どのような生活を送っているのでしょうか。

久我美子とは?女優として活躍?

久我美子さんとは昭和に女優として活躍していた人の1人です。他にも素晴らしい女優が大勢いた中でもデビュー時から注目されたのは訳がありました。

それは当時にしかなかった上流階級の身分から、芸能界にデビューしたためでした。持ち前の美貌や育ちの良さからくる優雅な所作も役立ち、それからは順調に人気を高めていきました。

久我美子のプロフィール!華族のお嬢様?現在は何歳?

  • 本名:小野田美子(おのだ はるこ)
  • 旧姓:久我(こが)
  • 生年月日:1931年1月21日
  • 年齢:88歳(2019年5月時点)
  • 出生地:東京府東京市牛込

デビュー時の本名は「こが」でしたが、女優としての芸名は「くが」となっています。名家に生まれた久我美子さんは自分の家のために女優となったと言っても過言ではないのですが、周囲は反対しました。

本名を使って女優活動をするのを認められなかった久我美子さんは、漢字は同じですが読みを変えた名前を使っていました。

久我美子は現在、女優を引退している?

Free-Photos / Pixabay

女優として活躍してきた久我美子さんですが、現在メディアへの露出はありません。ある時を境に芸能活動を一切行わなくなってしまいました。

事務所や本人からは特に引退や休止の発表はされていないので、あくまで推測となっていますが、高齢のため引退したのでは、と言われています。

久我美子さんの所属事務所であるワタナベエンターテインメントの公式ホームページにも、名前は載ったままなので除籍した等と言ったこともありません。

映画「川の流れのように」以降の露出は無い?

12019 / Pixabay

久我美子さんの最後に出演した作品は、2000年4月29日に公開された「川の流れのように」という映画で、それ以降ドラマも舞台も出演した記録はありません。

「川の流れのように」は秋元康さんが監督を務めた映画で、久我美子さんは塩川ユキという役を演じています。

この映画の時点で久我美子さんは69歳だったので、70歳になるという区切りで引退したのでしょうか。

義姉の三ツ矢歌子が死去した時に姿を見せた

久我美子さんの義姉にあたる人物に、女優の三ツ矢歌子さんがいます。2000年の「川の流れのように」以降メディアへの露出は無かった久我美子さんでしたが、この時久しぶりに姿を見せました。

久我美子は高齢で隠居生活をしている?

Julim6 / Pixabay

引退の宣言や休止などは発表されていませんが、何か病気になったという話もありません。

しかしメディア露出をしなくなってからすでに20年近く経っている事から、芸能活動はもう行っていないとされています。今後も何かの作品に出演するという事も無いと言われています。

多くの人は、高齢のために引退したのだろうと言っています。

久我美子の現在の生活は?

5598375 / Pixabay

女優として活躍してきた久我美子さんですので、ファンも多くいます。突然とも言われる引退のような形に、現在も元気で過ごしているのか気になる方は多いようです。

久我美子さんはブログやSNSなどもやっていませんので、近況を手軽に知ることは出来ません。私生活を公表しているといったことも無いので、どのような生活を送っているかというはっきりした話はありません。

久我美子は現在、女優を引退して老後の生活を送っている

MabelAmber / Pixabay

あくまで推測となっているのですが、激動の人生を送ってきた久我美子さんは、現在は老後生活をのんびり送っていると言われています。

久我美子の夫は平田昭彦?現在は既に死亡している?子供は?

virandek / Pixabay

久我美子さんは結婚しており、その相手は俳優の平田昭彦さんです。平田昭彦さんも名俳優として知られている人で、特に特撮シリーズに出ていた事が有名です。

名家の出である久我美子さんと交際していた事や、結婚した事で話題となっていました。平田昭彦さんは若くして亡くなっています。

久我美子の旦那、平田昭彦とは?ゴジラやウルトラマンで有名?無敵の男?

