山田康雄の死因は?ルパンとの出会いは?役者としての活動も?

ルパン三世の声優といえば栗田貫一さんのイメージが強いかもしれませんが、実は、もともとは山田康雄さんが声優を担当していました。ルパン三世だけでなく、有名海外俳優の吹き替えも務めていた山田康雄さんの経歴と実績、死因について詳しく解説していきます。

ルパン三世の声優で有名な山田康雄

「ふ~じこちゃ~ん」。ある一定以上の方にとってのルパン三世は、山田康雄さんの声のほうがなじみが深いのではないでしょうか。軽妙な声が味わい深かった山田さん。

名声優としても長らく活躍し、吹替も担当していた山田康雄さんのプロフィールとルパン三世との出会いについてお伝えしていきます。

山田康雄のプロフィールは?

rawpixel / Pixabay

山田康雄さんは1932年9月10日生まれ、東京都出身。劇団民藝退団後、58年頃より声優業に転向。59年にはクリント・イーストウッドの洋画吹き替えを担当。

71年には後々のライフワークともなる「ルパン三世」の主人公・ルパンの声優に抜擢。以降、死期の間際まで声優を務め、自身の代表作とも言われるようになる。

1995年3月19日、カリウム欠乏症にともなう合併症により永眠。享年62歳。

山田康雄とルパン三世との出会い

山田康雄さんがルパン三世の声優を務めるようになったのは、1971年以降のことです。意外にも、声優のキャリアとしてはクリント・イーストウッドの吹き替えが先なのですね。

もともとは俳優出身の山田康雄さん。声優業について当初は軽く考えていたそうですが、「君の声質は声優に合わない」と言われたことで一念発起したそうです。

山田康雄のルパン三世への想いとは?

今や生涯一の代表作となったルパン三世ですが、実際のアフレコ現場ではいつも気だるげに仕事をしていたそうで、当時の口ぐせは「やってらんないよ」だったとか。

ただ、それでも毎回ひと文字のミスもなく台詞を入れてしまうのはさすがプロ。後年は「ルパンは自分に似ている」と語っており、特に信念をもたない点が好きだとこたえています。

自身の名刺にもちゃっかりルパンのイラストを入れていたという山田康雄さん。仕事場での気だるげな態度はただの照れ隠しだったのかもしれませんね。

山田康雄のアドリブでルパンの代名詞となる台詞が誕生

ルパン三世といえば、「ふ~じこちゃ~ん」、「とっつぁ~ん」などの台詞があまりにも有名ですが、実は、それらは山田康雄さんのアドリブで、台本にはなかったそうです。

仕事場でふっと出たアドリブが栗田貫一さんの時代になっても受け継がれているのですから、やっぱり、山田康雄さんの功績は大きかったのですね。

NEXT 宮崎駿監督との衝突も?「ルパン三世 風魔一族の陰謀」での確執