NeuPaddy / Pixabay

平田昭彦さんは、端正な顔立ちだった上に、どのような役も見事に演じる俳優でした。そのため幅広い年代層から人気を得ていました。

デビュー時からすぐに人気を高めていった平田昭彦さんですが、特撮系の作品に特徴のある役で出た事で、さらに注目を浴びていました。

現在でも人気の「ゴジラ」や「ウルトラマン」に博士役で出演し、しかも怪獣を素手で倒すという役を演じており、「無敵の男」と称されていました。

平田昭彦のプロフィール!画像は?

  • 生年月日:1927年12月16日
  • 没年月日:1984年7月25日(56歳没)
  • 出生地:大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮 京城府
  • 死没地:東京都千代田区神田駿河台
  • 身長:173cm
  • 血液型:O型

デビュー当時からアクション映画の殺し屋や極道の兄貴分といった強面の役から、コメディや文芸作品など幅広い役を演じていました。

様々な役を演じていたにも関わらず、どれもしっくりくるような演技力を持っていたため、何でもこなせる役者として有名でした。

平田昭彦の姉は女優の三ツ矢歌子?

平田昭彦さんの兄弟姉妹も監督や女優で、兄は映画監督の小野田嘉幹さん、妹は女優の音羽美子さん、姉は女優の三ツ矢歌子さんとなっています。

三ツ矢歌子さんの死去した際に、久我美子さんが公の場に出てきたのも、平田昭彦さんとの結婚で義姉妹となっていたためです。

久我美子と平田昭彦は1961年に結婚

NGDPhotoworks / Pixabay

久我美子さんと平田昭彦さんは、半年間程の交際を経て結婚しました。久我美子さんは、俳優と結婚する気はないと言っていたのですが、平田昭彦さんに熱烈なアプローチを受け結婚しました。

平田昭彦は1984年に癌性リンパ管症で死去している

sasint / Pixabay

久我美子さんと結婚し幸せに暮らしていたようですが、1984年に平田昭彦さんは癌性リンパ管症で亡くなっています。

平田昭彦さんが亡くなった後も再婚はせず、久我美子さんは現在まで独身なようです。

久我美子と平田昭彦の間に子供は?

sathyatripodi / Pixabay

20年以上夫婦生活をしていた久我美子さんと平田昭彦さんでしたが、子供は生まれていない様です。

そのため、平田昭彦さんの亡くなった後の久我美子さんは、1人で暮らしていると言われています。

久我美子と平田昭彦は2人で仲良く夫婦生活をしていた

photo-graphe / Pixabay

名家の育ちでお嬢様と言われていましたが、久我美子さんはしっかりしている人と有名で、平田昭彦さんも人柄がよい事で有名でした。

お互いに良い部分の多い2人でしたので、支えあって仲良く暮らしていたと言われています。

久我美子と平田昭彦の馴れ初めは?おしどり夫婦だった?

StockSnap / Pixabay

久我美子さんと平田昭彦さんは20年以上夫婦生活を続けていても、ずっと仲良く暮らしていたと言われています。当時2人が交際しているという事は気づかれておらず、結婚を知ったファンは驚いていました。

平田昭彦さんは、癌性リンパ管症で死去する前に、まだ自身の代表作とも呼べる作品に復活させようとしており、そのために活動していました。

もちろん妻の久我美子さんもそのことを知っていたため、平田昭彦さんが亡くなった後はその意思を継ぎ、復活した作品に出ており、お互い想いあっていたという事が分かります。

久我美子と平田昭彦は気づかれないように交際していた?

Walkerssk / Pixabay

久我美子さんと平田昭彦さんの結婚するまで、付き合っているという事はファンの間でも知られていなかったのは、理由がありました。

もちろん公の場で堂々と交際していなかったから、という理由もありますが、久我美子さんと平田昭彦さんは共演する映画の現場では、特に隠していませんでした。

しかし2人の普段の周囲に対する接し方や人柄が良かったため、共演者やスタッフからマスコミに流す人はいませんでした。

久我美子と平田昭彦は「大坂城物語」で共演

久我美子さんと平田昭彦さんは、映画で共演した事がきっかけとなり、交際を始めています。かなり大規模な映画作品で、オールスターキャスト時代劇となっています。

その映画のロケ地は宿泊して撮影をしており、2人は近くの喫茶店でデートをしていたようです。

大人数で同じ事務所の先輩や後輩などだらけだった現場ですが、2人の交際を茶化すような人はいなく、皆温かく見守っていたそうです。

久我美子は平田昭彦に猛アタックされた?

平田昭彦さんは久我美子さんの出演していた作品の「酔いどれ天使」を観て以来、大ファンだったそうで、出会った時から猛アタックをしていたようです。

「大坂城物語」という作品と同じくらいこの猛アタックしたというエピソードも有名になっており、中には作品より2人の馴れ初めの方が有名とも言われている程です。

平田昭彦亡き後、久我美子は遺志を継いで「ゴジラVSビオランテ」に出演

平田昭彦さんは生前、1984年12月公開の「ゴジラ」に林田信という役で出演する予定で、そのためのキャンペーン活動なども行っていました。

しかしその少し前に体調が悪くなり、そのまま亡くなってしまいます。その後、「ゴジラシリーズ」に最後まで出たがっていた平田昭彦さんに変わって、久我美子さんが同シリーズに出演しました。

出演したのは1989年に公開された、「ゴジラVSビオランテ」という作品で、久我美子さんは女性官房長官役で出演しています。

久我美子と平田昭彦は、おしどり夫婦として有名だった

ElisaRiva / Pixabay

久我美子さんと平田昭彦さんの仲の良さは芸能界やファンの間でも有名で、おしどり夫婦と呼ばれていました。

元々2人ともファンも多く、女優、俳優として憧れの的となっていたのですが、夫婦としても憧れられるようになり、目標とされていました。

他の方はこちらの記事も読んでいます

久我美子の経歴は?華族の家柄からデビューで話題に?当時の画像は?

Monikflores / Pixabay

名家のお嬢様だった久我美子さんですが、裕福で優雅に暮らしていた、という状況ではなくかなり厳しい経営難に苦しんでいました。

父親や祖父の反対を押し切り女優としてデビューした久我美子さんでしたが、映画史上に残るシーンを演じており、人気女優となりました。

その後も自身で事務所を結成したりと積極的に活動していました。

東京市の華族の家柄に生まれる

flodambricourt / Pixabay

久我美子さんは、1931年に華族の家柄の元に生まれました。久我家は村上天皇から村上源氏の流れを汲む名家で、公家の名門です。

祖父と父は貴族院議員でもあり、侯爵家の令嬢として生まれた久我美子さんは、幼い頃から芸を見ることが多く、長い経営難に陥っている家を救うためにも、女優を目指していたそうです。

学習院女子中等科に入学

hirobi / Pixabay

学習院女子中等科に入学した久我美子さんですが、この頃の久我家は、祖父と父が高利貸しから金を借り、事業を起こして失敗し、さらに詐欺に引っかかり、経営苦により生活に苦しんでしました。

父の従兄弟である男性も経営苦から詐欺行為に手を出し、取り調べを受けるなど、厳しい状況に立たされていました。

さらに「華族世襲財産法」が廃止になるという事で、ますます久我家は苦しくなると考えられていました。家の窮地を救うためにも久我美子さんは本格的に女優を目指します。

第一期東宝ニューフェイスに合格

Free-Photos / Pixabay

久我美子さんは中等科3年生の時に、「第一期東宝ニューフェイス」というオーディションに応募し、4000人の中から合格しました。

ここから女優活動を始める事になるのですが、祖父や父は家の体面を気にしており、猛反対を受けたそうです。結局久我という名前を名乗らない事や、住民票を親戚の所に移して活動するという条件になりました。

そのため、「くがよしこ」という芸名で女優となっています。

NEXT:1947年に「四つの恋の物語」で映画デビュー
1/2